逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ASD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

「何のために」「いつまで」耐えるのかを知るだけで心は安らかになる

毎日つらくて忍耐だけ

早く一日が過ぎ去ってほしいと願う

 

楽しみはなく何のために生きているかわからない

もう生きていたくない…

 

 

長い人生でドン底の時期に

こんなことだってありますよね。

 

 

 

そして頭の中に浮かぶのは

 


自分は何のために
こんな辛さを味わっているのか

 

いつになったらこの辛さは終わるのか…

 


こんなことじゃないでしょうか。

 

 

 


そうなんですよね。

 

「何のために」
「いつまで」

 

こんなにつらいことを

何のためにやっているのか、いつまで耐えればいいか分からないから

 

生きるのがつらくなるんですよね。

 

 


もちろん
辛い状況から抜け出すことが出来ればいいですが

そう簡単に抜け出すことは出来ませんよね。

 


そんな時に

思考を変えることによって生き延びてほしいんです。

 

 


それに
辛い状況から抜け出すためにも力が必要です。

 

 

「何のために」
「いつまで」

それが分からないまま耐え続けていたら

 

どんどん力を無くして
つらい状況から抜け出すことが出来なくなってしまいます。

 

 

つらい状況から抜け出せずにいる人は

「何のために」「いつまで」を知ることが大事なんです。

 

 

 


でもそれが分かったところで
状況が変わらなければ辛いままじゃないか

 

そう思いますよね。

 

 


じゃあ

ちょっと考えてみてください。

 

 



最近は筋トレをする人って珍しくないですね。

 

 

あんなに痛いことを
自主的に継続してやる…

 

冷静に考えると不思議ですよね。

 

 

 


何故そんなことをするかといえば

 

 

皆さんもご存知のように

 


健康維持のために筋肉が必要
筋肉がつくとスタイルが良くなると分かっている

 

筋肉をつけるためには
筋繊維を破壊して修復するので痛みが伴うことも知っている

 

望む筋肉量によって
トレーニング時間がどれだけ必要かだいたい分かっている

 

 


だからつらくても継続して筋トレをするんですよね。

 

 


これが 


「何のために」「いつまで」

分からないままで人にやらされることになったらどうでしょうか。

 

 


あの焼け付くような酷い痛みが
何の意味もない

 

毎日毎週
いつ終わるかも分からないまま継続させられたら

 

 

ただ拷問を受けている気持ちになって

つらくて怖くて仕方がないと思いませんか。

 

 

 


注射もそうですね。

 

血液検査のため
病気の予防や治療のためだと分かっていて

 

だいたい
どれくらいの頻度が必要か分かっているから耐えられる。

 

 


もし知らなかったら?

 

 


なんの意味もなく体に太い針を刺されて

何かを注入されたり、血を抜かれたり

 

何度も何度も毎月繰り返されたら

 

単なる拷問で恐怖でしかないですよね。

 

 

 


大げさな例えになりましたが

 

どれだけ
「何のために」「いつまで」


分かっていることが大事なのか伝わったでしょうか。

 

 


こんなふうに人生のつらさも

 

「何のために」「いつまで」が分からないから

 

とてつもない不安や恐怖、混乱、無力感に襲われ

拷問のように感じていることが多いんです。

 

 


何でもかんでも

自分の行動や自分に起きた事に

理由が無ければいけないなんてこともありませんが

 

 

辛いときほど

 

自分が何のために耐えているのか
いつまで耐えればどんな変化が望めるのかを分かっていなければ

 

力を無くしていってしまい
心の健康を保つのは難しくなってしまうんです。

 

 

私もつらい時ほど頭が回らなくなって

 

何も考えずにつらい場所にいるのが当たり前のようになって

つらいことも当たり前のように受け入れて

耐え続けるものだと思い込んでしまっていました。

 

これじゃ抜け出せないですよね。

 

 

自分は何の為につらいことをやってる?

 

「気力体力を回復するまでは動けない」

「ここを耐えて得るものを得たい」

「ここを通過しなければたどり着かない」

 

このつらいことはいつまで続く?

 

「気力体力が回復したら次の場所にいく」

「ここで得るものを得たらすぐに去る」

「一年だけ我慢すれば終わる」

 

 

辛い中でも少しでも余裕がある時

ちゃんと考えて

 

今自分が耐えている状況の意味をわかって期限をわかって

次にうつる場所の想像をして

 

拷問のような毎日を

自分にとって意味のある日々にしていきましょう。

 

必ずトンネルから抜け出して

幸せをつかみにいきましょう。

 

 

 

 

 

 

関連記事

  

 

www.lilcafe-colony.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com