逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ASD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

愛着障害の人は言葉で伝えることができない

人から

「言ってくれなきゃわからない」

と言われてしまう。

 

 


言えたら苦労しない

見ればわかるでしょう

なんで察してくれないの

 


私もいつもそんなふうに思っては憤慨していました。

 

 

 

これは愛着障害の人は
みなさん経験があるのではないでしょうか。

 

 

 

愛着障害の人はつねに

 


人を察しようとしていませんか?

 

人の言葉の裏を読もうとしていませんか?

 

人は発した言葉とは違う意図があると考えていませんか?

 

 


そうやって
言葉をストレートに受け取らず


人をずっと注意して見ているから

人もそうして当然だと思ってしまうんですね。

 

 

 


これも養育過程で作られたものです。

 

 


愛着障害の人の親の多くは
本当の気持ちを言葉で表現しません。

 

 

 

「やってもいいわよ」

「でも失敗してもしらないけど」


嫌な顔をしながらいいます。

 

 

(そうか、やってもいいと言われても、賛成ではないんだ)

(言葉をそのまま受け取ってはいけない)

 


ストレートに言葉を受け取らず
言葉とは別にある本当の意図を探るようになります。

 

 

 

 

「○○ちゃん、良い子ね」

「今度ごはんに行きましょう」

 


そう言っていたのに
その人がいなくなった途端

 


「○○ちゃんは性格悪い。仲良くしちゃダメ」

「あの人は嫌い。本当に嫌な人なのよ」

 

 

(どんなに優しく良いことを言ってくれる人も、裏では悪く言っているかも)

(言葉を信用してはいけない)

 


ストレートに言葉を受け取らず
人は裏表があると思うようになり
言葉とは別の本心を探すようになります。

 

 

 

 

「大丈夫」

そう言いながらも辛そうな顔をします。

 

 

「本当はこんなに辛かった。こんなに我慢していた」

「あなたのせいでこうするしかなかった」

 


後になって全てをさらけ出され、罪悪感を持たされます。

 

 

(そうか、大丈夫と言っても安心してはいけないんだ)

(信じて迷惑をかけると後で自分の責任にされるんだ)

 

 

ストレートに言葉を受け取らず
人の心配を過剰にするようになり
頼らず迷惑をかけないようにするようになります。

 

 

 


どうでしょうか。


こんな経験がありませんか?

 

 


愛着障害の人の親が
言葉を誠実に使えなかったせいで

 

愛着障害の人は
人の言葉をストレートに受け取れなくなってしまったんです。

 

 


愛着障害の人の親が
陰口をひどく言う姿を見せられショックを受けたせいで

 

愛着障害の人は
誰にも本音を話せなくなってしまったんです。

 

 


愛着障害の人の親が
都合の悪いことはすべて子どものせいにしたせいで

 

愛着障害の人は
誰にも頼れず不満も弱音も言えなくなってしまったんです。

 

 


これでは

 

自分の弱音や困ったこと、人に対する不満などの本音を
人に伝えることが出来なくなってしまいますよね。

 

 

 

自分が人に言葉で伝えられないだけではありません。

 

 

人に言葉で聞いて確認せずに


人の何となく発した言葉や態度だけの情報で
自分で考えて人の意図を推し量ろうとします。

 

 

人が何を望んでいるのか
人がどんな気持ちなのか

 

直接聞こうとはしません。

 

 

 

人を思い遣ってはいるのですが


すべて独りよがりな自分の想像だけで

 

この人はこれを望んでいる
この人はこんな気持ちだ・・・と決めつけてしまいます。

 

 

 

察することも あまりに度が過ぎると

 

思いやりではなく
妄想的で決めつけでワンマンになってしまいます。

 

 

 

 

愛着障害の人は

言葉で伝え合う方法を学ぶことが出来ませんでした。

 

 


そのせいで言葉をストレートに受け取れず
自分の思っていることを言葉に出来ず
人の思いを聞くことが出来ず推し量って勝手に決めてしまうんです。

 

 

 

これでは

人とまっすぐなコミュニケーションはとれませんね。

 


信じたくても疑ってしまいますね。

 

 

愛着障害の人が人間関係に難しさを感じるのは当然で

人格とは関係がないと分かってもらえたでしょうか。

 

 

残念ですが

言葉で伝え合う方法を学べずに

間違った方法を刷り込まれてきてしまったせいで

 

人を信じられず

真っ直ぐに言葉でコミュニケーションをとれなくなってしまったんですね。

 

 

 


また

言葉で伝えられない人は
同じように言葉で伝えられない人を引き寄せます。

 


親と同じような人と関わり続けるので
いつまでも真っ直ぐに言葉で伝えあうことを学べないままです。

 

 

 


刷り込まれた癖を無くし
新たに言葉で伝え合うことを学ぶにはどうしたらいいでしょうか。

 


ぜひ考えてみてください。

 

 

 

私が今分かるやり方は


カウンセリングなどで
ストレートな言葉で伝え合う練習をしていくこと


真っ直ぐな言葉を伝え続けてくれる信頼できる人と出会い
その人から学んでいくこと

 

 

 

間違った教えを塗り替えるぐらい

正しいコミュニケーションを繰り返さなければいけません。

 

 


言葉を伝えられない者同士では
どんなに努力を重ねても改善は難しいと私は思うんです。

 

 

だから
今ある人間関係だけで言葉で伝え合うことは学ぶことは難しい。

 

 

愛着障害の行きづらさから脱するため
言葉で伝え合う技術を身につけたいと言う人は

 


勇気は要りますが

 

今まで親しくしてきた人とは違うタイプの、新たな人との出会い

言葉で伝え合うことを教えてくれる人との出会いを是非考えてみてくださいね。

 

 

 

 

関連記事

 

www.lilcafe-colony.com

 

www.lilcafe-colony.com