逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ASD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

ギフテッドは協調性が無いことに悩まなくていい

ギフテッドは協調性は無くてもいい。 

 

協調性の無い自分を責めているギフテッドに

私は伝えたいんです。

 

 

自己中心的であれ
はみ出し者でいろ

人と上手くやる必要はない…

 

こんなことを勧めてはいません。

 


自己中心的ではギフテッドらしさは発揮できませんし

ギフテッドはリーダーになってこそ生かされますし

ギフテッドは人が好きなはずですから。

 

 

 

私が伝えたいのは

 

世間一般で言われている

 

協調性の有無がとてもいいかげんであり

協調性が無いと言われても本当に協調性が無いわけではない


自分を責めたり、落ち込んだり必要なんてないということです。

 

 

 


世間一般で言われている協調性は

 

どんなに不思議なルールでも、疑問を持たずに従う

 

どんなに間違っていても、多数派に従う

 

どんなに自分が嫌でも、権力のある人にNOとは言わない

 

こんなことですよね。

 

 

私はずっと

協調性が無いといつも言われてきました。

 


でも私は
郷に入っては郷に従えだと痛いほど理解していたし

 

そのコミュニティにとって
より良いことは何かをいつも考えていて

自分の利益よりコミュニティの利益のために尽くしていました。

 

 

これでも

先ほど挙げた

世間一般の協調性を持たなかったせいで

協調性がないと非難されてきたんです。

 

 

 

私はいつもその場所で
最低限のルールを守ろうとしていました。

 


コミュニティ側は
「ここは自由です。

   選択の自由はちゃんと与える素晴らしいコミュニティです。」

 

表向きはこうなのに

 

いざ私が自由を行使すると


「みんな同じことをやってる」
「自由って言ったけど
   暗黙のルールが分からないのか。この馬鹿。」

 
必ずこんな空気になりました。

 

 

疑問を持たなくていい。
自分の行動のひとつひとつに責任を持たなくていい。

私には

こんなことが不思議で仕方ないんです。

 

 

また
ギフテッドの人は
きっと同じ思いだと思いますが

 

小さい小さいコミュニティでだけ
助け合ったりして同じ目標にむかって強く結束することに

抵抗があるんです。

 

 

小さいところで
助け合い同じ目標をもつところまではいいんです。

 

ただ

小さいコミュニティの隣のコミュニティは無視したり

他のコミュニティを敵視したりするような

結束の仕方に馴染めませんでした。

 

それで協調性が無いと疎まれるんです。

 

  

 

そんなことより
小さいところでも助け合って

 

さらに大きいところで助け合って

 

もっともっと大きいとこで助け合って

 

ひいては
人間みんなで助け合って同じ目標をもつ…

 

それでいいじゃないと思っていたんです。

 

 

ただ
もっと広い視点で協調性を持ちたいと思っていました。

 

 

だから

協調性が無いと散々言われてきたギフテッドの人

 

協調性がないって言われるのは

 

きちんと疑問を持てるということ
自分の行動に責任を持っていること
広い視点を持っていること

 

だから気にしちゃダメ

それでいいんです。

一般的な協調性は無くたっていいんです。

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com