逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ASD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

自分は頭が悪いと思い込んでいませんか

頭の良い悪いは、外から判断できるものでしょうか。

 

頭の良い人は、必ず何かの能力に秀でているものでしょうか。

 

頭の良い人は、一貫して頭の回転が保たれているものでしょうか。

 

 


多くの人は

 

頭の良い人は
学歴が高く、いつも賢く論理的で冷静沈着で、何らかの能力が高い…

そんなイメージを持っているようです。

 


確かに
頭の良い人は、そのイメージ通りの人が多数なのかもしれません。

 

でも、そこから外れている頭の良い人もいるんです。

 

 


持って生まれた自分の頭の良さに気づかず

自分を馬鹿だと思い込むことに良いことは1つもありません。

 

 

自分を馬鹿だと思い込むせいで

自信を無くし、自尊心が下がり、頭の良さを存分に使えなくなってしまう。

私はそれが残念で仕方がありません。

 

 

 

実際の知能の高さよりも
ことさらに人から頭が悪いと思われてしまって

自分のことを頭が悪いと思ってしまうのは何故なのでしょうか。

 


具体的にどんなケースがあるか考えてみましょう。

 

 

 


<頭の良さは簡単に計れない>
で書いていますが

 

もし生まれつき頭が良いとしても
勉強以外の所に頭を使っている人は、学校の成績は良くありませんよね。

 

当然のことですが、日本ではこれが全く無視されているような気がします。

 

学校の成績で頭の良さを計る人が圧倒的に多いですから
成績が悪いだけで、日常的に頭が悪いという扱いを受けることになります。

 

 

そんな扱いが繰り返されれば

自分自身も自分は頭が悪いと思い込んでしまうようになりますよね。

 

 

 


もし頭の中で天才的なことを沢山考えていたとしても
それを上手く外に出せなければどうなるでしょうか。

 

 

口に出したり文章にしたりと表現する勇気が無ければ

頭の中のことを表に出さなければ、それは無いのと同じになってしまいますね。

 

表現するスキルが無いせいで
頭の中のことを表に出した時、支離滅裂な表現になれば本来の内容は伝わらず

頭が悪いと思われてしまいかねません。

 


自分の中にあるものを、そのまま出せずにいる人は
自分の頭の良さに自分でも気づかず、人にも気づかれないままです。

 

 

思考を深めていくことよりも
頭の中を整理して、表現を学んでいくことを優先させなければなりませんね。

 

 

 


頭が良くても
感情がとてつもなく大きい人は頻繁に思考停止してしまいます。

 

冷静な時は自分でも驚くぐらい冴えているのに
感情が湧き上がってくると頭が真っ白になる…

 

そんな人は多いのではないでしょうか。

 


冷静な時には頭が回るので
感情的になって思考が止まっている時の時の自分の思考にまで

自信を持ちすぎてはいないでしょうか。

 


感情的な時に考えても
浮かぶのは短絡的で論理が破綻しているものばかりです。

 

感情的な時に、冷静な時と同じように思考し決断してしまえば
普段ならしないはずの間違いや失敗が増えてしまうでしょう。

 

 

知能が高い人は

冷静な時と感情的な時の思考力は別人のレベルです。

 

それなのにそれを自覚しないまま

感情的になって支離滅裂になっている時も自信を持って話してしまえば

論理的な思考が出来る人ではない、頭が悪いと思われてしまうでしょう。

 


話す内容のクオリティを一貫させることができなければ

 

どんなに頭が良いとしても
外から見て頭が悪く見られてしまいますよね。

 

 

 


まだあります。

 
思慮しながら話す事
人と相互にコミュニケーションをとる事

多くの人の価値観を知る事などに頭を使わない人は

 

言い間違いが多く、語彙が少ないので話し方が拙い
独りよがりで思い込みの激しい話し方をして、人と会話がかみ合わない

一般的な価値観とのズレを自覚せずに話し、無知に見られる

 


このような人の中にも頭の良い人は大勢います。
直感的な部分を集中的に使っているような人に多く見受けられます。

 


芸術やスポーツなど
何らかの能力が開花していればいいのですが

 

運悪くそうでない場合

 

残念ながら、このような人は
外から見ると頭が悪い人に見られやすいですよね。

 

 

 


他にも

 

人から頭が悪く見られるだけでなく
自分で頭を悪くする方向に全力で頭を使ってしまう人がいます。

 


頭の良い人が

 

知識を増やさず
自分の得意なことにも頭を使わず
自分を良くしていくことにも頭を使わず

 

自分の目の前の快楽を追求する為だけに
頭を回し続けていたらどうなるでしょうか。

 

 

 

例えば

 

変化が怖いからその恐怖から逃れたい

だから動かないために、完璧な言い訳を考え、人をコントロールする

 

苦しい思いをしたくない、楽な思いだけしていたい
だから苦しい事から逃げる為に完璧な言い訳を考えたり

自分を楽にしてくれるように人をコントロールする

 

自分の間違いを認めるのは苦しいから認めたくない
だから完璧な正当化を考えたり
人を支配して自分を正しいと思わせるようにコントロールする

 


このように

目の前の快楽を追求するために頭を使い続けたらどうなるでしょうか。

 

明らかに

知的な部分はどんどん衰えていきますよね。

 


目の前の快楽を追求するため以外の他の部分に
ほとんど頭を使おうとしないので
実際よりも頭が悪いと思われるのも当然ですよね。

 

 

 


どうでしょうか。

 

当てはまる人はいるのではないでしょうか。

 


本当は頭が良いとしても
人から頭が悪いと思われてしまうこと

頭を悪くしていってしまうことがあるとわかってもらえたでしょうか。

 


ぜひ今日から
自分のことを頭が悪いと決めつけるのをやめてみてください。

 


自分の頭の良さを信じて

 

自分の頭の使い方を変えて
もっと自分の頭の良さを生かそうとしてみてくださいね。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com