逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ASD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

愛着障害の人は空気を読みすぎる

愛着障害の人は
いつも自分さえ我慢すれば良いと思っていませんか。

 


いつも
その場の空気を平穏にしようとして
そのために自分を犠牲にしようとしてしまうんですよね。

 

 

 

この特徴を持っていると
損な役回りばかりになってしまいます。

 


他の人は頼まれないことを頼まれたり

 

自分ばかりが責任を負ったり

 

自分ばかりが心労を抱えたり

 

人の仲裁のために板挟みになったり・・・

 


もうヘトヘトなのではないでしょうか。

 

 

 

それなのに

 

「自分さえ我慢すればいい」と思っているので

 

人のための苦労は表に出ません。

 


誰にも気づかれず
誰にも感謝されず

 

ただ自分1人が重たいものを背負ってヘトヘトになって
その場の空気をあたため続けるだけです。

 

 

 


私もそうでした。

 

なぜかわからないけれど

 

その場の空気を平穏に保つのは
自分の仕事だと思ってしまうんですよね。

 


不機嫌な人がいれば機嫌をとり
気まずい空気になれば面白い話をしてゆるめて
ちょっと空気が凍れば、話題を変えたり仲裁したりして空気をあっためる

 

自分がどんなにつらくても
嫌な気持ちになっても

 

その場の空気を考えて
とにかく笑っていることしか出来ませんでした。

 

 

 

こんなにつらく悲しい
頑張っても報われない癖はないですよね。

 

 

 

これも養育過程で身につけてしまった癖なんです。

 

 

 

機能不全の家庭は
家庭内に安全な空気はありません。

 


いつも誰かが不機嫌です。

 

いつも誰かが怒りの感情をまき散らしています。

 

いつもどこかの関係で不和が起きています。

 


そこで育つ子どもは
子どもながらに自分がどうしたらいいか

 

この空気を良くするためにはどうしたらいいかを必死に考えます。

 

 

 

自分が話を聞いて楽にしてあげなければ

 

自分がピエロになって空気を明るくしなければ

 

自分がそれぞれの気持ちに寄り添って味方になってあげなければ

 

家族それぞれの立場になって考えて仲裁してあげなければ

 


本来なら

 

子どもらしく
自分のことだけを考えてワガママにしている
楽しいことだけ考えて遊んでいる
何もせずとも愛されていていい

 

そんな年齢です。

 


それなのに機能不全の家庭で育った子どもは

 

自分1人だけで何とかしようと考え奔走し
本当に空気を和らげるという大役を果たしてきてしまいました。

 


一度上手くやってしまうと

 

次からもそうしなければいけないようになります。

 

自分がやらなければ崩れてしまうと分かっているから
どんなにつらくても
誰も気づいてくれなくても感謝してくれなくても

 

必死に空気を和らげようとする、無理をやめられません。

 

 

 

なんて酷い話でしょうね。

 

なんて強く賢い子どもでしょうか。

 

 

 

子どもがこんなことをずっと続けながら育ったら
いったいどうなるでしょうか。

 

 

 

どこの場所に居ても
自分が我慢してその場を丸く収めようとするようになりますね。

 


どこの場所に居ても
そこにいる人みんなの事情を考えて頭を悩ませるようになりますね。

 


どこの場所に居ても
自分がピエロになって盛り上げようとしてしまうようになりますね。

 

 

どこの場所に居ても
その場の空気は自分が良くしなければいけないと思うようになりますね。

 


人が1人でもいれば
つねにこうやって考えるようになってしまうんです。

 

 

 

学校、部活、サークル、会社、友人関係、恋人関係・・・
全ての人間関係で

 


人間関係での問題はすべて自分の責任だと思いながら
必死に1人で何とかしようとするようになります。

 


多くの人がリラックスしている場で
1人で必死に頭を悩ませ空気をなんとかしようとしています。
ただそこにボーッとしていることができません。
楽しむこともできません。

 

緊張し楽しむことが出来ない姿を見て
つまらない人間だと思われてしまいます。

 

 

 

そして
これだけ頑張っても誰にも分かってもらえないという気持ちは
年々大きくなっていきます。

 

それでも頑張ることをやめられずに疲れ切り
いつも人への怒りを抱え人間不信になってしまいます。

 

 

 

家庭でやらされてきたせいで外でもその役割をやってしまう。

 


ただ「自分さえ我慢すれば」という思いで

 

その場の空気のために
自分の気持ち、自分の楽しさ、自分のリラックス感・・・

 

色々なものを犠牲にして頑張っているだけなのに

 

人間関係が上手くいかない。

 


あんまりだと思いませんか。

 

 

 

どうでしょうか。

 

もうやめたいと思いませんか。

 

 

 

その場の空気を和らげるのは私たちだけの仕事ではないんですよね。
その場に居る人全員の仕事なんですよね。

 


何か問題が起きたら、それは私たちだけの責任じゃないんですよね。
そこに関係している人全員の責任なんですよね。

 


ずっと
人知れず我慢をしてきてしまいました。

 

そろそろそんな自分を休ませて労ってあげたいですね。

 

 

 


人のために頑張らなくてもいい
人のために役立たなくてもいい

 

あなたは
自分を優先にして
自分の感情を大事にして
自分の人生の時間を自分のために使っていい

 


そう自分に伝えてあげましょう。

 

しっかりともういいんだと伝えてあげましょう。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

www.lilcafe-colony.com

 

 

www.lilcafe-colony.com