逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ASD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

ギフテッドは人の劣等感を刺激してしまいやすい

ギフテッドの人のカウンセリングをしていると

まだまだ新しい発見が沢山あります。

 

 


どこに行っても誰が相手でも
同じ事が起こってしまう

 

 


だから
困ったことが起こるのは「私のせいだ」

 

 

そんなふうに思ってきた事が私には沢山ありました。

 



でもギフテッドという概念に出会って

 

私に原因があるけど私が悪いわけでは無かったんだ…

と思えるようになりました。

 

 

 

ギフテッド共通の特徴は

ギフテッドではない人との関わりで大変な苦労があります。

 


多くのギフテッドのクライエントさんが語る人間関係の苦労は
私と全く同じ経験であることが本当に多いんです。

 

 

最初は本当に驚きました。

 

自分だけに起こる問題で

誰に苦悩を話してもあなたの人格のせいだと言われて理解されなかったのに

 

これほどピタリと一致した経験を語られるなんて信じられません。

 

 


ギフテッドの皆さんが
あまりに同じ経験をしてきたことを考えると

 

私たちが自分だけの悪い特徴だと思っていたことが
実はギフテッド共通の悩みであることがほとんどだと思うんです。

 

 

 


その中でも多くの人が悩んでいたことで
私も悩んできたことの一つは

 


・どこにいても浮いてしまう

・あなたは私たちとは違うと上に祭り上げられる

 

 


だから


「目立つと嫌な目に遭うから力を隠そうとする」

「浮いてしまうから自分を低めて迎合して馴染もうとする」

 

 

 

こんなスキルを獲得するんですよね。

 

 

ギフテッドはデコボコがあって

 

突出した力もあれば
普通よりもへこんだ力もあります。

 

 

それなのに
突出した部分でさえ抑え込んでしまえば

 

 

いまいち冴えない
特に良いところもない
本当にどうしようもなくダメな人間

 


例えばこんなふうになってしまいますよね。

 

 


ギフテッドは突出した部分を生かして
そこを人に認められることで


へこんだ部分をバカにされずに済むと思うんですが

 

 

突出した部分を隠して
へこんだ部分を何とかしようと努力すれば

 

ただ大変で苦しいだけで
何も報われない人生になってしまうんだと思います。

 

 

 

突出した能力を隠して迎合してきた…

 

そんな皆さんは

当たり前ですがことごとく自尊心が低い。

 

 

 

ここまででも十分に大変なのですが
ギフテッドが自尊心が低くなってしまうとさらに大変な事があるんです。

 

 


学生時代を思い出してみると

 

スクールカーストは
自尊心の高さで決められているような所がありますよね。

 

 

 

自尊心なんて目に見えないのに

 

子どもの頃、思春期の頃には既に
皆しっかりと自尊心の高さを見抜きあっているように見えます。

 

 

 

自尊心がとことん低くなってしまったギフテッドは
同じように自尊心が低い人が集まる場所にいることになります。

 

 

その場所には


ギフテッドと同じように
深く考え、深い洞察力を持ち、群れるより自分自身と対話することを好む…


そんな人はいません。

 


このような特徴を持つギフテッドは
自尊心が低い人の劣等感を刺激してしまうのがわかるでしょうか。

 

 

考えることが苦手で短絡的な人
自分で考えるより人に従いたい人
多数派からはみでたくない人
権力に従う人・・・

 

このような人たちからすると

 

 

ギフテッドの

 

何かを見抜いているかのような鋭い発言

誰にも迎合しない態度

芯が強く頑固で譲らない態度

どんな相手でも飄々としている態度

 

 

これが劣等感を刺激して勘に障るんですね。

 

 

私はこれに全く気づきませんでした。

 

 

 

どこに行っても

 

「あなたは私たちとは違う」

 

「みんな我慢しているのに何故そうしないの」

 

「何でそんなに偉そうなの」

 

「どうせみんなを見下してるんでしょ」

 

「あなたに褒められてもバカにされてるとしか思えない」

 

こう言われてしまいます。

 

 


この時の私の自尊心は地の底まで落ちている状態で


どんな人であっても自分より上の人間で
どこにいっても自分が一番下だと思うことばかりでした。

 

 

見下す気持ちがあったのか探しても見つかりません。


威張ろうとする気持ちもありません。

 

 

だけど
多くの人にそう言われるなら


私は人を不快にさせる人間であることは確かなんだ・・・

 

そう自分を責める日々でした。

 

 


たまにリラックスしている時
得意なことを夢中になってやってしまった時

 

気がつかずにギフテッドらしさを出していたのかもしれません。

 

 


その時に
ギフテッドが隠している能力に
人は気づいてしまうんでしょうね。

 

 

 

また

これも同じ経験をしているギフテッドの人は多いのですが

 

権力のある人に目をつけられて
1人だけ標的にされやすい

 

 


いつも自分だけが標的にされるので

 

これもまた自分に原因があるんだと自分を責めてしまうんですよね。

 

 


ギフテッドは

 

人を見抜いてしまいやすく権力に嫌悪感をもつという特徴があります。

 

表面上だけ良い人のフリをしている人や
自己愛が高く態度だけ偉そうな人に好意的な態度がとれないんです。

 

 

 

表面を取り繕っている人は
自分を好意的に思わないギフテッドに劣等感を刺激されます。

 

自己愛が高い権威のある人は
迎合する態度を示さないギフテッドに劣等感を刺激されます。

 

 


そうなんです。 

 

ギフテッドは
いじめやハラスメントに遭いやすいんですね。

 

 


学校や職場などで
こんな経験をしていないギフテッドは少ないのではないでしょうか。

 

 

 

これをどう克服したらいいでしょうか。

 

 

 

私は

「ギフテッドは人の劣等感を刺激しやすい」

 

これを理解しておくことが大事だと思います。

 

 

愛着障害、発達障害、学習障害などがあるギフテッドにとって

自分自身がダメだと思っているのにとても信じられないですよね。

 


でも、これを理解しておかないと

 

 

ここまで書いてきたように人から疎外された原因を

 

全て自分のせいにして
自分の人格を疑ってしまいますよね。

 

 


これでは心を壊してしまいます。

 

 


もちろん
私たちにも出来ることはあります。

 

 

でもどんなに努力をしても
自尊心が低い人の劣等感を刺激しないことは
私たちギフテッドにはとても難しいことだと思うんです。

 

できるかぎり
下手に出るのも能力を隠すのも迎合するのもいいですが

 

そこに力を使っていたら

苦しいままで自分を偽ったままで

いつまで経っても能力を発揮できず人生は好転していきません。

 

 

 

自尊心の低い人の劣等感を刺激してしまうんだと諦めて


私たち自身が自尊心を回復させ

自尊心が高い人との関わりを持てるようにしていき

 

自分の能力を隠すことなく迎合することなく

自分らしく人と関わりをしていけたら

 

私たちは自分の能力をすべて発揮できるようになっていけるんです。

 

 

 

 

 

 

関連記事