逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ASD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

確かな自信は継続することによって得られる

何をやっても続かない。

 

途中まで比較的簡単に良い結果を出せるからこそ

すぐに飽きてしまう。

 

結果が出るまで待てないので

結果が出るまで時間がかかることは耐えられない。

 

 

こんな人は

潜在能力は高くても
きっと、それを生かしきれませんね。

 



短期的な報酬に飛びつきやすく
長期的な報酬を得るまで待てない。

 

だから
目の前の苦しいことなんて耐えられません。

 


準備期間や修行期間
そんなものが無くても
爆発的な熱意と短期間の努力で人生をなんとかする。

 

無意識にこんな信念を持っているあなた。

 

もしかしたら

「自分に自信が持てない」という悩みを持っていませんか?

 

 

あなたは
短期的には熱意を持って猛烈に努力ができるので

ある程度は結果を残せますよね。

でも熱意が消えて燃え尽きたら、結果もある程度出ているからと

そこでやめてしまう。

 

結果がある程度出ているのだから問題は無さそうです。

 

 

ところがこれでは

どんどん自信が無くなっていくんです。

 

 

最後まで続けられない自分を軽蔑したり見損なったり

全力を出し切っていないせいで不全感や欲求不満がある。

いつもこんな気持ちばかりで自信が持てるわけがないですね。

 

 

 

ある程度の結果ではなく、大きな結果を残すため

あるいはずっと先の大きな目標を達成するには

長い助走期間が必要です。

 

 

長い助走期間に耐えられないせいで

大きな結果を残せない

先の大きな目標なんて無理だとすぐに諦める

 

こうしてまた自信が無くなっていきます。

 

 

 

自分の人格を成熟させる

人との関係を深めていくなど

人間に関わる事は、ずっと助走期間のようなものです。

 

継続して努力を続けられないため

いつまでたっても人格が成熟しない

人との関係が続かない、深まらない 

自分の人間性に自信が無くなっていってしまいます。

 

 

長く続けること

結果を出すまで助走期間を持つことが出来れば

今よりもずっと自分に自信を持てそうですね。

 

 

でも自分は続けられない!なんて思いますか?

 

大丈夫です。

条件を揃えれば、そんなあなたもちゃんと続けられます。

 

その条件をいくつか挙げてみます。

  

・励ましてくれる人を持つ

・助走期間を細かく区切る

・助走期間に報酬を設定する

・助走期間のステップアップを見逃さない

 

 

 

助走期間を一人で走るのが皆さんキツイんですよね。

 

「頑張っている姿」を見てもらっているだけで
続けられることは多々あります。

 


頑張っているあなたに
「それぐらい当たり前」なんて言う人もいます。

 

こういう人の言葉は
助走期間には絶対に聞いてはいけません。

 

自分にもそんなふうに絶対言ってはいけません。

続かなくなってしまいますよ。

 

ちゃんと頑張りを見てくれている人がほしいですね。

 

 

 

また
大きな目標になると長い長い助走期間になります。

 

長い間、達成感は得られません。

ただ耐える期間になってしまいます。 

 

でも達成感は続ける上でとても重要ですから

なんとか作っていかなければなりません。

 


どうすればいいのかというと

 

大きな目標にたどり着くまで
途中の小さな目標を立ててクリアしていけばいいんです。

 

小さな目標をクリアしたという感覚が
助走を続ける力になります。

 

 

 

長い助走期間では
息切れをすることは何度もあります。

 

そんなときはご褒美を用意しましょう。

 

普段から何でも自由にしていると
ご褒美にならないので

 

あえて
これは我慢。
これはできたときのご褒美。

 

とすると
息切れをしたときに
やる気が戻ってきます。

 

 

 

最後に

 

小さな達成感を何度も持つことは
もちろん重要ですが

 

意外と忘れがちなのが

 

「進んでいる」という感覚を持ち続けること。

 


何度も何度も達成してきたけど
それを忘れてしまう。

今どこまで進んできたのかもう分からない。

 

そんな人は多いんです。

 


そうすると
自分が今
大きな目標までどれぐらい近づいたのか

今までの助走がどれぐらい実を結んだのかが分からないので

 


大きな目標達成の直前で急に諦めたり
イヤになったりすることもあり得ます。

 


どんな目標でも
スタート時の自分の状態をつねに思い返し

 

助走期間に何度も

 

こんな変化があった
できるようになった
と確認しなければいけません。

 

 

 

本当は

助走期間はただ苦しいものじゃありません。

 


人に励まされながら
一つ一つクリアして
途中で何度もご褒美を得て
どこまで進んだか振り返りながら確認して自分を誇りに思う。

 

こんなふうにしていけば

 

きっと
長い助走期間も楽しみながら大きな目標にたどり着けるはずです。

 

とにかく続けましょう。

 

これに勝る自分に自信をつける方法はないんですから。

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com