逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ASD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

高機能型の境界性人格障害の原因⑤ー人の言葉を聞き入れないー


ちょっと想像をしてみてください。

 


自分が尊敬する人
あるいは
自分は敵わないと認める能力の高い人にこう言われます。

 

「それは違う。こうしたほうがいい」
「君はここを修正するべきだ」

 


少しは落ち込むかも知れませんが
助言をもらえたら有り難く感じるのではないでしょうか。

 


もし
「君はダメだ」
「全然努力不足だし、まだ未熟だ」

 

こんなふうにダメだしをされたとしても
最初はショックを受けたり腹を立てるかもしれませんが
言うとおりだと認め、奮起をするかもしれません。

 

 

 


次に
自分が尊敬できない人
あるいは
自分よりも明らかに未熟だと感じる人だけれど
コネや運の良さで地位や権力を持っている人に
先ほどと同じようにこう言われます。

 

「それは違う。こうしたほうがいい」
「君はここを修正するべきだ」

 

「君はダメだ」
「全然努力不足だし、まだ未熟だ」

 


どんな気持ちになりましたか?

 

 

「お前に言われたくない」
「自分はどうなんだ」
「上から言うな」
「実力も無いのに権力だけもってる癖に」

 

なんて腹を立てるのではないでしょうか。

 

腹が立って仕方がないのに
相手は地位や権力のある人間なので飲み込むしか無いなんて
相当なフラストレーションが溜まるのではないでしょうか。

 


こんなことが毎日続いたら・・・
きっと穏やかなあなたでも、凶暴になってしまいそうな気がしませんか。

 

 

 


高機能型の境界性人格障害の人は
いつもこんな思いを持っているせいで

 

人の言葉を一切聞き入れることが出来ずに
自分だけの感情が暴走し

 

不当な扱いをされていると怒りにとらわれ
強い怒りを表出したりします。

 

 

 

何故そんな思いを持つことになってしまうのでしょうか。

 

 

 

高機能型の境界性人格障害の人は
発達障害のせいで能力にデコボコがあって、人より秀でた部分があったり
愛着障害のせいで人間関係に敏感で人を観察することに長けていたりします。

 

このような特徴を持つと

人を尊敬できなかったり
人が未熟に見えやすいんです。

 

 

 

自分の得意なことだけで人の価値を計れば
いつも自分の方が上で、人を尊敬できるわけがありませんね。

 

自分を棚に上げて人を批判的に見れば
どこまでも酷く批判ができますね。

 

 

 

このような理由で
人を尊敬できず、人が未熟に見えてしまうのですが
本人がとても未熟なことも問題です。

 


能力にデコボコがあるので
ある部分では非常に未熟です。

 

人を観察し、分析して、問題に対してどう対処すれば良いか分かっていても
自分にその目を向けなければ、自分は未熟なままです。

 

 

 

ただでさえ
尊敬できない人に上から指摘され
怒りを抱えているところに

 

目立つ未熟さを笑われたり馬鹿にされたりして
さらに人への恨みを大きくします。

 


未熟さが目立っているのに人への批判だけは立派なので
自分のことは棚に上げて
人のことばかり批判する性格の悪い人だと思われてしまいます。

 

人間関係が上手くいくはずがありません。

 


こんなふうに
人を尊敬できないために人の言葉を聞き入れないだけでなく

 

さらに
人間不信によって、もっと人の言葉を聞き入れなくなってしまうんです。

 

 

 

人の言葉には
心の助けになるものが多くあります。

 

思い込みを無くしてくれたり
慰めてくれたり
リラックスをさせてくれたり
励ましてくれたり
助けになる情報を教えてくれたりなど

 

沢山のものを心に与えてくれます。

 


高機能型の境界性人格障害の人の心が荒れ果ててしまうのは
この「人の言葉を聞き入れない」ことが大部分の原因を占めると私は考えます。

 


まずは人の言葉が聞き入れられるよう
誰かと長く信頼関係を構築する経験が必要だと思っています。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com