逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ASD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

境界性人格障害⑩-試し行為-

ボーダーは

「試し行為」と言われる行為を
人に対してつねに行っています。

 

自分から近づいて冷たくしたり
別れる気が無いのに別れようと言ったり
突拍子もない言動をして変わらぬ愛情を望んだり。

 

これは
幼少期に自分を受け入れられなかったため
どこまで自分がひどいことをしても
変わらず受け入れてくれるか試している
と言われています。

 


でも

私自身の経験を考えると

そんな作為的な思いは無かったように思います。

 

私は

治療者など、外側から観察した人が「試されている」と感じたから

そう名付けられたのではないかと思っています。

 

 

私が「試し行為」と言われる行為をしている時には

試すなんて余裕はありませんでした。

 

頭の中は落ち着いて考えられる状態になく

パニックになっていたり

一つの思い込みに囚われて何も見えなくなっていました。

 

 

自分の奥の方にある不満や憤りをわかって欲しい

そんな真っすぐな気持ちしかなかったと思います。 

 

 

ボーダーの症状が出ている時

自分の不満や憤りをちゃんと感じることは出来ませんでした。

言葉にして表現して伝えることも出来ませんでした。

 

だから

溜まりに溜まったその大きなマグマのような気持ちを

態度にして何とかしてわかってもらいたかったんです。

 

「これだけ取り乱すぐらいつらいんだ」

「こんなに大声を上げて、大泣きをするぐらいの想いがあるんだ」

「私は大丈夫じゃないんだ」

こんな気持ちだったでしょうか。

 

言葉にせずに態度でわかってもらおうとすることが

どれだけ無謀なことか、今ならわかります。

 

でも渦中にいる時は、それしか手段がなかったんです。

 

 

 

相手の言動でいちいち傷ついて絶望していました。

相手は悪気もなく鈍感で何もわかってくれません。

 

どうして傷ついたのか、どのくらい傷ついたのか

それも言葉にして表現して伝えられません。

 

相手に不満があっても

孤独で依存しているので、嫌われたくないので少しも言えません。

不満だから離れるという選択肢もありません。

 

だから怒りが溜まりに溜まっていき爆発した時

自分の気持ちをわかってもらおうと、同じ苦しみを味わせようとしました。

 

「お前を苦しめるのは、先に私を苦しめたから」

「傷つけた人間は報いを受けるべき」

「私がどれだけ苦しい思いをしていたか、同じ気持ちになったらいい」

こんな気持ちだったかもしれません。

 

 

勝手に我慢をして、勝手に怒りを大きくして、勝手に断罪する。

それなのに決して離れようとしない。

 

相手に不満が大きいなら、いつも傷つけられるなら

離れるしかないですよね。

 

でも自分一人では何も出来ない

生きていることだけで毎日が不安でいっぱいだった私は

 

離れて一人になるなんて絶対に有り得ないと思っていました。

 

 

 

いつも両極端の選択肢を、行ったり来たりしていました。

両方は無理なのに、両方を欲しいと思っていました。

 

「この人は大嫌いだけど、理解してくれるし優しいし役に立つ」

「この人と別れたいけど、孤独は嫌」

「新しい挑戦は楽しそうだけど、失敗をするのは絶対に嫌」

「成長したいけど、面倒なことや難しいことは嫌」

 

こんなふうにただの気分屋のワガママな子どもなのですが

一つ一つのアクションを口に出さずにいられず

立派な理屈をつけて、強い気持ちをこめて宣言しながら

進んだり戻ったり、行ったり来たりするので

 

あんなに熱く語っていたのに?

あの言葉を信じたのに?

あの誓いは嘘?

あれだけ絶対と言い切った自分の言葉をすぐに覆すの?

 

こうやって周囲を振り回し混乱させました。

 

 

これだけ大騒ぎをしても

マグマのような感情を一気に放出させると

別人のように冷静に頭が回るようになります。

 

そして一連のひどい行動にもっともらしい理由づけをしたり

挽回するために、また物分かりのいい賢い態度をとったりするので

 

これだけ冷静に頭が回る人だから

あの一連のひどい行動は意図的に為されたものだ

「試し行為」だと思われてしまうんだと思います。

 

 

 

こんなふうに「試し行為」と言われる行為は

試すというより

自分勝手に振る舞いながらも

受け入れてほしい、受け入れてもらえるはず…という

人への甘えの意味がある行為だと思うんです。

 

 

私が
何故そんなことを繰り返してきたのかと思います。

 

 

今になって考えてみると 

自分という存在を子どもの頃からずっと無視されてきて
自分の本来の言動に反応してもらう経験が無かったからだと思います。

 

自分勝手な言動に人が反応してくれることで

「やっと存在を認められた」

と思っていたのかも知れません。

 

 


普通の子どもは
自分の言動に対して

 

「そうねそうね」
「そうしちゃったのね」
「こわかったね」
「できたね」

 

などなど
とにかく沢山の反応をしてもらって育ちます。

 


おもちゃが欲しくて
床でジタバタしたり
泣いてそこから動かなかったりして

 

自分のワガママが通ったり通らなかったりして
状況が変わる経験をしています。

 

そうやって

養育過程で自分の存在価値を認められます。

 

一方

ボーダーは

子どもの頃にそれが全く得られなかったはずです。

 

そして大人になって
それをやっているつもりで
恐ろしい行動になってしまうんだと思います。

 


ボーダーは
自分の本当の気持ちを理解できるようになること

言葉で表現できるようになること

一人で居られるようになること

 

これが出来るようにならないと

試し行為と言われる行為は治らないと私は思います。

 

 

 

 関連記事

 

  

www.lilcafe-colony.com

 

 

www.lilcafe-colony.com