逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ASD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

自分に言い聞かせるのをやめて自分をコントロールする

自分を動かそうとする時

 

必ず自分に言い聞かせてしまってはいませんか。

 


「正しいから我慢しろ」

 

「みんなと同じじゃなきゃダメだ」

 

「こういう決まりだ」

 

 

そうやってみなさん
自分の欲求と現実との折り合いを何とかつけようと
頑張ってきたんですよね。

 

 


でももし


これだけ頑張ってやってきた、自分に言い聞かせるという行為が

 

あなたの心の状態を悪くしていたとしたら

 

自分を動かすつもりが

余計に自分を動かしづらくしていたら

 

今すぐやめなければなりませんね。

 

 

 

ちょっと想像してみてください。

 


あなたは今
小学生に戻っています。

 

親に水泳教室に通うことを勧められます。

 

でもあなたはあまり通いたくありません。

 

 

そのとき

 

①言い聞かせられた場合

 


「泳げなかったら恥ずかしいよ」

 

「運動はしなきゃダメよ」

 

「絶対通った方がいいから通いなさい」

 


こんなふうに言われたら、どう思うでしょうか。

 

 


「なんで嫌なのにやらなきゃいけないんだ!」

 

「なんで自分の意見は聞いてくれないんだ!」

 

 

こんなふうに

余計に反抗したくなるんじゃないでしょうか。

 

 

 

②勧められたが選択の自由がある場合

 


「ピアノとか書道でもいいけど
 水泳の授業で上手に泳げたらかっこいいじゃない?」

 

「水泳教室の帰り道、パンケーキ屋さんあるから寄れるね」

 

「水泳教室の先生、すごい人だって!」

 

「嫌だったら他の習い事もいいね。何がいい?」

 


こう言われたらどう思いますか。

 

 

ちょっとだけ考えてみるかと、素直な気持ちが出てきませんか?

 

 

 

 

自分に言い聞かせるということは

自分の心の中で①と同じことが起きてしまうんです。

 

 

自分の欲求は子どもの心と同じです。

 

楽しいことをしたい

嫌なものは嫌

人にやらされたくない

ルールに従いたくない…

 

そんな子どもの心に言い聞かせて諭しても

うまくいくはずがありません。

 

 

その場では言うことを聞いたとしても

 

嫌々やらされることで楽しめず主体的になれない

心の中は不満がいっぱいで

 

決して良い結果にはならないし

続けることは難しくなるでしょうね。

 

 

 

 

諭され、無理矢理に欲求を押し込められれば

人間は反抗したくなります。

 


いつも自分に言い聞かせている人は

いつも反抗しているような状態なんです。

 

 

 

何故かいつも何かに反抗して腹をを立てていて

 

自分で自分に言い聞かせているのに

 

人が自分に言い聞かせてきているような気がして

環境が自分にそうさせているような気がしてしまいます。

 

 

 

いつも人に反抗して人の言葉を素直に聞くことが出来ません。

 

いつも人にやらされているような気がして

何でも嫌々義務を果たしているような取り組み方しかできません。

 

いつも自分は酷い環境に置かれ、絶対に変えられないような気がして

怒りを抱えながら耐え続けるしかできません。

 

 

 

こうして

 

自分に言い聞かせる人は

 

いつも人の言葉を聞かず、人や環境に怒りを抱える

 

自分のことを主体的に取り組まず、結果の責任も負えない

 

環境を変えるために考えたり動いたりする勇気も持てない

 

こうなっていってしまうんです。

 

 

 

自分をコントロールするために大事なのは

言い聞かせることじゃありません。

 


自分をコントロールしたいなら

 

「こんなこともあるよ」
「こうしたらこんな良いことがあるよ」
「良かったらどうかな」

 

ワガママな子どもの自分の心の機嫌を損ねずに

相談しながらやっていかなければいけません。

 

 

どんなに望む方向に自分を動かしたくても



「絶対ではない」

「違う道もある」
「嫌だったらやめよう」

 

ちゃんと自分に自由も与えてあげないといけません。

 

 

 

自分を思い通りにするためには
他の選択肢も自由もないのはしかたないだろう

 


そう思いますよね。

 


でも
だからといって無理に自分に言い聞かせても

 


いつも自分に反抗していて
いつも自分が嫌いで
いつも怒っていて人の言葉を聞かない人になってしまって

 

どうせ思うようには進めません。

 

 


余計に頑固になって動けなくなるだけです。

 

言い聞かせたら
余計に自分が動かなくなりますよ。

 

 

 

自分を思うようにコントロールしたいなら

 

自分の気持ちを大事にして
自分を自由にする。

 

これは本当に難しいことですが
自分をコントロールするために絶対に必要なことなんです。

 

 

 

だから
カウンセリングでは

 

「どうしたらいいか」ということは脇に置いて

 

「あなたはどんな気持ちなのか」を探していって

 

選択肢を探して
本当は誰にも何にも縛られていないことに
気づいてもらうんです。

 

 

 

自分に言い聞かせても
余計に自分は動かなくなる。

 


これを知って

 

言い聞かせたくなっても

 

どうせ動かないんだったらバカらしい。
言い聞かせるのはやめよう

 

と自分を苦しめることをやめていきましょう。

 

自分をコントロールできるようになっていきましょう。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

www.lilcafe-colony.com

 

 

www.lilcafe-colony.com