逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ASD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

人の気持ちを考えすぎてしまう

愛着障害を持つ人は
いつも無意識に人の気持ちを考えすぎています。

 


いつも人の気持ちを考えている・・・

 

ただ思いやりがあるならいいじゃないか
そう思われるでしょうか。

 


たしかに外側から見れば「思いやり」と捉えられますが

 

実はこれは
機能不全の家庭で自然に身についてしまった癖なんです。

 

自分の身を守るために身につけてきたものです。

 


いつも人の気持ちを考えているのですが
それは癖から来る行動なので

 

過剰だったり、見当違いだったりして
独りよがりなことが多く

 

思いやりとは少し違うものになりやすいんです。

 


こんな「いつも人の気持ちを考えすぎてしまう」という癖が
愛着障害を持つ人の生きづらさの理由の一つです。

 

 

 

どうしてこのような癖が身についてしまうのでしょうか。

 

このような癖は何故生きづらさの理由になるのでしょうか。

 

 

 

愛着障害を持つ人は
いつも愛されているという安心感を持つことが出来ず
いつも目の前の人の愛情を得ようと必死に考えてきました。

 


<愛着障害の連鎖>で書いたように親も愛着障害だった場合

 

過剰につらさを理解することを求められます。
過剰に気持ちを察することを求められます。
過剰に同じ気持ちでいることを求められます。

 


子どもは愛情を得るために必死にそれをやろうとします。

 


つらいと過剰にアピールする親の気持ちを
「大変な苦しみなんだ」と大きく想像して親に寄り添おうとする。

 

言葉にしないで態度でアピールする親の気持ちを
「きっとこんな気持ちなんだろう」と必死に推し量ろうとする。

 

いつも不機嫌で不安な親の気持ちを
「いつも苦しんでいる、頑張っている」と想像して
自分だけが楽しんだり、安心したりしてはいけないと思って
いつも親のネガティブな気持ちだけを考え続けようとする。

 


子どもがこんなことをずっと続けながら育ったら
いったいどうなるでしょうか。

 


自分がつらい時でも
自分の気持ちを感じることより
目の前の人のつらさを感じようとするようになりますね。

 

自分が非常につらい時でも
目の前の人の方がつらいんだと思うようになりますね。

 

目の前の人が望んでいなくても
気持ちを推し量ろうとしてしまうようになりますね。

 

目の前の人のつらさを
「これぐらいつらいんだろう」と大きく考えすぎるようになりますね。

 

 

 

人間関係で常にこうなってしまうんです。

 


そうすれば

 

人と居ると
自分の気持ちが分からなくなります。
人の気持ちばかり優先させるようになって常に我慢に我慢を重ねます。

 


自分がどんなに辛いときでも
こんなことは人に比べれば大したことは無いと思うようになります。
全く弱音が吐けずに潰れるまで我慢を続けるようになります。

 


こうやって我慢を重ねるうちに
感情のコントロールが出来なくなったり
鬱になってしまったりしてしまうんです。

 

 

 

望んでいない人の気持ちを推し量るということは
人の領域に勝手に足を踏み入れることとも言えます。

 

それなのに当たり前のようにそれをしてしまい
人に疎まれるようになったり
人との距離が近すぎて問題が起きやすくなってしまいます。

 


自分のつらさを大げさに捉えられることは、甘えたい人には嬉しいことですが
対等な関係でいたい人は
わかってもらえていない、決めつけられた気持ちになります。

 

対等な関係でいられる人は離れていき
依存したい人は近づいてくるようになってしまいます。

 

そうして健康的な人間関係は築けず
依存しあうような関係ばかりになってしまいます。

 

 

 

家庭でやってきたことを外でもやっているだけなのですが

 

感情のコントロールが出来なくなったり、鬱になったり
人との距離がとれなくなったり
依存し合うような人間関係ばかりになってしまうんです。

 

 

 


機能不全の家庭は
家庭内に安全な空気はありません。

 

いつもどこかの関係で不和が起きている。

 

それを子どもながらにどうしたら丸く収まるかを必死に考えます。

 


自分が話を聞いて楽にしてあげなければ
自分がピエロになって空気を明るくしなければ
自分がそれぞれの気持ちに寄り添って味方になってあげなければ
家族それぞれの立場になって考えて仲裁してあげなければ

 


そうやって
子どもながらに1人で何とかしようと奔走し
本当に何とかしてしまう。

 

自分がやらなければ崩れると分かっているから
誰も感謝してくれないし分かってくれないのに無理をやめられない。

 


子どもがこんなことをずっと続けながら育ったら
いったいどうなるでしょうか。

 


どこの場所に居ても
自分が我慢してその場を丸く収めようとするようになりますね。

 


どこの場所に居ても
そこにいる人みんなの事情を考えて頭を悩ませるようになりますね。

 


どこの場所に居ても
自分がピエロになって盛り上げようとしてしまうようになりますね。

 


どこの場所に居ても
その場の空気は自分が良くしなければいけないと思うようになりますね。

 


人が居る場所でつねにこう考えるようになってしまうんです。

 

 

 

そうすれば

 

どこに居ても
その場の問題は自分の責任だと思いながら
必死に1人で何とかしようとするようになります。

 


多くの人が無責任にリラックスしている場所で
1人で必死に頭を悩ませ緊張しています。へとへとになります。
いつも緊張して疲れ切っているようなイメージを持たれ
人から疎まれるようになります。

 


多くの人が楽しんでいる場所で
考えることが多すぎて楽しむことができず、つまらない人間だと思われます。
人から疎まれるようになります。

 


これだけ頑張っても誰にも分かってもらえないのに
頑張ることをやめられず
いつも怒りを抱え不機嫌な人になってしまい
人から疎まれるようになります。

 

 

 

家庭でやってきたことを外でもやっているだけなのですが
これだけ頑張っているのに人から疎まれてしまうんです。

 

 

 

「人の気持ちを考えすぎてしまう」
という養育過程で身につけてしまった癖は

 

決していいものではないんです。

 

これほどの生きづらさに繋がっているんです。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

www.lilcafe-colony.com