逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ASD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

白黒思考をやめる方法

直感的に物事をとらえることが得意なあなた。

 


自分にとって良い選択が早く出来て
行動力があって色んなことを実現させるのが早くて
思い悩まないポジティブ思考

 

こんな長所を持っているはずです。

 

 

 

でも実は

 

直感的に物事をとらえるだけで生きようとすると
いずれ心に問題が起きるかも知れないんです。

 

 

 

それはなぜか

 


直感的に物事をとらえると
「白黒思考」になりやすいからなんです。

 

 

 

白黒思考は
脳が疲労している時にだけ起きるわけではありません。

 

すべてを直感的にとらえる癖がある人にも起きやすいんです。

 

 

 

 

 

そんな白黒思考は
どんな問題を引き起こすか例を挙げていきます。

 

 

 

まず
偏見を持ちやすくなってしまいます。

 


偏見を表に出すかどうかは別として
心の中で偏見を持つようになってしまうんです。

 


そのものをじっくりと詳細に知ろうとせず

様々な角度から見ようとせず

わからないまま置いておくことも出来ず


白!黒!と決めつけてしまうことから偏見は生まれます。

 


できれば偏見は持ちたくないですよね。

 

偏見を持っていれば人に疎まれますし
自分で自分のことも好きになれませんね。

 

 

 


いつも白黒どちらかに激しく揺れ動くことになります。

 


これは正しい!いや間違ってる!

 

これは白だ!いや黒だ!

 


グレーが無いので


どちらかがちょっと優勢になる度に

どちらかに寄らなければなりません。

 


そのせいで

 

いつも感情は強く揺れ動き
情緒不安定になり、心は疲れやすくなります。

 


いつも言っていること、主張がコロコロと変わってしまって
人を振り回してしまいます。
人から信用されなくなってしまいます。

 

 

 


人と深い関係性が築けなくなります。

 


白黒思考でいつも激しく揺れ動く人は

 

人の評価も激しく揺れ動きます。

 


良いところを見たら良い人だ
悪いところを見たら悪い人だ

 

成功したら優秀な人だ
失敗したら無能な人だ

 

上手くいっていれば大好き
いざこざが起きれば大嫌い

 


こんなふうに人の評価が揺れ動けば
人と長く安定した関係を築くのは難しくなりますね。

 

 

 


自分の力を発揮することも
自分のことをコントロールすることもできなくなります。

 


自分を力を発揮する
自分のことをコントロールするためには

 

自分のことをよく理解する必要がありますよね。

 


それなのに
さきほど言ったように

 

人の評価が揺れ動くように自分の評価も揺れ動いてしまうので
自分のことが分かりません。

 


自分の評価が
ジェットコースターのように上がり下がりをし

 

それによって
気分が上がり下がりをし

 

パフォーマンスも上がり下がりをします。

 


どこをどう伸ばせば良いか
どう頑張ったら良いか
どうやったら気力を保てるのか

 

なにもかもわかりません。

 

 

 

どうでしょうか。

 

白黒思考では心の健康を保つのは難しいですよね。

 

 

 

この白黒思考が

どんなふうにして起きるかを例え話で説明してみます。

 

  


ちょっと想像してみてください。

 


あなたは初めての試合で負けました。

 


0勝1敗です。

 

 

 

なんだかすべての自信がなくなり

 

次からも勝てないんじゃ無いか
負けばかり続くんじゃ無いかと

 

不安になってしまいますね。

 


もうこの競技自体向いていないんじゃないか、能力が無いと
やめたくなってしまいますね。

 

 

 

では

 

これまでの戦歴が

 

40勝3敗という経歴のあなたが

 

44試合めで負けたらどうでしょうか。

 

 

 

負けに慣れていないのでショックですね。

 


でも
これまでの経験で

 

体調によって
運によって
一瞬の判断によって・・・

 

力だけでなく
勝つときもあれば負けるときもあると知っています。

 

 

 

これまでの試合で

 

素晴らしい試合をした時
余裕で勝った時などがあって

 

自分の力があることを思い出せます。

 

 

 

だから1度の負けで
自分の能力が無いとは判断しないはずです。

 

 

 

 

 

もうひとつ

 


あなたは初めてのレストランに食事に行きました。

 

何だかあまり美味しくありません。

 


あぁこのレストランは美味しくない

 

そう思って2度と行かなくなるかもしれませんね。

 

 

 


では

 

行きつけのレストランで

 

普段頼まないメニューを頼んでみました。

 

何だかあまり美味しくありません。

 


でもこれまで何度も通っていて

 

いつ来ても
どのメニューもすべて美味しかった。

 


だから
一つのメニューだけ美味しくないとしても

 

美味しいレストランという評価は変わらないですよね。

 

もう2度と来ないなんて思わないですよね。

 

 

 

白黒思考の人は

 


いつも一戦目のように

 

いつも初めて行くレストランのように

 

全てをとらえてしまうから

白黒思考になってしまうんですね。

 

 

 

ではもうおわかりですね。

 


白黒思考を防ぐには?

 


ここでは

 

それまでの試合を思い返すこと
それまで通っていたことを思い返すことですね。

 

 

 

目の前で起きたことだけでなく

 

これまで起きたことを思い返す

 

それ以外の面が沢山あることを思い返す

 

自分が見ていない部分も沢山あることを想像することが必要です。

 

 

 

目の前で起きたこと

あなたが見たことは物事のほんの一部分です。

 

そのものを代表するものではないんですよね。

 


すぐに判断をしてしまう方が楽ですが

 

白黒思考では心の健康は保てません。

 

 

 

目の前で起きたことだけでは「わからない」

 

あるいは「今はこう感じる」としておいて

 

これまでのことをじっくりと思い返して

 


白黒に決めつけないようにしていきましょうね。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

www.lilcafe-colony.com

 

 

www.lilcafe-colony.com