逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ASD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

愛着障害の人が自分を責め続ける理由

愛着障害の人は
情緒不安定で怒りっぽいことに悩んでいませんか。

 


不安が高く
気分の上がり下がりが大きいのはもちろん

 

心の中で自分を責めたり、人を責めたりと忙しく
いつも怒りを抱えていませんか。

 

 

そんな自分自身のことを

 

「自分はいつもイライラしていて人のことを悪く思っている」

 

自分は性格が悪いなんて思っているんじゃないでしょうか。

 

 


でも、そうではありません。

 

 

自分を責めるから

情緒不安定で怒りっぽくなってしまってるんです。

 


そして

愛着障害ゆえに自分を責めてしまう理由があるんです。

 

 

 


愛着障害の人には、根底にとてつもない自責の念があるのですが


自分を責める時

自分のどこがどう悪いのか、ハッキリとは分かっていません。

 

 

 

愛着障害の人は
こんなふう自分を責めます

 


正しくないから
普通ではないから
人に指摘されたから…

 

 
事情もそこまでの経緯も無視して

外から見て判断して、行動の一部だけ見て…

 


自分が正しいと思うことや
実際に何が起きたのかも考えず
その場の状況や自分の特性なども思慮せずに

 

ただ全て自分が悪いと責めます。

 

 

 

例えば

 

心の中で悪いことを考えてしまった
感情的になってしまった
さぼってしまった、怠けてしまった
みんなと同じ事が出来なかった・・・

 

偉い人がこうした方が良いと言っていたことが出来ない
自分が好意を持っている人にダメ出しをされた・・・

 

 

 

こんなことは誰にでもよくあることですよね。

 

 

さぼるのも怠けるのも、人と違うことをやるのも
その人のペースや選択で、自由なことですよね。

 

 

人によって能力差や個性があるので
偉い人や好意を持っている人の言っていることが

正しいとは限りませんよね。

 

 

 

それなのに

本当は自分の自由なことで、自分が悪くないことでも


「自分は正しくない」
「自分は十分じゃない」
「自分は普通のことができない」

 


こうやって自分を責め続けます。

 

 



一つの行動だけでは判断ができないことは沢山ありますよね。

 

 


ちょっと考えてみてください。

 

 

あなたは

なかなか仕事を覚えず、周囲に迷惑をかけてしまう人と関わっています。


みんなは嫌な顔をしたり無視をしたりするだけで放置しています。

 

だからあなたは上司でも教育係でもないけれど

きっと変わるだろうと信じて何度も我慢して許してきて、注意を重ねてきた。

 

それでも同じことを繰り返されて、さらに憮然とした態度をとられた。


とうとう感情的に怒ってしまった。

 

 


どうでしょうか。

 

感情的になることは正しくないのかもしれません。

 

でも私は、よくこの人は我慢したなと思います。

誰だって怒りたくもなる状況だと思います。

 

 

 

これを愛着障害はこのことを


「感情的になるなんて絶対にいけない」

 

行動の一部だけを見て、自分を責めます。

 

 

 

愛着障害の人は

 

相手にも問題があっても

誰でも間違ってしまうことであっても


自分を許さずに責めるんです。

  

 

 


他にもあります。

 

相手の言い間違いや言い忘れ、相手の説明不足で
自分がミスをしてしまったとします。

 


あなたならどう思いますか。

 


私だったらまずは
「言った通りにやったから悪くない」
「ちゃんと説明してよ」

 

なんて気持ちがわき上がります。

 


そのあと
「でも自分も確認できたかもしれない」

 

など自分の反省点も見つけます。

 

 

 


愛着障害の人は
こんな場面でも自分だけを責めます。

 


「自分がおかしいと気づかなかったから」
「自分が質問をしなかったから悪い」

 


相手の方が悪い、あるいは両方が悪いときでも
自分だけが悪い部分を探し、責めます。

 

 

 

こうやって
自分を責め続けます。

 


これでは自信がつくわけがありませんよね。

 

いつも気分が悪いのは当然ですよね。

 

落ち着いてから「自分は悪くない」という気持ちが出てきて
後から人への怒りが湧いてきてしまいますよね。

 

 


理由無く自分を責め続けるから

 

いつも気分が悪くイライラしていて
人のことを悪く思うようになってしまうんですね。

 

 

 

自分を責め続けることで起きる問題は、これだけではありません。

 


愛着障害の人が
理由無く自分を責め続けるのは

 

自分の立場が弱いと感じる場面、あるいは

落ち着いて考えられるようになってからです。

 


悲しいことに
感情が高ぶっている時や、自分の立場が強い場面では
同じような形で人を責め続けてしまうんです。

 

 

 

正しくないから
普通ではないから
誰かが指摘してたから

 

あるいは

 

一つの行動だけを見て
事情もそこまでの経緯も無視して、外から見て判断して
良くない行動だ

 


実際に何が起きたのかも考えず
その場の状況やその人の特性なども思慮しない

 

 

これまで自分を責めてきたのと同じように

ただその人が悪いと責めてしまいます。

 

 

 

自分を責め続ける人が
感情敵になり、強い立場になると人を責め続ける人に変わってしまいます。

 

つらいですね。

 

 

 

この理由無く自分や人を責め続ける癖も
自分のせいでこうなったのではありません。

 

 

 

小さい頃から

 

自分が悪くない時にも

 

「お前が悪い」

 


きちんとした理由があって

止むを得なかった時にも全く聞いてもらえず

 

「言い訳するな」

 


心の中では色々なことを思い悩んで決断したのに
行動だけ見て決めつけられ

 

「その行動をしたということはそんな人間だ」

 


それまでに色々なことがあって試行錯誤して
その行動にたどりついたのに

 

「その行動は悪い行動だ」

 

 

 

こんなふうにずっと
理不尽に責められ続けてきたからなんです。

 


そうされているうちに
自分でも自分のことを責めるようになってしまったんですね。

 


悲しいですね。悔しいですね。

 


ですが
これからでいいんです。ちゃんと自分を見ていきませんか。

 


自分が悪くないところ
自分が出来てるところ
自分が頑張っているところ
自分が考えていること

 

自分も悪かったところ
自分も改善できるところ
自分もまだまだなところ・・・

 


全部全部しっかりと見ていきましょう。

 

 

 

もう理由無く自分を責め続けることはやめたいですね。

 

自分なりの理由を持って

 

自分を褒めて叱って認めてあげたいですね。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

www.lilcafe-colony.com

 

 

www.lilcafe-colony.com