逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ASD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

人を愛する方法、愛される方法

人を愛したい。

 

人に愛されたい。

 


カウンセリングで
沢山の人の話を聞いてきて思うのは

 

人間不信の人も、人間嫌いに見える人も
人に関心がない人も
私のように孤独も必要としている人も

 

人を愛したいし、人に愛されたいという欲求はある。

 

だから苦しみが生まれるんだと思うんです。

 


人なんてどうでもいい
人と関わりなんて持ちたくない
愛されたいなんて思っていない

 

そんなふうに言っているあなたも

 

こころの奥底には

人を愛したい、人から愛されたい欲求があるはずです。

 

 

 

では

人を愛するには、人に愛されるには
どうしたらいいでしょうか。

 


人を愛したいと言って悩む人は

 

「自分より人を大事にできない」
「大事な気持ちを持ち続けられない」

 

好きだと思っても

 

自分ほど大事にできない
気分によって変わったり、他に目移りしてしまう

 


こんなふうに悩んでいるようです。

 


これは若い頃には、誰でも思うことですよね。

 


実は、これには理由があるんです。

 



「人は与えれば与えるほど、そのものが大事になる」

これで悩みの説明がついてしまいます。

 

 


思い出してみてください。


小さい頃、若い頃…最近のことでも

沢山の気力や体力や情熱を注いで、時間を費やしたことはありませんか。

 

そんな沢山のものを賭けたことには強い思い入れを持つはずです。

 

忘れられない、諦められない、執着してしまう…

そんな気持ちもあるのではないでしょうか。

 

 

 

何に対してもドライで強い思いを持てないと悩んでいる人は

ただ単に色んなことに気力や体力や情熱を注いでいない
時間を費やしていないからなんですね。

 

 

愛することも同様です。

 

猫や犬にご飯をあげて
ブラッシングをしてあげたり遊びにつきあってあげる。
かまってと寄ってきたら、一日中優しく声をかけてあげる。

 

自分が疲れていても、やりたいことがあっても

自分のことは後回しにしてそうやって世話をする。

 

自分の労力を費やして時間も費やす。
そうするとすごく大事になるんですね。

 

 

ペットとの付き合い方は人それぞれですから良い悪いは別として
ペットをあまり大事に思えない人は
最低限の世話だけしているからなんですね。

 

 

 

人を愛したければ


頻繁にその人のことを気にかける

(自分の興味関心のあることだけでなく、その人の全体を気にかける)


その人が困っていたら面倒でも難しくても必死に出来ることをやる


その人がつらい時には自分を置いてでも気持ちに寄りそう


多くの時間を一緒に共有して、自分の時間をその人につかう

 

 

そうやって
自分の気力体力、情熱を費やして時間を費やすと
自然と相手を大事に思えるようになるんです。

 

  

「これをやったら愛してくれるだろう」

「気が向かないと関わりたくない」

「自分のことを気にかけていてほしい」
「暇だからやってやろう」

 

 

どこかにこんな気持ちがある人は

外から見て与えていたとしても実は与えてないですから

 

 

いつまでたっても
人を愛することができないんですね。

 

 

 

さっきの話に戻ります。

 

若い頃は当たり前ですが
余裕がなくて自分のことばかりになりがちです。

 

自分に集中する時期ですよね。

 

 

だから
「与えれば与えるほど大事になる」のに与える機会が無いですから

 

「自分より人を大事にできない」
「大事な気持ちを持ち続けられない」のも当然です。

 


人を愛することが出来ないのは
そういう性格なのではなくて

 

「人に与えているように見えて実は求めていて与えていない」


あるいは、実際には与えていても


「自分の労力や時間を費やしている感覚が持てていない」だけです。

 


人に労力や時間を費やして、ちゃんとそれを実感すれば

 

人を愛することが出来るようになるんです。

 

 

 

逆に

人に愛されたいと言って悩む人は

 

「自分は愛される人間じゃない」
「性格が悪いから」
「魅力や能力がなど何も持っていないから」

 

と言います。

 


愛されたいから

 

人に気を遣いすぎたり
人の期待に応えたり
魅力をつけよう能力を高めようと必死に努力をしたりしているのに

なぜか愛されない。

 

 

これも先ほどと同じ理由があるんです。

 



「人は与えれば与えるほど、そのものが大事になる」

 

ということは


「与えてもらえば与えてもらうほど大事にされる」

 

 


人に対して

 

困っている時やつらい時につらいと言える

そして気にかけてもらう


お願いをして助けてもらう


気にかけてもらったり助けてもらったりしたら
申し訳ないと卑屈になるのではなく、感謝の気持ちを表す

 


そうやって
人に労力を費やしてもらい時間を費やしてもらうと
自然と相手に大事に思われるようになるんです。

 

 

でも
罪悪感を煽って助けを引き出したり

当たり前のように頼りすぎて迷惑をかけすぎたり

感謝の気持ちを持てなければ

 

相手は与えている気持ちにはならないので愛されません。

 

 


愛されない人は

 

人に迷惑をかけられない
自分のことは自分で
人に助けてもらいたくない

 

 

 

こんなふうに全く人に与えさせない人なんですね。

 

 

これじゃ
いつまでたっても人に愛されることが難しいですね。

 


人に愛されないのは
そういう性格だとか魅力や能力がないからではなくて

 


「人に与えさせない」


あるいは実際には与えられていても


「人に強いたり当たり前のことにしたりして
 与えていると思わせない」

 

こんな理由なんです。

 

 


人に労力や時間を費やしてもらって
ちゃんと感謝ができれば

 

人に愛されるようになるんです。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

www.lilcafe-colony.com

 

 

www.lilcafe-colony.com