逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ASD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

こころの澱があなたの人生をダメにしていく

感情のコントロールがきかない

自分が何もわからない

自分がどうしたいかわからない…

 

 

こんな悩みがある人は心の澱が溜まってしまっているんです。

 

 

 

澱(おり)とは
そこに沈んだかす、すっきりと吐き出されないで積もり溜まるものですね。

 

 


心の澱はなかなか気づきづらい。

 

私も知らず知らずに溜めてしまっていることがよくあります。

 

 

 

この目に見えない心の澱が
実は私たちに大きな悪影響をもたらしているんです。

 

 

 

心の澱を抱えていると

それだけそこに頭や心の働きを奪われてしまいます。

 

 

目の前のことを見て感じて集中したくても

そこに気を取られてしまうんです。

 

気がつくと心の方に気がいっているので

 

今起きていることを記憶しづらい

今起きていることに対して対処できない

今起きていることに集中できない…

 

 

 

楽しめない、感じられない 、考えられない、集中できないのは

心の澱のせいなんですね。

 

 

 

 

心の澱はいつも沈んでいてはくれません。


度々頭に浮かび上がってきては邪魔をしてきます。

 

 

 

知識を理解しようとしている時も

心の澱が急に浮かんできて気になり深く理解できません。

 

 

何かについて考えようとしている時も

心の澱が急な浮かんできて考えが中断してしまい深く考えられません。

 

 

落ち着いて集中して作業に取り組もうとしている時も

心の澱が浮かんできて気を取られ手が止まり作業が進みません。

 

 

そして心の澱が浮かんでくる度に

 

浮かんできた心の澱に大きく心を揺さぶられ

情緒不安定になります。

 

心の澱を沈める作業をすることに時間と労力を費やし

日常が全然うまくいきません。

 

 

心の澱は溜めてはいけませんね。

 

 

 

 

では

心の澱はどうして溜まっていくんでしょうか。

 

 

 

それは

自分を押し込める作業をした時に溜まっていくんです。

 

 

 

例えば

自分にとって嫌だったこと、許せないことを押し込める

 

 

「こんなことで怒るなんて小さい」

「考えても仕方ない」

「大したことじゃない」

 

 

やりたくない事、納得いってないことを押し込める

 

「正しいことなんだから」

「我慢すればいいんだ」

「自分が間違ってるんだから」

 

 

自分の中にある本当の気持ちを押し込める

 

「そんなことを考えてはいけない」

「そんな感情を持ってはいけない」

「それは汚らわしい」

 

 

こんなことをよくやっていませんか?

 

 

こうして毎日ぎゅうぎゅうに自分を押し込めることで

その度に澱が沢山溜まっていってしまうんです。

 

 

  

これだけ大変なことが自分自身に起きているなんて

気づきませんよね。


自分を押し込めながら毎日頑張って生活していたのに

せっせと心の澱を溜めていて

 

実は余計に上手くいかないようになっていたんですね。

 

 


では
どうしたら心の澱は無くせるのでしょうか。

 

 

 

沢山の作業がありますが
まずはすぐに出来ることから。

 

 


一日頑張ってきたら
一日をゆっくり振り返る時間を作りましょう。

 

 

お風呂にゆっくり入ったり
大好きな音楽を聴いて寝転がったり
ペットを撫でたりしながら

 

大いにリラックスして振り返ってみましょう。

 

 

その時は気づかず流してしまったけれど

 

本当はちょっと引っかかった場面
イヤな気持ちになった場面があるはずです。

 

 

その時あなたは

本当はどう考えてどう感じていたでしょうか。

 

正しくない、悪いことを考えてはいけない

弱い、ダメだと認めたくないとブレーキを踏まず

もっとちゃんとしろと叱らず

 

そう考えて感じて当然だと

しっかり味方になりながら気持ちを吐き出してください。

 

 

そして
そう考えて感じてもそれを出さずに無事に過ごした…

 

そんな自分を、良くやった、おつかれと十分に労いましょう。

 

 

なんでもかんでも

自分は良くやってる

自分は間違ってない…ではなく


事実を再確認しながらしっかりと味方になるという意識を忘れないで
やってみてください。

 


きっと
心の澱が少しづつ減っていって自分らしさが戻ってきます。

 

 

 

自分でやるのは難しい

コツコツやるのは面倒くさい

トラウマのような大きな澱が鎮座している

 

そんな人は専門家を頼って一気に心の澱を掃除してしまいましょう。

 

 

 

 

 

 

関連記事 

 

 

www.lilcafe-colony.com

 

 

www.lilcafe-colony.com