逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ASD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

自分に起きていることがどこか他人事のように感じる理由

愛着障害を持つ人は
自分に起きていることをそのまま見ることが難しいんです。

 

自分に起きている理不尽なことに対して
理不尽だと感じたり、自分の感情を感じることができません。

 


これに最初に気づいたのは

 

ほとんどのクライエントさんが
どんな酷い出来事も他人事のように軽い雰囲気で語り
怒りのような負の感情を全く持てないことがわかった時です。

 


私は虐待をされた親に対して
早い時期に
怒りや恨みを持ち、見切っていました。

 

一方で
同じように酷いことを親にされ続けてきたクライエントさんは
虐待のような出来事をしつけなのだ、仕方が無いと、親を擁護しました。

 


これは血縁の有無では説明がつかないと思うんです。

 


この理由が
クライエントさんの長い親子の歴史を聞いてきて
今現在の親御さんの態度や親御さんとの関係を聞いてきて見えてきました。

 


クライエントさんは
親子関係で起きてきた出来事全部を
「親が見たいような現実」にして捉えているということです。

 


例えば

 

幼少期の2,3年に虐待と言ってもいいレベルの厳しいしつけがあった。
その時、親自身が余裕がない時期だった。
その後は一切そんなことはなく、どちらかといえば優しい親である。

 


「幼少期に自分がやんちゃで酷かったからしつけでされただけ。
 ほとんどずっと優しい親だし、今も自分に優しいから虐待ではない。
 思い出してはいけない。無かったことにして忘れよう」

 

子どもはこう考えます。

 


元々それほど悪い人間では無く、どちらかというと憎めない親。

 

でも
そんな親が精神的に余裕が無い時期に
感情的に発散するために子どもに虐待のような関わり方をした。

 

これを忘れたい、認めたくない、罪悪感に耐えられない
そんな親がどうするか分かるでしょうか。

 


罪滅ぼしのように子どもに優しくします。
まるで何も無かったかのように親しげに接します。
ニュースで虐待の事が流れれば「ひどい」と平気で言います。

 


ずっと優しくしてくれている親が無かったことにしている。
ずっと仲良しの親が無かったことにしているんだから事を荒立てるのはおかしい。
親が忘れているのだから、自分が感じたことは大げさで
本当は大したことはなかったのかもしれない…

 


こんなふうに

親が見たい現実
「何も無かった」「自分は虐待なんかしていない」
「自分は優しく良い親で仲の良い親子」

 

それを見させられているんです。

 

 

 


子ども時代はずっと、感情的に言葉をぶつけられたり
馬鹿にされたり、自分の意思は全否定されていた。
今は、良い仕事につき上手くやっている自分をすごく褒めてくれ
自分の意思を尊重してくれ、味方で居てくれる。

 


「子ども時代は自分が浅はかだっただけ。自分のために考えてくれていた
 親のしつけのお陰で今の自分は上手くいっている」

 

子どもはこう考えます。

 


社会的に尊敬出来る親。正しいことをきっちりと守る親。

 

でも
その時の感情で子どもに当たって理不尽な言い方をした。
子どものためと言いながらしつけは自分の体裁のためだった。

 


これを認めたくない、自分の感情的で幼稚な部分は無いことにしたい。
そんな親がどうするか分かるでしょうか。

 


大きくなって成功した子どもを褒めちぎります。
どれだけ子どもを想ってきたか、しつけが大変だったかを語り、恩を着せます。
子どもが何か上手くいく度に自分の子育ては間違っていなかったと言います。

 


今これだけ上手くいっているのは親のおかげ。
こんなに喜んでくれるのだから愛されている。
自分は必死に頑張ってきたけれど、親の力なのかも知れない。
自分は親の関わり方に苦しんできたけど
親はちゃんと自分のことを考えて育ててくれた…

 


こんなふうに

親が見たい現実
「子どもの成功は親の教育が正しかったから」
「厳しいしつけは全て子どもへの愛」

 

それを見させられているんです。

 

 

 

 

身の回りの世話をやいてくれ、お金をかけてくれ
できる限りのことをしてくれた。
でも自分の気持ちや感情はずっと無視されていた。

 


「自分の気持ちはいつも無視されていたけれど、いつも親自身のことを置いて
 自分のことを優先して考えてくれた親。自分が不満を持つのはひどいことだ」

 

子どもはこう考えます。

 


もともと不器用で優しい親。
子どもの世話をやくことで自分の人生の責任を子どもに負わせていた。
感情を受け止める事ができないから、世話をやいた。

 

これを認めたくない、自分は完璧にやってきたと思いたい
そんな親がどうするか分かるでしょうか。

 


どれだけ時間やお金を子どもにつかったかを言い、恩を着せます。
自分の養育のおかげで上手くいったと感謝を求めます。
自己犠牲の人生だった自分を愛し続けるよう強います。

 


親は自分のために沢山の時間やお金をつかって自分を犠牲にした。
どんなに自分が嫌な思いや辛い思いをしてきたとしても
ここまでしてくれた親を嫌ってはいけないし
親に感謝が出来ないのは親不孝者…

 


こんなふうに

親が見たい現実
「自分は自己犠牲的に子どもに尽くす素晴らしい親だった」
「自分は子どもが望むことを全て叶えた」

 

それを見させられているんです。

 

 

 

クライエントさんは親子で起きたこと全て
親が見たい現実をずっと見させられているんです。

 

もうこれは洗脳と言ってもいいくらいです。

 


だから

 

無かったことには出来ない苦しい気持ち

 

愛情をもらえなかった寂しい気持ち

 

押しつけられただけで自分は嬉しくなかった気持ち

 

あなたの為と言われながら、そうじゃないと分かっていた悔しい気持ち

 

自分の気持ちを無視されて自分の人生を奪われたような気持ち・・・

 


そういう沢山の気持ちを押し込めながら
生きていかなければいけないんです。

 


心に問題が起きるのは当然です。

 

 

 

そして最初に言ったように

 

自分に起きていることを他人事のように感じてしまうのは

 

親だけで無く
目の前の人が見せたい現実を見るようになってしまったからです。

 


「ひどいことをされても、普段は優しいから良い人」

 

「ひどいことをされても、悪気はないから大したことは無い」

 

「おかしいと思うけど、私のためだと言ってくれているからそうなんだ」

 


そうやって

 

本当は何が起きているのか分からなくなり

自分の怒りや悔しさや空しさを感じないようになり
感情が麻痺していってしまうんです。

 

 

いつも人が見せたい現実を見て

自分の目で見たものをごまかして

自分が感じたものを否定して押さえ込んで

人の思い通りにされる。

 

こんな酷いことはありません。

 

少しずつ

自分の目で見た現実を信じて

自分の感覚を信じて

自分を取り戻したいきましょうね。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

www.lilcafe-colony.com

 

 

www.lilcafe-colony.com