逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ASD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

人の言動を悪くとってしまう

本当のところはどうか分からないのに

いつも人の言葉や人の行動を悪く捉えて決めつけてしまう…

 

 

こんな癖はありませんか?

 

 

誤解によって悪い想像を膨らませて

どんどん人に対して腹が立ってきて

恨みつらみの感情が溜まっていて不機嫌になってしまう

 

 


それなのに

後になって誤解だと気づいて


大きくした怒りや溜まった感情の持っていきようがなくなって

誤解をしてしまった罪悪感の重さに苦しんで

激しく自己嫌悪に陥っていく…

 

 

こんなことありますよね。 

 

私もよくやってましたよ。

 

 

これって人にも自分にも全く良いことがないですよね。

 

早くやめたいですね。

 

 

 

何故こうしてしまうんでしょうか。

 

 

これまでの私の経験と

同じ悩みを持つクライエントの方の話を沢山聞いてきて

こうしてしまう理由がちゃんとあるんだとわかりました。

 

 


生まれつき感受性の高さや思考の仕方などが平均からずれている

傷ついた体験のせいで対人恐怖を抱えている

 

 

こんな問題を抱えていると

 

他人と感じ方や考えた方は自分と大きく違う可能性が高い

自分自身の問題で物事の捉え方をネガティブに歪めている可能性が高い

 

 

だから

 

自分の感覚で人のことを予測すると

人の言動を悪く捉えてしまうことになるんですね。

 

 

 

例えば

  

 

遠くの方から
あまり親しくない友人が歩いてきました。

 

その友人がこちらを見ていたので
あなたは挨拶をしようと手を上げました。

 

それなのに

プイッとよその方に行ってしまいました。

 

 


この時
あなたはどう思うでしょうか。

 

 

 

一瞬ショックを受けますよね。

 

 

あれ?無視されたのかな

見ないフリして避けられたのかな

 

こんな思いがよぎるかもしれません。

 

 

 

ショックを受けた後も

このことを悶々と考え続け、時間が経ってからも

 

 

「あの人はひどい!無視された!」


「私、何かをやってしまったのかもしれない」

 

「本当は私のことを嫌いだったのか」

 

 

こんなふうに

 

悪い想像であたかも事実のように決めつけているとしたら

人の言動を悪くとっていますよね。

 

 

 

 

そしてその後


本人に「見かけた」と話すこともせず
この一件だけで何となく友人を避けるようになり関係が悪くなっていく…

 

もしかしたら

こんな経験があるのではないでしょうか。

 

 

 

人の言動を悪く取らない人も

一瞬は同じような考えがよぎるかもしれません。

 

 


でもすぐに

 

「あぁあの距離だから気づいてなかったのかな」

 

「メイクやファッションが気に入らなくて会いたくない時あるよね」


「疲れてて知り合いに会いたくない日もあるよね」

 


と落ち着いて

自分に原因があるのとは別の可能性も考えられます。

 

  

 

 

もし後々までどこか気にかかったとしても

 


「こないだ見かけたけど
 違う方に行っちゃって声をかけられなくて残念だったよ」

 

と後日会った時に話すこともできます。

 

 

人の言動を悪くとったまま確信して事実の確認もしない

 

これが問題なんですね。

 

 

 

 

対人恐怖の人は

 

人が怖いので人をよく観察していて知り合いを見つけるのが早い

人に対して言葉ではなく態度で気持ちをあらわす
基本的に人のことが嫌で面倒で避けようとする

 

 

 

自分にこんな傾向があるので他人も同じだと思って

 

「相手も絶対に気づいていた」

「嫌な気持ちがあって避けた」


と決めつけてしまうんですね。

 

 

 

 

他にもあります。

 


人が自分に苦言を呈してきたら、攻撃されたと思ってしまいませんか?

 

 

 

人と関係が長くなると

助言や指摘、自己開示などで

自分が苦言と感じる言葉を受け取る機会は出てきますよね。

 

 

 

それに対して

 

「なんでこんなことを言うんだ!ひどい!」


と心の中で憤って

 

人にストレートに言う人は

思慮していないと心の中で軽蔑してはいないでしょうか。

 

 

これも私もそうでした。

 

 
 

自分自身が人に信頼感を持てていないので

 

人に対して

 

「好かれるために本音を隠して言葉を選ぶしかない」


「好かれるためには良い顔をするしかない」


「苦言は嫌いな人を攻撃するときだけ」


無意識にこう思っていたので

人のストレートな物言いや苦言を悪く捉えることしか出来ませんでした。

 

 

 

でも
人に信頼感を持っている人は違うんですよね。

 

 

 

相手に嫌われてしまうとしても
自分に誠実にいることを選択している

 

自分のことだけでなく、人のことも同時に考えているんですね。

 



勇気を持って伝え方を考えながら本音を話したり


長く関係を良好に保っていく為に不満を溜めずに伝えたり

 

明らかな間違いに気づいていない人の為に

わざわざ言いたくないことを言うこともあります。

 

 

このことが全く理解出来ていませんでした。

 

 

 

もちろん

 

そうは言ったって


「言われたくない、放っておいてほしい」

そう感じることはありますよね。

 

 


言われたくないと思うことはいいんです。

 

 

でも
苦言は攻撃だと決めつけてしまうと

 

実際はそうではないことは多々あるのに

誤解をして人を嫌いになっていく


親しくなりたい人と親しくなれなくなる

 

感じなくても良い怒りを感じてしまう…

 

 

とにかく自分が損ですよね。

 

 

 

 

このように
人の言動を悪くとってしまうとダメというのではなく

 

事実とは違っている可能性が高い上に

人を誤解して嫌って対人恐怖を強めて

日々怒りがいっぱいになって不機嫌になって…

 

自分自身がすごく損をしてしまうということを

よく知っておいてほしいんです。

 

 


人の言動を悪くとることは
絶対に改善していきたいですね。

 

 

 

 

では、どうしたら
人の言動を悪くとることをやめられるんでしょうか。

 


まずは

 

相手の言動で
「なんでこんなこと言うんだ!するんだ!」


と一瞬浮かぶところまではいいんです。

 

 

ここからどうしていくか考えてみましょう。

 

 

 


他の人も自分と同じような考え方をすると思っていませんか。

 


落ち着いてよく考えてみましょう。

 

 

ひどいことを言われた!された!と思った相手は
当たり前ですが、あなたとは全く違う人間です。

 


あなたとは
違う性質を持って生まれ

違う環境で育ち
違う経験を積み
違う人間関係を築いてきています。

 

 

だから
その言動をとる理由は
あなたと同じ理由からではない可能性が高いはずです。

 



「自分だったらこう考えてこうする」

  けれど

 「相手も同じように考えてそうしたかは分からない」

 

ということですよね。

  

 

 

私も

人も自分と同じように考えると思ってきたせいで

長らく人の言動を悪くとってきて人に怒りを抱えていました。

 

 

 

私はいつも気遣いをしすぎていました。

一方で、嫌いな人にだけしませんでした。

 


また、何かをやる時には必ず先に思考がありました。

 

 

だから
人もそうだと思っていたんです。

 

 


これが大きな間違いだったんですね。

 

 


気遣いをされないと


「自分のことを嫌っている」
「自分のことを軽んじている」

 

失礼なことをされたら


「あえて私に攻撃をしている」
「私のことをそう扱って良いと思ってこうしている」

 

 

こう憤慨していたんですが

 
実際はそうじゃないんですよね。

 

 

 


ただ現状に余裕がなくて気遣いができない人は沢山いる

 

私が過剰に気遣いしすぎるだけで
人はそこまで過剰に気遣いをする必要がないと思っている

 

考えるよりも先に

直感や気持ちに従って行動をする人も多い

 

人は私のように日常的に細かく面倒なことを考えていない

 

 

 

 

だから

 

気遣いをしないことは
私に対してマイナスのメッセージが含まれているわけではないんですね。

 

 

 

失礼だと私が感じたことも同様で

 

その人は

その時何も考えずに行動をしただけで

悪気なんて無いことが多いんですよね。

 

 

 

毎日

何故この人はこんなことを私にしてくるんだろう
こんなことを言うんだろうと

 

本当に嫌になっていたんですが

これがわかってから深い意味はないんだな…

と楽になりましたね。

 

 

 

 

人は自分とは違う

 

人の言動の理由はわからないし、悪意があるとは限らない

 

 

わたしはこれをいつも頭に入れて置くようにしています。

 

 

 

みなさんもこれが理解できたら

 

 

嫌なことをされて

一瞬「ひどい!」と思っても

 

 

「こんな悪気があるから許せない!」ではなく

 

 

「悪気がないかもしれないけど、自分はこうされたら嫌」

「誤解かもしれないから確認しよう」

 


というふうに

 

人の言動を悪くとることもなく

自分の気持ちを抑えることもないところに着地できるはずです。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

www.lilcafe-colony.com

 

 

www.lilcafe-colony.com