逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ASD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

愛着障害の人が正しいことにこだわる理由


正しいことにこだわる人は

 


間違えることが少なく
常識から逸脱がなく
迷惑をかけることが少ない・・・

 

一見して
そんなに問題は無いように思われるのではないでしょうか。

 


そうですよね。

 

間違えないから安心できる
自分のことは自分でやってくれる
常識から逸脱しないから驚かされない

 

距離のある人間関係ではとても楽な人と言えます。

 

 

 

ところが距離が近くなってくると
このような人は問題が起きてくるんです。

 


例えば

 

先生と生徒、上司と部下、先輩と後輩、親子
亭主関白や鬼嫁のような片方に力が偏る夫婦関係のように

 

上下関係があり
正しいことにこだわる人が上の立場だった場合

 

正しいことにこだわるという長所が問題に変わってしまいます。

 


自分がやってきた事を下の立場の人に強いてしまうからです。

 


先ほど言ったように

 

間違えることが少なく
常識から逸脱がなく
迷惑をかけることが少ない・・・

 


これは正しいことにこだわって頑張ってきて
身につけたものです。

 

人から叱られることも指摘されることも馬鹿にされることも少なく
優秀だと言われてきた。

 

これが間違いであるはずがないと思いますよね。

 


だから下の立場の人に対しても

 

間違えるな
常識から逸脱するな
迷惑をかけるな

 

という強い関わりをしてしまうんですね。

 

 

 

このような関わりは
どちらも苦しいのではないでしょうか。

 

これが酷くなるとハラスメント、いじめ、虐待に繋がってしまいますね。

 

 

 

他にも近い関係で問題が起きてきます。

 

例えば
親友、恋人、夫婦、友達のように関係が近い親子のように

 

過ごす時間が長くなり、濃密な時間を過ごすようになると
問題が起きてきます。

 

 

 

正しさだけを基準に生きてきた人は

 

自分が無い、自分が分からないという悩みを抱えてしまいます。

 

 

 

例えば
自分の好き、嫌いが分からない。

 


自分の好きなものが世間的に良しとされない
自分の好きなものが何かの役に立たない・・・

 

そう考えて
好きなものを好きと思えなくなったり

 


自分の嫌いなものが世間的に高評価されている
何かを嫌うことは良くない。全て否定してはいけない・・・

 

そう考えて
嫌いなものを嫌いと思えなくなったりします。

 

 

 

また

 

自分の湧き上がる気持ちが分からない。

 


人に酷い扱いをされたり失礼な態度をとられたりして
人に対して悪い感情が湧き上がったとしても

 

人に悪い感情を持ってはいけない
人に寛容でなければならない・・・

 

そうやって自分の気持ちを抑え込みます。

 


ショックを受けて落ち込んで
悲しい気持ちが湧き上がったとしても

 

落ち込んでいて対処を考えないのは賢くない
自分の気持ちばかりで人のことを考えないのは思慮深くない・・・

 

そうやって自分の気持ちを抑え込みます。

 


上手くいったことや
ささいなことで喜んで嬉しくなったりしても

 

小さな事で喜ぶなんて幼稚だ
良いことばかり考えて調子にのるのはよくない・・・

 

そうやって自分の気持ちを抑え込みます。

 


このように
とことん自分の気持ちを否定して抑え込んで
自分のことが分からなくなってしまうんですね。

 

 

 

自分のことが分からないだけではありません。

 

正しさにこだわる人は
自分を肯定できません。

 


子ども時代は失敗を沢山するものです。

 

人間である以上失敗はしますし
未熟な時期ですからもっと失敗は多くて当然です。

 

正しくない考えを持ったり
正しくない行動をしたりするのは自然なことですよね。

 


それなのに
正しいことにこだわっているので
子ども時代にした沢山の失敗を「自分は正しくない人間だった」と断罪します。

 


自分のことを肯定なんて出来るわけがありません。

 

 

 

このような問題を抱える正しいことにこだわる人は
近い人間関係でどんな問題が起きるでしょうか。

 

「自分が無い、自分のことがわからない」

 

人に振り回され、人の期待に応え
日々我慢を溜め込んで、人への怒りを抱えるようになるでしょう。

 

 

 

「自分の気持ちがわからない」

 

毎日、楽しい嬉しいといった感情が感じられなくなり
生きることに意味が感じられなくなってしまうでしょう。

 

そんなふうに自分の感情を感じられない人は
人間らしさが感じられず、人から嫌われたり疎まれたりしてしまうでしょう。

 

 

 

「自分のことが肯定できない」

 

自分のことを批判しジャッジする、否定する。
これは人にも同じようにしてしまいます。

 

近い人にもそうしてしまい
近い人を傷つけ自信を無くさせ、萎縮させてしまうでしょう。

 

 

 

このような傾向が強くなると
強迫性人格障害を発症することになってしまいます。

 


どうでしょうか。

 

正しいことにこだわることは
大変な問題があることがわかってもらえたでしょうか。

 

 

 

さて

 

ですが、どうしてこんなふうに
正しいことにこだわるようになってしまったのだと思いますか。

 

 

 

もうお分かりですよね。
これもまた養育の問題なんです。

 

とても厳しいしつけで育った人は
正しいことにこだわるようになってしまいます。

 

 

 

子どもは
ある程度のしつけはあっても
尊重されていることを感じながら
自由にふるまうようになります。

 

そして
自分勝手に行動し、自分の感情を感じ表現するようになります。

 

それでも
子どもはこのまま、奔放な大人になるわけではありませんね。

 


日常生活で
家族みんなが子ども中心で全てを考えていたら
生活は立ちゆかなくなってしまいます。

 


両親の仕事
両親の気持ち
兄弟の都合
兄弟の気持ち
日常で起こる様々な問題
日常でやらなければいけないこと・・・

 


家族内で沢山のことが起こります。
やらなければならないことも沢山あります。

 

親が子どもをなるべく尊重したいと思っていても
全て叶えることは出来ません。

 


時と場合によって
他の人を優先させなければならないこともあるでしょう。

 

トラブルが起きれば
心苦しいけれど少し我慢させてしまうこともあるでしょう。

 

なるべく大事にしたいけれど親も余裕が無い時期があって
協力をお願いしなけばいけない時もあるでしょう。

 

なるべく嬉しい気持ち楽しい気持ちでいてほしいけれど
先を考えて少し我慢させることも必要でしょう。

 

 

 

こんなふうに
家族との日常生活で

 


とても大事にされているけれど
何でもかんでも自分の思い通りになるわけではない

 

自分の思い通りにしてほしいけれど
現実的に難しいことがある。
家族みんなも自分と同じような欲求を持っている・・・

 


ゆっくりと
自分でこれを知っていくんですね。

 


自分の望みと他人の望み、日常という現実、その場のルール
いくつかの矛盾するもののバランスをとれるようになって
成長していくんですね。

 


自分の気持ちも大事にしながら
自分の気持ち以外のことも大事であることを学び

 

学校生活、社会に出て
人と共存していくために

 

その場で最低限のルールを守りながらも
自分の気持ちも大事にしながら自分のバランスをとっていけるようになります。

 

 

 

このようなことを学ぶことが出来ないのが
厳しいしつけで育った人です。

 


とにかく
子どもらしい
自由なふるまいや自由な感情表現
自分勝手で間違いだらけな行動

 

成長過程で必要なことを全て否定されてしまいます。

 


気持ちよりも正しい行動をとること
学歴など、外から見えるものを高めていくこと
世間一般の正しさに従うこと
ルールを絶対に逸脱しないこと
親という絶対的な存在の言うことを聞くこと・・・

 

こんなことしか学べず

 

自分の感情を無くし
正しいことにこだわることしか出来なくなってしまうんですね。

 

 

 

正しいことにこだわるようになってしまったのは
自分のせいではありません。

 

ですが
嘆いていても残念ですが変わりません。

 

今から自分で自分を育てていきましょう。

 


正しさにこだわることより

 

まずは
自分の気持ちを沢山探していきましょう。

 

そこからゆっくりと
自分の気持ちと
他人の気持ちや他人の事情、日常という現実、その場のルールの
折り合いとつけていきましょうね。

 

 

 

 

関連記事

 

 

www.lilcafe-colony.com

 

 

www.lilcafe-colony.com