逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ASD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

人の気持ちを考えすぎてしまう

愛着障害を持つ人はいつも無意識に人の気持ちを考えすぎています。 いつも人の気持ちを考えている・・・ ただ思いやりがあるならいいじゃないかそう思われるでしょうか。 たしかに外側から見れば「思いやり」と捉えられますが 実はこれは機能不全の家庭で自…

うちの猫は甘えん坊

私がモテモテの季節がやってきました。 取り合いはやめてよ~ 参っちゃうなぁ そんなに私のこと好きなの? 毎日ニヤニヤ・・・ ええ お察しの通り、猫ですな。 それにしても少し寒くなってくると猫たちの甘えっぷりは尋常ではない。 私の挙動をずっと監視し…

自叙伝㊶中学生でホステスだった私

中学生になり養父母との関係は変わってきたと書いた。<自叙伝㊲コントロールし合う養父母と私> 機嫌をとれば洋服を買ってもらえることもあった。 成績を良くしたいと言えば学習塾に通わせてくれることもあった。私の成績が良いと養父は自尊心が上がるから…

自叙伝㊵人間不信の私

中学時代のことをこうして振り返って分かるのは 中学時代の私は空っぽだったということ。 その当時は分からなかった。 小学校の時に比べて学校生活をとても上手くやっていて人から馬鹿にされずに、評価が高くなり、自信もついてきて馬鹿だと思っていたけれど…

愛着障害の連鎖

愛着障害は連鎖する。 私はこの言葉に苦しめられてきました。 いつも頭の片隅に「私が子どもを育てたら同じような苦しみを味わわせることになる」 そうやって自分が人と上手く関われないのは自分の責任として自分を軽蔑し、けなしていました。愛着障害は連鎖…

感情移入を減らして自分の感情を知る

最近はHSPという概念をよく聞くようになり、それと同時に「自分は共感性が高い」という言葉を目にする機会も増えました。 私が観察していると共感性が高いと言う人の中には感情移入をしているだけではないかと思われる人が少なくないように感じます。 さて …

体験談④管楽器コーチ 権左勇一さん33歳

こんにちは。 音楽大学卒業後、一度は一般職を経験しながらも、今は管楽器のコーチとして活動している権左勇一と申します。年齢は33です。 私は最初、カウンセリングをここまで真剣に受けることになるとは思ってもいませんでした。 当時は、仕事もプライベー…

老化をちょっとだけ受け入れる

突然ですけど ロングヘアの人家でくつろぐ時って髪をどうしてますか? 私はどうやっても納得いかないで悩んでいる。 ゆったりと低めに後ろに一つにしてると背中がこすれる感じが嫌で(ASD丸出し) かと言ってほんの少しだけ高めの位置で一つにしていると毛先…

自叙伝㊴いつも浮いてしまう私

友人関係に関してはいつも苦労が絶えなかった。 でも中学時代が一番難しかったような気がする。 小学校時代は変人と思われていても人懐こく、いつも笑っていて、自分をさらけ出していたから「何だかんだ憎めない奴」「変で怖いけど良い奴」そんな感じの存在…

心の病気は認めることから

最近は勝手ながらついこう思ってしまうことが増えました。 体の病気を治すお医者さんが羨ましいなぁ、と。 カウンセラーが目に見えないものである「こころ」を扱う仕事であることは分かっていたつもりでした。 でも高機能型の人格障害の人を専門としてカウン…

自叙伝㊳裏表が激しい私

中学時代は外側から見れば上手くやれていた。 でも愛着障害や発達障害があった私がいきなり上手くやれているということは感情のコントロールが悪く 不快刺激を感じやすく パニックになりやすく 周囲に合わせるのが難しい… そんな沢山のハンデを持った自分を…

愛着障害を持つギフテッドの人に思うこと

開業して2年を過ぎ、しみじみと感じるのは 愛着障害を持つギフテッドの人はとても魅力的だということです。 回復したクライエントさんはこう言います。 「自分のことですが、あんなに酷い態度をとっていたのによく愛情を持てますね」「カウンセリングの最初…

私が考える「トラウマを乗り越える」とは

トラウマを乗り越えたい。 私も何度そう考えたことでしょうか。 「トラウマを乗り越える」とは一体どういうことなのでしょうか。 私もあれほどいつも考えていたことなのに全く具体的に目指すイメージを考えたことがありませんでした。 みなさんの「トラウマ…

歳をとるのも悪くない

若い頃は良かった・・・ 40代の私は周囲からこんな言葉をよく聞くようになった。 そうだなぁ。 10代には10代にしかできない20代には20代にしかできないことがあるもんね。 もうそれが出来ないと思うと寂しいような切ないような焦がれるような絶望…

自分らしさとは

先日久しぶりに会った友人と楽しく話していて ふと自分が少し人見知りをしていることに気づいた。 「あれ?何でだろう」と考えた。 私は1年会わなくてもまるで昨日会っていたかのような感覚で話せる。 久しぶりだからといって私の人見知りが発動するわけで…

自叙伝㊲コントロールし合う養父母と私

小学生の頃の私はいつも養父母から逃げようと考えていた。 当時はまだ虐待なんて言葉は知らなかったし私が変な子どもだからしつけなんだと思うことも多かった。 家庭の中は異常だったのに、良い家族ごっこをする養父母にふと普通の家族なのかも知れないと思…

体験談③50歳女性Mさん

二年間、美由さんのカウンセリングを受け、卒業した50歳の主婦です。 二年前の私は、臨床心理士になりたくて通信制の大学に籍を置き、一生懸命心理学を学んでいました。穏やかな夫がいて、中高生の子供たちがいて、友人も多く、見た目は華やかでパワフル、臨…

かゆいところに手が届く

若い頃は いつか自分も高級な物を手に入れてみたい、高級な所に行ってみたいいつか流行の物を好きなだけ買いたい そんなふうに思ってたっけ。 40を過ぎた今多少無理をすれば、ほんの少しだけそういうものを手に入れられる経験が出来るようになった。 最初は…

人に従いすぎるのも自分を通しすぎるのも同じこと

人の言うことをすぐ鵜呑みにしてしまう。目の前の人に迎合してしまう。自分の意見を持たず人に流されやすい。 こんな人はいませんか。 イメージだけで捉えるとなんとなく気弱で素直で扱いやすい人というような感じでしょうか。 一方 人の言うことは受け入れ…

高機能型の境界性人格障害の症状を軽くする方法⑨-思い通りにならない経験を積む-

高機能型の境界性人格障害の人が回復するためには思い通りにいかない経験を積み重ねる必要があると私は考えています。 高機能型の境界性人格障害の人が順風満帆な人生で全てが思い通りになってきたかというともちろんそうではありません。 想定外のショック…

ぎんちゃんがやってきた

Twitterではもうおなじみのぎんちゃん。 もう二歳になったというのにこちらではご紹介がまだでした。 ちゃこが亡くなってから猫ブログが書けなくなっていたのでね。 需要が無くてもそろそろ猫ブログも再開したいと思っております。はい。 さてぎんちゃんとの…

不公平な世の中だ

「何で自分ばかりこんな目に」 「何であんなに良い人がこんな目に」 「何であんな奴がのうのうと生きてるんだ」 目の前で理不尽なことを目撃した時にあたかも今、気づいたかのように人が口にする言葉。 そうか。みんなはそれを日常で感じていなかったのか。 …

私による私の作り方

私には自分が死ぬほど欲しいと思ったものを人に与えてみるという癖がある。 ヒット商品や新しいサービスを開発する人も 「こんなものがあったらいいのに」「ここがこうだったらいいのに」 そう思うけど探してみてもそれが存在しないから自分の手で作ったんだ…

自分に賭けてみたらどうだろう

ハサミが見つからない。 あぁ嫌な瞬間。 ADHDの傾向がある人は人生で何回ハサミが見つからないという苦々しい思いを持ってきただろう。 ハサミが必要な時というのは、だいたい何かを早く開封したい時だ。 その情熱が邪魔される思い通りに事が運ばない・・・ …

自叙伝㊱自己愛が高い私②

やはり中学校時代のことを思い出したくない。 何故ここまでこの時代のことを思い出したくないのかこうやって思い返しながら書くまで全く気づかなかった。 自己愛が高かったから。 思い返しているうちにそれが尋常では無かったことが分かってきた。 虐げられ…

自叙伝㉟自己愛が高い私

中学生になってからのことを書こうとするとなかなか筆が進まない。 小学生時代の私の人生は過酷過ぎたし小学生時代の私の振る舞いは馬鹿で変で恥ずかしいことばかりだった。 この時代を思い出すと苦しいような恥ずかしいような何とも言えない嫌な気持ちが必…

リセットしたい

リセットしたい。 誰でもこんなことを願ったことはあるのではないだろうか。 何もかも嫌になるよね。 面倒くさくなるよね。 重たくて重たくて放り出したくなるよね。 先送りしてきたことが積み上がっていてにっちもさっちもいかなくなるよね。 バーン!!ち…

自分は頭が悪いと思い込んでいませんか

頭の良い悪いは、外から判断できるものでしょうか。 頭の良い人は何かの能力に秀でているものでしょうか。 頭の良い人は、一貫して頭の回転が保たれているものでしょうか。 多くの人は 頭の良い人は学校の成績が良く、論理的で冷静沈着に話し、安定的であり…

ダサい私

私のコンプレックスは山ほどあった。 自叙伝に書いてきたがコンプレックスでは無い所を探す方が早いぐらいだ。 それでもまぁ40歳になるまで必死に修正してきたおかげで色々とマシになってきたと自分では思っている。 ところが修正を続けてきても全くマシに…

無知でいることのススメ

子どもの頃って なんでこう「絶対にこうだ」って言い切っちゃうんでしょうね。 思い出すと恥ずかしくて仕方が無い。 その時、夢中で大好きな親友がいて 「もう一生この子だけでいい」「この子以上に素敵な子なんて存在しない」なんて本気で思っていた。 でも…