逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ASD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

愛着障害のギフテッド、高機能型の人格障害専門のカウンセリング

先日、開業一周年の記事で書いたように

 

lilcafeも変えていきたいと思っています。

 


実際に毎日カウンセリングを続けて
見えてくるものが沢山ありました。

 

だから
申し訳ないけれど
今になって変更をさせてもらうことになりました。

 

 

 

苦渋の決断なんですが

 

これから
愛着障害のギフテッド

高機能型の境界性人格障害、または他の人格障害
このような方のカウンセリングを専門にさせてもらいたいと思います。

 


今はもう新規の人のカウンセリングは
月に1~2人しか受けられません。

 

本当に一人一人としっかり向き合ってやっています。

 

だから
私がより役に立てる方を優先的に
選ばせてもらうしかないんだと分かりました。

 


ADHDの人、愛着障害の人、境界性人格障害の人
沢山の人のカウンセリングをしたかった。

 

でも私1人では無理だと一年で気付きました。

 


それだけじゃなく

 

改めて言うことではないけれど
私よりも優れたカウンセラーは
本当に沢山います。

 

私は間違いだらけで失敗も多い。

 


恥ずかしながら
愛着障害のギフテッドの方

高機能型の人格障害の方以外のカウンセリングは
未熟だと感じています。

 


でも
愛着障害のギフテッドの方

高機能型の人格障害の方のカウンセリングは
一年やってきて自信がつきました。

 

私の想像以上に
みなさん早く回復に向かわれました。

 


私は熱意と誠実さだけは自信があって
一年やってきて
これが私が対象としている方には
一番大事なものだと感じています。

 


こうやって書くと
熱意と誠実さなんて誰でも持てると思われると思いますが

 

人間不信に陥っているせいで

時に攻撃的な言動をしてしまう人と諦めずに向き合う


臨床心理士としてではなく

同じ生きづらい人間として対等に話をする

 

私自身の弱さや間違いを誤魔化さずに認める

 

これはとても苦しく難しいことです。

 


今は
私の出来ることは
愛着障害のギフテッドの方と
高機能型の人格障害の方のカウンセリングだと思っています。

 


その他の方には本当に申し訳ないですが
カウンセリング以外の形で力になりたいと思っています。
今までどおり情報を発信していきたいと考えています。

 

 

 

ギフテッドと言っても

 

最初はみなさん
自覚はなくお申し込みをされます。

 

この概念自体
そんなに広まってはいないし
日本で診断されるものではないですからね。

 

ギフテッドかは分からないけど 

ブログを読んで共感できる点がある

生きづらい

そんな方はぜひ一度お申込みをしてみてください。

 

 

お申込みをしてくださる人には
驚くほど共通点がありました。

 


ギフテッドの共感性の高さやセンスの高さ
リーダーシップを必要とする仕事の人が多かった。

 

芸術関係
音楽関係
芸能関係
医師
経営者など

 

もちろん私のように
今はギフテッドの力を発揮できずにいて埋もれていて
これから発揮していく人も沢山います。

 



また

これは私の見解ですが

 

ギフテッドの人は愛着障害になりやすいのではないかと思っています。

 

それは以下の理由です。

 

親がアスペルガー障害や、ADHDといった発達障害を持っているケースが多く

そのせいで愛着障害になってしまう。

 

大人にとって「生意気」と感じるような言動があり

育てづらい特徴を持っているために

虐待のような体験を持ちやすい。

 

親よりも能力が高いゆえに、子どもが親の役割をしてしまい

結果として愛着障害になる。

 

 

そして

ギフテッドの人が愛着障害をもつと

人格障害あるいは

高機能型の境界性人格障害を発症しやすいのではないかと思っています。

 

 

 

ギフテッドなんて概念を持ち出すのは
優越感を持ちたいだけだとか言われることがあります。

 

ですが

 

lilcafeに集まった人たちは

普通の人達とは全然違う、共通点が沢山ありました。
私の体験談とあまりに似すぎた体験を持っている人達ばかりでした。

 

ギフテッドは優秀というより
突出した才能はあるけどダメなところはダメで
偏りが大きすぎて生きづらい人たちなんだと私は思っています。

 


このブログの
ギフテッドの記事、高機能型の境界性人格障害の記事に
大きく共感をした人

 

そんな人のカウンセリングをしていきたい

 

今はそう思っています。

 

 

 

あと一年経って分かったこと。

 

 

 

あくまで私の見解ですが

 


若ければ若いほど
結果が出るのが早い。

 

30代後半から少しずつ難しくなって時間がかかる。

 


何度も傷ついてきた
愛着障害をもつギフテッドの人は
歳を経るごとに

 

新たなトラウマがどんどん増えていく。

 

1人で抱えて1人で対処して
思いこみが強くなっていく。

 

人間不信もどんどん強力になる。

 

 

 

トラウマの量が多ければ処理には当然時間がかかるし

 

長年1人で抱えて思いこんできたものを
変えていくのは至難の業。

 

人間不信が強力だから
信頼関係を築くまで必死に向き合わないといけない。

 


だから
年齢がいけばいくほど
ご本人もつらいし
時間がかかるのではないかと思っています。

 

 

あと
対面カウンセリングとSkypeカウンセリングでは

人によって経過が違いました。

 

以前、同じだと書いたけど違いました。
本当にごめんなさい。

 

ここまでかからないと分かりませんでした。

 


言語で伝わるのは3割で
残りはは非言語の部分になります。

 

人間不信が強い人や

想像力が乏しく、目で見て確認しないと不安な人

直感よりも論理を優先させる人は

 

最初に信頼関係をしっかりと作るまでは
対面カウンセリングでないと難しいと感じました。

 

 

Skypeカウンセリングでも対面カウンセリングと同じ結果が出た人は
信頼できる人が1人でもいる人や

直感や想像力が豊かな芸術家タイプの方でした。

 

 

これまで男性の方は

Skypeカウンセリングだけでやらせてもらってしましたが

 

今は男性も


クライエントさんの紹介や
著名人の方
会社のHPなどで顔と名前と身分確認が出来る人は
メールで慎重にやりとりをしたあと
対面でやらせてもらってます。

 

男性の方には
ご不便をおかけします。

 

 

カウンセリングという心の距離が近くなる性質上
密室で二人きりという状況では慎重にならざるを得ないので
よろしくお願いしますね。

 


遠方の方はこれまで通りになってしまいますね。

 

一度でもお会いできるといいかなと思うんですが
北海道や九州のクライエントさんを思うと
難しいですね。

 

 

 

変更をして
本当にガッカリされた方もいますよね。
すみません。

 

でも自分の出来ること出来ないことを
はっきりと自覚して
自分の出来る範囲でこれからも頑張っていきたいと思っています。

 


これからもブログとlilcafeを
どうぞよろしくお願いします。