逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ASD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

人並み外れた魅力を持つ人の心が幼い理由

過保護・過干渉な養育が
心の成長を阻んでしまうことはもうみなさんご存じかもしれません。

 

 

過保護・過干渉に育てられると

 

先回りして満たされる

自分で感じたり考えたりする前に指示される

部分的に肯定されすぎる

一時的に機嫌をとられすぎるなどが原因で

安心して自由に心を成長させていけなくなってしまいます。

 

 

例えば

このような悩みを抱えるようになります。

 

 

・自分自身で何かをやる力を身につけられなくなる。

 

・自分自身で考える力を身につけられなくなる。

 

・自分自身の気持ちで何かを強く求める気持ちを持つことが出来ない。

 

・自己愛が高くなり自分は正しいと思いすぎるようになる。

 

・感情のコントロールが出来ない

 

・人との距離が取れない。断れない。

  

 

 

親に言われたことや目上の人が命令したことをそのまま遂行するので
失敗は少なく、ある程度の結果を出してしまいます。

 

そのせいで
素晴らしい成長を遂げたと人から思われます。自分でもそう思います。

 

でも本当は心は育っていません。

 

 

 


大人として求められる能力にはどんなものがあるでしょうか。

 


・自分の意見を持つ

 

・自分で考えて動く

 

・自分の感情をコントロールする

 

・人と適切な距離をとりながらコミュニケーションをとる

 


まだまだありますが
主にこのようなことを求められますよね。

 

 

 

そうなんです。

 

社会に出て、他人との関わりを持つようになると
過保護・過干渉に育てられた人は
それまでと真逆のことを要求されることになるんです。

 

 

 

心が育っていないまま
いきなり外の世界に放り出されたら

 

それはそれは大きな衝撃を受けることでしょう。
どれだけの恐怖を覚えるでしょうか。
どうしたらいいかと混乱するのではないでしょうか。

 

上手くいっていたはずの人生が
急激に思うようにいかなくなり、耐えられない思いだと思います。

 


これが
過保護・過干渉に育てられた人の苦悩です。

 

 

 


ところが
特に親はそれほど過保護・過干渉では無かったという人の中にも
同じような苦悩を抱える人がいます。

 

 

 

それは例えば

 

容姿に恵まれた人

 

何らかの才能に恵まれた人

 

人を楽しませたり人に教えたり
人に与える能力に恵まれた人などです。

 

 

 

このような人の話を聞いて分かったのは
人並み外れた、何らかの魅力を持つと

 

周囲にいる人間が過保護になってしまうということです。

 

 

 


容姿に恵まれた人は

 

容姿に人の価値を置く人が周囲に集まり
自分のワガママを聞いてくれたり
世話を焼いてくれたり
機嫌をとってくれたりします。

 

まさに過保護な状態ですね。

 

 

 

何らかの才能に恵まれた人は

 

その才能に惚れ込んだ人やその人の名声が目当ての人が集まり
同じように過保護にされます。

 

 

 

人を楽しませたり、人に教えたりして
人に与える能力に恵まれた人は

 

その人と一緒に居たい、その人に好かれたいという人が集まり
同じように過保護にされます。

 

 

 

自分を求めてくる人ばかりに囲まれていれば
ずっと過保護にされているようなものになってしまいます。

 

普通は
お互いに必要としあう形で求められることはあっても
そこまで多くの人から一方的に求められることはありません。

 


このような特殊な環境に置かれていれば
自分のことを好きでも嫌いでもない人と出会い
そこから少しずつ距離を縮めていくという経験が出来ないままです。

 

自分を求めてこない人との関係作りが難しいので避けるようになります。

 

そして自分を求めてくれる人のみとの人間関係に終始し
過保護にされている状態が維持されてしまいます。

 

 

 

過保護にされた状態のままでいることの何がいけないか。

 

想像がつくでしょうか。

 


いつかは
親がいなくなってしまえば

親以外の人間と深い付き合いをしていかなければいけません。

 


魅力が目当てで集まった人は

魅力が薄れてきたら離れていってしまいます。
深い関係になるとその魅力だけでは一緒にいられなくなり離れていってしまいます。

いつかは
心を成長させて、人間関係を保てるようにならなければいけません。

 

 

その魅力が永久的なものであればいいのでしょうし
人と深い関係にならないのであればいいのでしょうね。

 

でもそれは難しいことですね。

 

 

人並み外れた魅力を持ち
つねに人から求められている人は

 

自分が過保護な状態に置かれているという自覚を早い段階で持たないと
年齢を重ねても
過保護に育てられた人の特徴を持ち続けてしまうかもしれません。

 

 

 

・自分自身で何かをやる力を身につけられなくなる。

 

・自分自身で考える力を身につけられなくなる。

 

・先回りして勝手に満たされてしまうので
 自分自身で強く求める気持ちを持つことが出来ない。

 

・自己愛が高くなり自分は正しいと思いすぎるようになる。

 

・感情のコントロールが出来ない

 

 


こんな悩みがある人は
過保護な状態から抜け出した人間関係で経験を積む必要があるのではないかと
私は考えています。

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com