逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ASD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

大丈夫という人は大丈夫じゃない

「私はストレスなんてない」
「色々あるけどこの程度は大丈夫」

「もっと大変な人はいる」

 


いつもこんなふうに考えている人、いませんか。

  


こんなあなた。

大丈夫じゃないんですよ。

 

 

何だか自分は大丈夫な気がしている人は

 

ストレスが無いわけでも
強いから平気なわけでもありません。

 

 

実は「気づけない」「問題から目を背ける」

 

という問題を抱えているんです。

 

 


・いつも目の前のことに必死で
 自分が限界であることに気づかない

 

・つらいことを見ない、感じない心のクセがあって
 自分がつらいことに気づかない

 

・自分の気持ちより人の気持ちに焦点をあてる心のクセがあって
 自分が我慢を続けてしまっていることに気づけない

 

 

こうして自分は大丈夫なような気がするんですね。

 

でも実際は

 

いつも限界ギリギリで

人を優先して自分はボロボロで

なぜか苦しくて人生が楽しくない…

 

ちっとも大丈夫じゃないですね。

 

 

 
いつも大丈夫と言うあなたは

 

なんで自分は

 

「人とリラックスして楽しめないんだろう」

「こんな面白味のない人間なんだろう」

「人生が苦しいだけなんだろう」

 


ずっとこんなふうに悩んできたんじゃないでしょうか。

 

 

限界まで頑張って、我慢を重ねてきているのに

さらに自分を改善しようと努力を増やしてきたんじゃないでしょうか。

 


そしてまた、どんどん自分に負荷がかかっていきますね。

 

このままでは、いつか心が壊れてしまいますよ。

 

 


私は以前、そうやって心を壊してしまいました。

 


自分は強いから弱い人より頑張らねばと

 

自分がどんなに苦しくても人を優先させて

人に尽くして目の前のことを全力でやって

いつも限界ギリギリでした。

 


人のことを考えつづけて自分は大丈夫と言いつづけて

苦しくても笑顔を絶やさずにいました。

 

 

役に立つことしかできない

人と楽しむことのできない面白みのない自分はダメだと責め続けて
さらに自分を改善しようと努力をつづけました。

 


そして
自分が壊れていきました。

 

 

感情のコントロールが利かなくなって人を傷つけ

躁と鬱の状態を繰り返すようになり

依存症になり沢山の間違いを起こし、何もできない無駄な時間を過ごしていました。

 

 

 

元々

大丈夫だと言って踏ん張ってしまうような私たちは

 

人に迷惑をかけないように一人で責任を負おう

 

人が困っていたら、自分がつらくてもいいから助けたい

 

みんな事情があって人は責められないから、自分を責めよう

 


こんな考えがあって

とても責任感が強く、優しく、思慮深いはずです。

 

 

 
それなのに心を壊してしまうと

 

感情を爆発させたり
人に責任を押しつけたり
自分を守りすぎたり
無感情になったりして

 


「無責任な人間だ」
「自己中心的な人間だ」
「人の気持ちが分からない」
「面白味のない人間」

 

と責められるようになってしまうんですね。

 

 

さんざんですよね。

 


このままでいいんでしょうか。

 


私は

大丈夫だと踏ん張ってしまうような人こそ
愛されるべき人だと思っているんです。

 

 

だからその為には

もっとその持ち前の優しさを表現できるようにしていかなければなりません。

 

 


そのためにはどうしたらいいんでしょうか。

 



 「自分は大丈夫じゃないんだ」

 

認めるしかありません。

 

 


認めるのは怖いですね。

 

大丈夫じゃないと認めたら崩れてしまいそうな気がしますね。

 

大丈夫じゃない自分には価値が無くなって
誰も見向きもしなくなるんじゃないかと思いますね。

 

 


でも
あなたは大丈夫じゃなくていいんです。

 


最初から自分勝手で、無責任で、優しくない人は
「私は大丈夫じゃない!」と主張しても
嫌がられてしまうかもしれません。

 


でもあなたは

ずっと人のことを考えてきました。
一人で背負って一生懸命頑張ってきました。

 

そんなあなたが「大丈夫じゃない」と認めたら

 

きっと人はあたたかく迎え入れ、助けてくれるはずです。

 

 


あなたがやることは

 

これ以上頑張ることを増やしていくことじゃありません。

 

 

「自分は大丈夫じゃない」と認めて

 

勇気を出して人に助けてもらうこと

一人で頑張るのではなく一緒に頑張ること

一人で背負うのではなくみんなにも背負ってもらうことです。

 


あなたは大丈夫じゃなくたって大丈夫だということを

少しずつわかってほしいんです。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

www.lilcafe-colony.com

 

 

www.lilcafe-colony.com