逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ASD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

潜在的な対人恐怖症に悩まされていませんか

一見してコミュニケーション上手なあなたも
もしかしたら対人恐怖の悩みを抱えているのではないでしょうか。 

 

対人恐怖というと

無口でおとなしく人前が苦手というようなイメージが一般的かもしれません。

 

 

ところが

私がお会いしてきた方は

 

人前に出るリーダータイプ

上手に冗談を言って人を笑わせるタイプ

人付き合いがよく口数も多いタイプ

自分から人と距離をつめていくタイプ…など

 

これまでの対人恐怖症のイメージとは違うタイプだったんです。

 

 

 

とても上手に対人場面をこなしていて

人からも対人恐怖には見られない

 

自分でもあまり対人恐怖の自覚がない

 

 

でも実は

 

対人場面で強い不安や恐怖を感じていた

声の震えや動悸や赤面などの身体症状も出ていた

 

これを人に気づかれまいと必死に抑え込んでいることに気づいておらず

自覚なく日常的に大変な負担がかかってしまってるんです。

 

 

ですから

他の心理的ストレスや身体的ストレスがかかった時に

何らかの心のトラブルが起き、急に対人恐怖が表に出てきたりするんですね。

 

 

人と上手くやってきたという方

本当は対人恐怖を感じてはいませんか。

 

人間関係は少なくないものの

リラックスして人と時間を過ごしたことがほとんどない

人に心を開いて深く付き合ったことがほとんどない…ことはないですか。

 

 

もし当てはまるなら

ぜひ自分は対人恐怖があったんだと認めてみてください。

 

 

自分は本当は人が怖かったんだと認めることができると

心の負担は減り、対人恐怖を治していけるんです。

 

 

あなたが何となく人が怖いと思う時

その前に他の気持ちが湧き上がっていないでしょうか。


ちょっと思い浮かべてみてください。

 

 

「人に嫌われたくない」


「人に軽蔑されたくない」


「人に落胆されたくない」


「人に嘲笑されたくない」

 

 

人が怖いと思う時

こんな気持ちはありませんでしたか。

 

 

この気持ちを持つ人は、必ずある信念をもっているはずです。

 

 

「本当の自分を知られたらいけない」

 

 


なぜか

本当の自分を知られたら、嫌われ軽蔑され落胆され笑われ全てが終わる

というような強い確信を持ってしまってるんですね。

 

 

 

だから本当の自分を知られないように

 

素晴らしい自分を必死に演じ続ける
裏表の表の部分だけで人と接する
ダメな部分汚い部分など必死にを隠し続けるんです。

 

 


人が怖いのは
本当の自分を知られてしまうのが怖くて必死に隠しているからなんですね。

 

 

 

ここまで本当の自分を知られたくないと思うのは何故でしょうか。

 

 

それは過去に

本当の自分を知られることで良くないことが起きた

本当の自分を隠さざるを得ない経験があったからなんです。

 

 

 

例えば


機能不全の家庭で育ち
普通ではないトラブルが目の前で起こっているのに

家庭内で起こっていることを誰にも言えず隠さなければならなかった

 

勇気を出してそれを口に出した時

不快な顔をされた、取り合ってもらえなかった、状況がさらに悪くなった…

ということがあれば

 

もう自分の経験を話してはいけないと思うでしょう。

 

 


機能不全の家庭で育ち

自分らしくいれば酷く叱られ否定され

良い子を演じ期待に沿っている時だけ褒められ認められる

 

そうすれば
本当の自分を隠して偽って演じてしまうでしょう。

 

 

 

発達障害や愛着障害で

普通の人と離れた発想や言動があり

小さいころに散々否定され笑われ孤立させられてきた

 

そうすれば
自分の考えを隠そう、人に合わせて行動しようとし

本来の自分は決して出してはいけないと思うでしょう。

 

 


対人恐怖は本当の自分を隠してしまうことにあり

 

本当の自分を隠そうとするのは

その人自身にやましさがある訳じゃないんですね。

 

対人恐怖は

その人の人間性や努力不足で起こるものじゃないんです。

 

 


ですが
対人恐怖はそのままじゃいけません。

 

 


人生は対人場面の連続です。

 

その度に大きな苦痛を味わうことになります


人生を楽しもうにも楽しめません


仕事で才能を発揮しようにも
対人場面で緊張してしまい本領を発揮できません

 

自分を隠し続けるため人と深い関係が築けません


自分を隠したり偽ったりしているうちに
本当の自分が分からなくなってしまいます

 


どうでしょうか。

本当に沢山のものを失ってしまうんです。

 

 


じゃあ対人恐怖はどうやったら治せるんでしょうか。

 

 

ここまできたら分かるでしょうか。

 


「本当の自分を隠している」から対人恐怖になるのだから

 

「本当の自分を出す」ことが出来れば治りそうですよね。

 

 


だけど
本当の自分を出して傷つきたくないし

 

ずっと本当の自分を隠してきて本当の自分が分からない

 


とても難しいことですよね。

 

 


だから

秘密が守られ失敗しても何も失わない

カウンセリングでやることになるんですね。

 

 

もちろん
信頼のおける友人と出来るなら、それでも大丈夫です。

 

 

でも
今はみんな自分のことで精一杯で
じっくり話を聞いて一緒に考えてくれることも
ダメな部分をさらけ出して嫌わないでいてくれることも難しいですね。

 

 

治すためには

 

・本当の自分を出しても評価が変わらない経験をすること

 

・色んな局面で本当の自分を出して自分の多面性を知ること

 

・演技をせず、リラックスした本当の自分のままでも

   出来ることを増やしていくこと

 

こんなことが必要です。

 

 


カウンセリングでなくとも
運良くこのような経験を積むことができれば

対人恐怖は良くなっていくはずです。

 

 


対人恐怖の理由は
「本当の自分を隠さざるを得なかったから」です。

 

あなたのせいではないけれど

少しずつ本当の自分を出す時間を増やしていきましょう。

 

 

 

 

 

関連記事 

 

 

www.lilcafe-colony.com

 

 

www.lilcafe-colony.com