逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ASD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

ギフテッドの孤独

自分の能力を活かすことができなかった。

そんなギフテッドはとても孤独です。

 


人はみんな孤独だと言われますが
能力を活かすことができなかったギフテッドの孤独は

とてもとても言葉にはならない孤独だと思います。

 

 

ギフテッドでない人は

出会った人の中で

 

なんとなく好感が持てる人

なんとなく気が合う人

笑いのツボが合う人と

趣味が合う人

センスが合う人

価値観が合う人…

 

こんな共通点をきっかけとして仲良くなっていきます。

 

 

一方でギフテッドは、同じギフテッドに出会うことも稀です。

 

ギフテッドは2〜3%の割合で存在すると言われています。

 

やっと出会ったギフテッドに

先ほど挙げたような共通点が必ず見出せるでしょうか。

 

 

カウンセリングをしてきて気づくのは

ギフテッドはギフテッドの特徴を有しているだけで

一般の人と同じようにそれぞれの性格も個性も違うということです。

 

 

ギフテッドというだけで

なんとなく似ているように思われる人が多いのですが

本当にみなさんキャラクターがバラバラです。

 

逆にギフテッドだからこそ

経験を深く経験し、刻み込んでくるので

より個性や性格が極端になり

似ている人は本当に少なくなってしまいますね。

 

これがギフテッド全員が感じる孤独の正体だと思います。

 

 

普通の人は

何十人も出会って

そこから共通点をきっかけとして人と仲良くなっていきますよね。

 

ギフテッドの人が

同じギフテッドと何十人も出会うことは簡単ではありません。

能力の高い人が集まる場所でなければ難しいですよね。

 

偏差値が高い大学

音楽大学美術大学

医師や弁護士、研究者、芸能界などでしょうか。

 

そこにたどり着けた人は

沢山のギフテッドに会えるはずです。

 

先ほど言ったような理由で

共通点を見出すのは簡単ではないと思いますが

ギフテッドと出会えるだけで少しは楽なのではないでしょうか。

 

しかし

比較的、能力を活かすことができたギフテッドの中にも

愛着障害発達障害をもってその場所にたどり着いたギフテッドの人がいます。

 

彼らもまた、能力をすべて発揮出来ていません。

その場所に比較的楽にたどり着いたギフテッドと出会うと

それを肌で感じることになります。

 

同じ高い能力を持つギフテッドと出会っても

違うと感じることになってしまいますね。

孤独を感じることになりますね。

 

 

能力を活かすことのできなかったギフテッドの孤独の正体は

これだけではありません。

 

 

ほとんど能力を活かすことができなかったギフテッドは

ギフテッドと出会える場所に行けないんです。

 

偏差値の低い大学や

誰でも働けるアルバイト先

能力が高くない人が集まる職場…

 

芸術に興味の無い人が集まるコミュニティ

論理が通じない人が集まるコミュニティ

志が低い人が集まるコミュニティ

道徳心が低い人が集まるコミュニティ…

 

全く共通点を見出せない

全く好感を持てない

全くコミュニケーションがスムーズにいかない…

 

これでは孤独を感じ続けることになりますね。

 

 

こうして孤独を感じ続けたギフテッドは

次第に心を閉ざしていきます。

 

そうなると

人が好きでユーモアが好きで

感性が鋭く感情豊かで

頭の回転が早く柔軟で

エネルギッシュで人を導く…そんな特徴は無くなり

 

ギフテッドはギフテッドらしくなくなり

同じギフテッドと出会ってもコミュニケーションが出来なくなります。

 

 

 

普通の人ともコミュニケーションが難しい

ギフテッドの人ともコミュニケーションが難しい

 

 

ほとんど能力を活かせずに

ギフテッドらしさも無くしてしまったギフテッドは 本当に孤独になるんです。

 

 

強い孤独を感じているギフテッドの場合

 

まずは心を回復させて

ギフテッドらしさを取り戻さなければいけません。

 

ギフテッドと出会っても

自分がギフテッドらしくなければ、コミュニケーションが出来なければ

孤独は埋まりません。

 

そして

ギフテッドらしさを取り戻して

能力を高めて、ギフテッドと出会える場所を目指していかなければ

孤独は埋まりません。

 

 


でも最終的には

ギフテッドが孤独でなくなる方法は

 

似たような人を追い求めるのではなく

違うものを受け入れる力を手に入れること

 

孤独を楽しめるようになることだと感じています。

 

 

 

私は一時

沢山のギフテッドの人と出会って、孤独が強まりました。

 

それは自分と同じであることを求めていたし

同じギフテッドに自分を理解してもらうことを求めていたからだと思います。

 

 

今、ギフテッドでもそうじゃなくても

違うことを受け入れられるようになって

ほんの少しの共通点を喜べるようになって

 

孤独の味わい方、生かし方が上手になって

 

孤独は薄まってきました。

 

 

 

ギフテッドの孤独を和らげるヒントは

 

よりギフテッドらしく生きること

能力を活かして同じく能力の高い人と出会うこと

違う人を受け入れる能力を手に入れること

孤独を楽しんで生きていくこと 

 

私はここにあると思っています。

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com