逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ASD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

清廉潔白な人はいない

心の中まで完璧に

清廉潔白な人は世の中に存在するんだろうか。

 


私は存在しないと思っている。

 


人間自体が、そう作られていないんだから。

 

 

 

私利私欲は人間の初期設定としてある。

 


でも実際は

私利私欲にまみれた人と、無欲な人

正反対の人がいるように見える。

 

 

これは何故なんだろうと考えてみた。

 

 


私利私欲にまみれているように見える人は


すぐに手に入りやすい利益ばかり求め
一番手っ取り早い、人の利益を奪う形で自分の利益を得ている

 


無欲に見える人は


自分の利益が、同時に人の利益にも繋がるものを上手く探している

 


こんな単純な差なだけで

本当はどちらも自分の欲を満たしていることに変わりはない。

 

 


後者は時間や労力がかかるので難しく

多くの人は前者を選びやすく人から奪うだけになってしまいやすいんだろう。

 

 

 

人間がいつも清らかに穏やかにいること。

 

これだって

感情や共感性を持つ人間には無理なはずだ。

 

 


社会性をもって多くの人間と関わっていたり

広い世界をしっかりと見渡していれば

 


目を背けたくなるような現実があって

 

困った人や反社会的な人の行動が
人を傷つけている場面がそこここに見える。

 

 


こんなことばかりの日々で


人間らしい感情や道徳心を持ちながら

いつも穏やかにいられる方がおかしい。

 

 

 

 

でも穏やかに過ごしている人はいる…

 


自分だけが穏やかに過ごすことはできる。

 

 

都合の悪いことは見て見ぬふり

自分だけが安全地帯にいて、それを当然だとする

 

 

 

その人は穏やかな人にみえるけど

 

これはもうすでに清廉潔白とは言えない。

 

 

 


心の中は苦悩や葛藤に溢れていても

人から穏やかに見えるように過ごすことはできる。

 


人から穏やかに見える人でも
いつも平和で穏やかな気分でいられているわけじゃない。

 


自分は見て見ぬふりをしている

自分は安全地帯で恩恵を受けている…

 

こうやって

心の中ではちゃんと葛藤している。

 

綺麗なだけではない自分を知って受け入れている。

 

 

自分の無力さを受け入れて、出来ること以外はあきらめている。

 

 

世の中の理不尽さに胸を痛め、嘆き怒りながらも仕方がないというあきらめ。

 

 

 

心の中に綺麗なだけではない感情をちゃんと持っている。

 

 


このような人が
人からはいつも清らかで穏やかに見えるだけで

 

本人の内面は
決して穏やかではいられない。

 

 

 

 

本当に内も外も清廉潔白な人がいるとすれば

 

 

環境がよく沢山の人に完全に守られていて
狭い自分の世界でだけ考えていられる人でしかない。

 

 

 

でもいつか時を経て

 

完全な守ってもらえなくなったら
閉じこもっていられなくなったら

きっと清廉潔白ではいられなくなるはずだ。

 

 

 

どうだろう。

 

 

人間が清廉潔白でいるなんて無理じゃないか。

 

 

 

歴史上の人物で
清廉潔白だと思われる人は多くいる。

 

 

 

でもそのような人には
反面、こころを病んでいたエピソードや
残酷な面も見られたというエピソードがある。

 

 

 

 

人間そのものが清廉潔白でいられない存在なのに

 

受け入れられずに
清廉潔白にしようとしてしまうと

 

その反動で
こころの闇が大きくなったり心を病んだりしてしまう。

 

 

 

こんな立派な人がこんな感情的に?
こんな素晴らしい人がこんな犯罪を?

 

こんなことよくある。

 

 

これが
清廉潔白を目指してしまった結果。

 

 


人間は清廉潔白にはなれない。

でもそこに近づいていくことはできる。

 

 

 


そのためには

 

自分は清廉潔白ではないと受け入れること。

 

いつも内面で葛藤をすること。

 

自分の力が及ばないという現実
無力感を受け入れてあきらめること。

 

 

 

これが必要だと私は思っているから

清廉潔白な人なんていないんだと伝えたい。 

 

 


あなたの思う自分の心の汚い部分は

人間らしさでありみんなにあるもので

決して恐れるものではない

 

無理に押し込めようとしながら

日々疲れ果てる必要はない

 

 


その上で

 

清廉潔白を目指すなら

 

「人間なんて、自分なんてこんなもんだ」

 

と受け入れた上で人間のダメな部分と上手くつきあっていこう。

 


そして

難しいとは思うけど
少しでも環境を整えて、良く変えていき、少しでも安全地帯にいること。

 

 

安全地帯にいられることの幸運を忘れずに

 

安全地帯にいながら

危険地帯の人に出来る限り手を差し伸べながら生きる。

 

 

これが清廉潔白に近づいていく方法だと私は思っている。

 

 

 

 

私も日々
心の中で毒づきながら
自分のズルさや無力に呆れながら

 

それでも少しでも穏やかにすごせるよう

少しでも良い自分に近づけるよう


毎日葛藤の連続だ。

 

 


カウンセラーとして
清廉潔白でなければならないとも思うこともあるけど

私はこれでいい。

 

清廉潔白だと思い込めば思い込むほど

そこから遠のいていってしまうから。 

 

 

 

 

 関連記事

 

 

www.lilcafe-colony.com

 

 

www.lilcafe-colony.com