逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ASD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

愛着障害の人は心から求めるものを選べない

機能不全の家庭で育った愛着障害の人は
小さい頃からいつも安心がありませんでした。

 


誰もが子どもの頃に経験する安心感を経験できないまま
大人になってしまいました。

 

 

子どもが育つために必要な安心感は

 

機能している家庭で育った子どもは
安心感とすら意識すること無く当たり前のようにあるものです。

 

 

 


いつも見ていてくれる存在がいる

 

どんな自分でも愛してくれる存在がいる

 

毎日変わらない精神的に安定した両親、家庭内の空気

 

順調で安定した生活

 

家庭の外で不安なことがあっても家庭に戻れば安心できる

 

 

 

機能不全の家庭で育った私たちからすると
とても信じられないですよね。

 

 

 

 

機能不全の家庭では

 

 

何のために生まれたのかと思わされるほど
無視され放棄され

 


親の思い通りでなければ全否定され

 


毎日どんな争いが起きるか怒りをぶつかられるか分からず
不安定な両親の様子をうかがい一瞬も気が抜けず

 


今日の生活が明日には危ぶまれるような不安を見せられ

 


家庭の外でどんなに大変なことがあっても
それを1人で抱えて家庭ではさらに大変なことが起きる・・・

 

 


もうずっと不安なんですね。

 

 

不安が心から無くなることなんてありませんでしたよね。

 


こうやって不安ばっかりの子どもはどうするかというと

安心を求めるんです。

 

 


当たり前ですよね。

 

食べなければ飢えて死んでしまうように

子どもには安心が無ければ生きられません。

 

 

 

機能不全の家庭で育った子どもは

それぞれが自分独自の方法で安心感を求め、生み出します。

 

 

 

人間関係を作るときも
当然、安心を最優先に求めます。

 

 

一般的に
人間関係を作る時には


・自分が好感を持てる、魅力を感じる人

・気が合う人

・信頼できる人

・尊敬できる人

 

 

自然とこんな基準で
人と仲良くなりたいと思うのではないでしょうか。

 


でも
人間関係に安心を最優先にすると
これが大きく変わってきます。

 

 

・自分から離れていかない人

・変化しない人

・深入りしてこない人

・鈍感な人

・指摘してこない人

 

 

自然とこんな人を求め
好感を抱いているような気持ちになります。

 

 


どうでしょうか。

 

愛着障害の人は
自分の周りに居る人は自然とこうなっているのではないでしょうか。

 

 

 


私もそうでした。

 


頭で考えて選んでいるわけではないのに
自然とこういう人を求めてしまっていたんです。


安心が一番欲しかったんですね。

 

 

 

例えば


小さい頃は

私は自分より立場の弱い友人を選ぶことがありました。

 

おとなしい
嫌われている
魅力が無い


こんな友人は

 

私を褒めてくれて大事にしてくれます。
私しかいないので離れていきません。

 

 


酷いことですね。

 

でも意識をしていたわけではないんです。

 

本当に自然とそういう子に近づいて
仲良くしていました。

 

 


思春期には

 

自分に好意を抱いてくれてさえいれば
みんな大好きでした。

 

恋愛でも友情でも強い好意があれば安心でした。

 

 

私の容姿に好意を抱く人

私の面白さに好意を抱く人

私の変わったところに好意を抱く人

私の気の強さに好意を抱く人・・・

 

 

何でも良かったし
誰でも良かったんです。

 

本当の私のことなんて見ていなくても
私のことを理解していなくても
相手がどんな人でも


望みを叶えて好意を抱いてさえくれれば

私を褒めてくれて大事にしてくれます。
私から離れていきません。

 

 

 

酷いですね。

 

でもこれも意識してやっていたわけではなくて
ただ夢中に目の前の人間関係を作ろうとしていただけでした。

 

 


いつも
心の中で人を見下していたのを思い出します。

 


そんな自分を
性格が悪いとずっと悩んでいました。

 


でもこんなふうに人間関係を作っていたら当然なんですよね。

 

 


自分が好きだと思う人
魅力を感じる人
尊敬できる人
気が合う人


こんな人と居られたら見下すこともありませんよね。

 

 


みなさんも
こんな経験があるのではないでしょうか。

 

 


愛着障害の人は
安心を最優先にするから
本当に好きなものを選べません。

 

 

自分の心に従って人を選ぼうとすれば

 


自分は好きでも相手はそうでもないことがある
相手は大事にしてくれないかもしれない
相手は離れていくかもしれない

 


不安でいっぱいです。

 

 

自分が魅力を感じる人は他の人にもそうです。
自分と一緒にいてもらう、ずっとそばにいてもらうなんて大変です。

 


自分が尊敬できる人
これも自分もそれだけ何か秀でていなければいけません。

 

自分も努力して魅力をつけて自分を磨いていかなければいけません。

 

大変ですよね。

 

 

 

でも本当は
自分の心に正直にいるためには
こうやって不安でも好きなものを選んでいく必要があるんです。

 

 

人だけではなく
物や環境などもこんな仕組みになっていて

 

安心を最優先にして選んできて
自分が心から好きなものを選べないことが

愛着障害の人の生きづらさに繋がっているんです。

 

 

 

カウンセリングが進んで不安が解消されても

中々ここが解消されない人は多いです。

 

 

私もそうだったと思います。

 


つい安心を最優先にしてしまう癖は
なかなか根深いです。

 


もう安心していいのに
怖いという気持ちが中々消えませんでした。

 

 

 


私たちは
いつも安心を最優先にして生きてくるしかありませんでした。

 


だから
自分が心から本当に求めるものを選ぶことができなかったんです。

 


そのせいで
人を見下したり、心の中は裏腹でいつも不満ばかり嫌な気持ちばかりでした。

 

 

 

残念ですが
これはもう認めないといけませんね。

 


まずはカウンセリングなどで人間不信を解消して
不安を小さくしていきましょう。

 

安心できる環境に逃げ込みましょう。

 

 


そして

小さい頃に比べて
少しずつ安心できるようになってきたら

 


全てを選択するときに
安心を最優先にせず

 

「自分が心から求めているもの」を勇気を持って選択していきましょうね。

 

 

 

 

関連記事

 

 

www.lilcafe-colony.com

 

www.lilcafe-colony.com