逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ASD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

発想の転換

人に従いすぎるのも自分を通しすぎるのも同じこと

人の言うことをすぐ鵜呑みにしてしまう。目の前の人に迎合してしまう。自分の意見を持たず人に流されやすい。 こんな人はいませんか。 イメージだけで捉えるとなんとなく気弱で素直で扱いやすい人というような感じでしょうか。 一方 人の言うことは受け入れ…

トラウマを克服すれば過去を忘れられるのだろうか

嫌な出来事を忘れることが出来たら・・・ そう思いますよね。 ことあるごとに嫌な出来事が頭をよぎったり ずっと前に起きた出来事なのにふと関連する物を見たら急にリアルに嫌な出来事を思い出したり こんな経験ありますよね。 トラウマを克服したい人は 「…

苦労はしたほうがいいのだろうか

苦労はしたほうがいいのか苦労はする必要が無いのか この論争を見かける度 私はもやもやとした何とも言えない気持ちになります。 私はこの論争は要らないのではないかと思ってしまいます。 答えを出すことが誰かのためになるとは思わないからです。 むしろこ…

物事の捉え方で人生が変わる

「物事は捉え方次第」 なんてことはよく言われていますが とくに感受性豊かな人は本当にそうだと思うんです。 <気分で世の中の見え方が変わる>で言ったように 気分が良いときは良い捉え方気分が悪いときは悪い捉え方をしてしまうので 気分を良く保って物事…

葛藤することは難しい

葛藤とはいったいどういうことなんでしょうね。 よく使われる割にちゃんと分かっていないと思いませんか。 葛藤のイメージは 答えを出さずにモヤモヤと考え続ける というようなものではないでしょうか。 皆さんモヤモヤと悩んでしまう経験はありますよね。 …

人に良い期待をしていこう

人に期待をしてはいけない。 人に勝手に期待して勝手に落胆するほうがいけない。 なんてことを よく言われていますよね。 でも私は人に期待することが何より人を救うと思っています。 確かに 勝手に期待して勝手に落胆することは 人を傷つけると思います。 …

自分との向き合い方④-気分の影響が大きい-

自分と向き合うとき 自分の状態や気分を意識したことありますか? たぶん多くの人は無いんじゃないでしょうか。 思いついたとき問題が起きたとき不安なとき自己啓発としてやらなきゃと思ったとき こんなときにいきなり自分と向き合おうとしてしまう。 自分と…

人の忍耐力のキャパシティは決まっている

あなたは忍耐力がありますか? YESと言える人は少ないんじゃないでしょうか。 なぜならこのブログを読んでいる人はハンデを抱えている人が多いからです。 ハンデがある人は忍耐力がない。 これは多く知られていることです。 専門用語では欲求不満耐性が低い…

自分との向き合い方③-外からの情報をとりいれる-

自分のことは自分が一番知っているんだ なんてみなさん一度は 考えたことがあるのではないでしょうか。 私も養護施設出身で里子に出されてからの虐待ADHD、ギフテッドだったので そのことを人に話すことは無かったのでいつも誰も自分のことなんか分からない…

あなたのやり方は間違っていないが改善の余地はある

自分のやり方 みなさんきっとありますよね。 目玉焼きの焼き方、調味料のチョイス。黄身はほとんど生、半熟、両面焼き塩、しょうゆ、ソースなど。 風邪のひきはじめの対処法。葛根湯を飲んで寝る。栄養をつける。逆に食事をとらない。熱を計らないで風邪を認…

自分との向き合い方②-分からないことは考え得るところでやめる-

分からないことは考えても仕方ない。 私がよく言われてきたことです。 いつも考え続けていた私はそれを否定され この言葉にずいぶんと苦しめられてきたものです。 この言葉のまま生きると 未来はすべて分からないことだから何も考えない。 なすがまま人の言…

自分との向き合い方①-思考をそらすことで思考は深くなる-

自分について考えない人は逃げている。 自分について考えすぎるから心の病になる。 なんて逆のことがよく言われてますよね。 私も自己啓発本を読みながら救いを求めていたときは この二つのことがだいたい書かれていて もう!いったい自分のことを考えたらい…

短絡的思考が人生を迷わせる

鵜呑みにする 揚げ足取りばかりする これは正反対の行動のようですが実はたいていはどちらも同じ人の行動です。 どちらも考えることを放棄しているんです。 権威者多数派自分の味方の情報となれば鵜呑みにする。 権威のない者少数派自分の敵となれば批判する…

共感性は高ければ高いほうがいいのか

共感性は必ず持っていなきゃいけない。 共感性が無ければ人としてダメ。 共感性が高いことは人格が優れている。 なんとなくそんな風潮があるように感じます。 私はそれに疑問を持っています。 共感性が高すぎることで 苦労が多かった私だから持つ疑問かもし…

二分割思考-言われたことを聞けばいいの?聞かなくていいの?-

人に言われた言葉を気にして 「私はそうなのか」「私はそうじゃない!」なんて揺れて 言われた言葉を受け入れたらいいのか拒絶していいのか分からなくて 混乱していませんか? ちょっと待ってください。 人から言われた言葉は絶対に受け入れるか拒絶するかの…

大人だって子どものように成長する

大人は成長しない。 なんとなく無意識にこんなふうに捉えていませんか。 この年になって今さら変えられないこの年までこの性格だからなんて言っている人多いですね。 本当にそうでしょうか? 私はそうは思いません。 カウンセリングで何歳であっても出来なか…

失敗をしなければ本物の力はつかない

失敗は成功の元 失敗を恐れてはいけない 失敗があなたを成長させる など失敗が良いものとされる言葉が溢れています。 とは言っても失敗は怖い失敗して傷つきたくない それになんで失敗が必要なのかいまいち分からないですよね。 私もそうでした。 失敗すると…

二分割思考-褒めればいいの?叱ればいいの?-

子どもを育てる 部下を育てる何かを教育をするとき 必ず語られるのが褒めればいいのか叱ればいいのか ということですね。 褒めれば自分を肯定できるようになって伸びる 叱れば萎縮してしまい実力を発揮できない でも褒めたらストレスに弱い子になる。 褒めた…

二分割思考-頑張ればいいの?頑張らなくていいの?-

カウンセリングをしていて思うのは クライエントさんは何かにつけて両極にふれてしまっているなぁということ。 白黒をつけたがる二分割思考は認知のゆがみとして有名で みなさん気づきやすいところでは自分で極端なところがあると気づいている。 でももっと…

同じ失敗を繰り返すのは努力不足なのか

必死に気をつけているのに なぜか同じ失敗を繰り返してしまう。 「何度言ったら分かるんだ!」「それ何回目?」 「またか。いいかげんにしてよ」 こんな言葉を浴びせられ 何も学ぼうとしない人懲りずに反省しない人というレッテルを貼られる。 当然 自分自身…