逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ASD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

人と長く良好な関係を築いていく

人と深く付き合うと長続きしない。

 


時間が経つと

 

人に嫌われたり
自分の方が人を嫌いになってしまう。

 


こんな自分は

性格が悪いから
コミュニケーションのスキルが無いから
いつもこうなってしまうのだろう・・・

 


こう思い込んでいる方
きっと多いのではないでしょうか。

 

 

本当にそうでしょうか。

 

性格が悪くても
コミュニケーションのスキルが無くても
少数の人と深い付き合いを続けている人は居るように思います。

 

これには
もっと他の理由があるんです。

 

 

 


あなたは人と居る時
我慢ばかりしていませんか。

 

人と居ると
自分を押し殺して人に合わせてばかりいませんか。

 


自己中心的ではなくて、人を優先させる態度は
大人っぽく節度がありますね。
心優しく、協調性があり
とても悪いことだとは思えませんね。

 

でも
このような特徴がある人は
人と深く長く付き合うのは難しいんです。

 


それは何故でしょうか。

 

 

 

晴天の霹靂。

 

誰もが経験があるのではないでしょうか。

 

あの目の前が真っ暗になる感覚。
順風満帆なはずだった自分の道が突然閉ざされたような絶望。

 

嫌なものですね。

 


人間は落差に弱い生き物です。

 

同じ出来事が起こるにしても
知らせがあったり兆候が見えたりするのと
いきなり起こるのとでは

衝撃の度合いはずいぶん違いますよね。

 

 

 

ずっと
「あなたは唯一無二の親友だ。信頼できるのはあなたしかいない」

 

ある日突然
「あなたとは絶交。ずっと我慢していた」

 

 

 

ずっと
「おまえしかいない。ずっと一緒に居たい」

 

ある日突然
「好きな人が出来た。今すぐ別れてほしい」

 

 

 

ずっと
「君は会社にとってなくてはならない人物だ。頑張ってくれ」

 

ある日突然
「君より優秀な社員はいくらでもいる。やめてくれていい」

 

 

 

とても極端な話のようですが
人間不信になってしまった人は
実際にこのような経験をしているんです。

 


人の気持ちは変わるものですから
残念ですが
受け入れなければならない悲しい出来事は起きますよね。

 

でも
気持ちよくさせられて突き落とされるというのは
とても耐えられるものではないですね。

 

 

 

いきなり態度を変える人はひどい人だ!

 

そう思いますか?

 

 

 

ところが

 

心優しいあなたも
人に対してこうしてしまう可能性は持っているんです。

 

むしろ
気がついていなかっただけで
こうしてきてしまっているかもしれません。

 

 

 

このような態度をとってしまう人には
次のような特徴があります。

 


・無意識に相手の機嫌をとってしまう
・嫌われないために相手の意向にそった行動をとってしまう

 

つまり
「何がなんでも人に嫌われたくない」という人です。

 

このブログの読者の方によく当てはまる特徴ですね。

 

 

 

このような特徴がある人は

 

人と居ると
知らず知らずに
自分の中にある不満に気づかず蓋をしてしまいます。

 


本当は嫌なのに笑顔で
「いいね。私も賛成」
「大丈夫。そうしよう」

 

本当は無理をしているのに笑顔で
「全然平気。まかせて」
「いいよいいよ。気にしないで」

 

 

 

こんな姿をみれば
もちろん素直に受け取りますよね。

 


これが好きなんだな。
こういう価値観があるんだな。
楽しんでくれているんだ。
頼りがいがあるな。
なんて優しい人なんだ。

 

こんなふうにポジティブに受け取ってくれる。

 

 

一方で
自分で自分の心に蓋をしてしまっている人は
心の中にこんな不満がどんどん溜まっていきます。

 

「嫌なのに何で気づいてくれないの」
「なんで私が合わせなきゃいけないの」
「こんなにつらいのに分かってくれない」
「私ばかり無理をさせられる」

 

 

 

不満が溜まって
大好きだった人も憎らしくなってくる。

 

そうしてある日突然爆発して
相手は晴天の霹靂という思いになる・・・

 

 

 

「我慢をしているのぐらい分かって当然でしょ」

 


そう思いますよね。

 


私も同じ事をしていた時
そう思っていました。

 


ところが
「何がなんでも人に嫌われたくない」という人の
自分の不満を内側に秘める力は相当なものです。

 


これは私にとって
自己理解を進めるときに重要なことでした。

 

自分がどれだけ
自分の不満やつらさを覆い隠して人に見せていないか
気づいていなかったんです。

 

人はデリカシーが無く私に無理をさせる
と思い込んでいたんです。

 

 

 

どうでしょうか。

 

人に嫌われるのは怖いですよね。
自分の気持ちを主張するのは本当に勇気が要りますよね。

 


だけどもし

 

その人と深く長く良好な関係を保ちたいと思っているなら
自分の思いは理解してもらわなければいけません。

 


よかれと思って我慢をしていても
気づかぬうちに不満を溜めて
その人を嫌いになってしまいます。

 

いきなり不満を爆発させて
その人に不信感を抱かせてしまいます。

 


最初は不満を伝えるのは難しいですね。

 

せめて
笑顔で「大丈夫」と言って自分を偽るのをやめてみましょうか。

 

本当につらいときには
つらい表情をする練習をしてみましょうか。

 


大好きな人を嫌いにならないように
人と深く長く付き合っていけるように

 


少しずつ
嫌なことを嫌だと伝えることを頑張っていきましょうね。

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com