逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ASD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

忍耐力がない人は忍耐をしすぎている

あなたは忍耐力がありますか?

 

YESと言える人は少ないんじゃないでしょうか。

 


なぜなら
このブログを読んでいる人は
愛着障害発達障害などの何らかのハンデを抱えている人が多いからです。

 

ハンデがある人は忍耐力がない。

 

これは多く知られていることですね。

 


専門用語では
欲求不満耐性が低いと表現されます。

 

欲求不満に耐えられない未熟な状態だと捉えられています。

 

確かに
じっと耐える経験を重ねるうちに
それが身につくということもあります。

 


でも私は
この考え方が嫌いです。

 

すでに沢山の我慢をしている人に
さらに我慢をさせるのが正しいとは思えないからです。

 



忍耐力は要らないと考えているのではありません。

 

忍耐をする為に他の方法があります。

 

「忍耐を適切なところでできるようにする」
だけで忍耐はできるようになるんです。

 



これを説明していきます。

 

先ほど言ったように

忍耐ができない人は忍耐力の無い未熟な人

忍耐ができる人は忍耐力がある人と考えられがちです。


でも実は

忍耐ができる人というのは

その忍耐が必要な場面以外では、忍耐をしていないんです。

 


一見して「忍耐」に見えることも

「無意識」に習慣で続けていたり
「楽しいから」やっていたり
「目標に向かって一心不乱」に集中していたりして忍耐をしていないんです。

 

だから
いざ忍耐が必要となったときに
じっと忍耐ができるんですね。

 

 

 

忍耐ができないとされる人は

 

そもそも
「忍耐」が必要とされる場面が多く、日常的に忍耐をしています。

 

それだけでなく

多くのことを「忍耐」に変えてしまうクセがあるんです。

 

 

だから
忍耐が必要なときに全く忍耐ができない。

 

当たり前ですね。
ずっと忍耐しているんですから。

 

 

 

どうでしょうか。
心当たりがあるんじゃないでしょうか。

 

 

 

だから
できることは
「忍耐力を身につける」ではなく

 

どうやって
「忍耐を減らしていくか」なんです。

 


具体的には

 

  

一般的に正しいことをやろうとすること。
自分が良いと思う、やりたいと思う気持ちを押し込めて
忍耐をすることになります。

 

自分の気持ちに従って、選択する。

時に、自分の目的の為に一般的に正しいことも選択する。

自分の頭で考えて行動を選択すると、忍耐ではなくなります。

 

 

 

全く変化の無い毎日を送ること。変化を見過ごして退屈を感じること。
それは人間の慣れの性質上「忍耐」になってしまいます。


変化は怖いですが常に新しいことを少しでも取り入れる。

小さな変化に気づいていく。
これだけで忍耐は減っていきます。

 

 


「つらい」「嫌だ」「苦しい」…
そんな自分の弱音を否定して押し込めると「忍耐」になってしまいます。
つらいものはつらい、嫌だ、苦しい、それは当然の気持ちだと解放できると

忍耐は減っていきます。

 

 


私は恵まれない環境で不幸だ、私はハンデがあって不幸だ

私は運が悪い…こんなふうに自分を惨めにする方向に考えると
「忍耐」になってしまいます。

 

恵まれない環境でも自分はよくやっている、不運でもやれることはまだある。
こう考えると、忍耐は減っていきます。

 

 

 


忍耐を減らしていくことは
とても難しいことですが

 

まずは自分がどれだけ
ずっと「忍耐」をしてしまっていたか気づきましょう。

 


そして
ずっと「忍耐」をしてしまっていたから
大事なところで「忍耐」ができなかっただけで

忍耐力がなかったんだと知ってください。

 

 

これ以上忍耐をするのではなく
大事なところで「忍耐」ができるように
忍耐を減らしていくコントロールしていきましょうね。

 

 

 

 

関連記事

 

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

   

lilcafe.hatenablog.com