逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ASD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

自分に甘く他人に厳しい理由

自分に甘く他人に厳しい人

 

なんだか最近、よく見かけるような気がします。

 

自分自身のことを、そうやって悩んでいる方のお話もよく聞きます。

 


自分に甘く他人に厳しい人は

 

「自分勝手で嫌な奴」

 

そんなイメージがありますよね。

 

 

でも、実はそうじゃないんです。

 

 

 

自分を棚上げして、厳しくされる側はたまったもんじゃありません。

嫌な奴だと思うのも当然ですよね。

 

もし自分がそうしてしまう側だったら

ただ自分を嫌な奴と断罪せずに理由を考えてなおしていきませんか。

 

 

 

まず

自分に甘く他人に厳しい人には

 

「自分のことを見ていない」という特徴があります。

 

 

自分の趣味はこれで、特技はこれ、仕事でこんな役職…

 

そんな大雑把な見方は出来ているかもしれません。

 

 

 

でもどうでしょうか。

 

あなたが人を観察しているほど、同じくらい自分に注意を向けているでしょうか。

 

 

 

人に対しては一挙手一投足に注目して

問題点や至らない点を見つけて批判する。

 

一言一句聞き漏らさず、矛盾点を洗い出す。

 

 

 

でも一方で

自分の丸一日の言動は覚えていない。

 

自分がどんなことを言ってどんな行動をとったか。

 

それが人にはどう映ってどんな反応をされたか

相手にどう伝わってどう受け止められたか考えない。

 

もし考えるとすれば

自分が気にかかる相手の反応を見るだけ

あるいは明らかに相手の反応がおかしい時だけ気にする。

 

 

こんなふうに

相手を厳しく監視しているのに

自分のことはそれほど見ていないのではないでしょうか。

 

 

 

そんなに一日中自分のことを見て考えてられるか

 

そう思われる人もいるでしょう。

 

 

そうですよね。

 

 

物事の細部を捉えるかどうかはその人それぞれの選択です。

 

細部を捉えず、大枠を捉えて大胆に進んでいくのも正解のひとつですよね。

 

 

 

でもちょっと待ってください。

 

じゃあ何故

人に対してだけ、細部を捉えるんでしょうか?

 

 

おかしいですよね。

 

 

人に対して、細部が気になって仕方ないなら

同じだけ、自分の細部を観察することを怠けちゃいけませんね。

 

 

人に対して細部を観察して何かを思うたび

同じだけ自分を観察して

 

「自分はやっていないか、自分はどうだろう」

必ず確認しなきゃいけませんね。

 

 

 

自分の細部の観察が面倒なら

人の観察もやめて

「まぁいいか、だいたいでいい」

許容していかないといけませんね。

 

 


そうして
自分に対する態度と他人に対する態度

バランスをとっていかないと公平になりません。

 

 

 


まだあります。

 

自分に甘く他人に厳しい人は

自分の持っている知識と自分の経験を分けられていません。

 

 

知識や情報は沢山持っている一方で
経験不足というアンバランスな状態になっているんです。

 

 

頭の中は知識や情報がいっぱいで
やれる気になり、やった気になってしまっているんですね。

 

 

そうすると自分に経験は無いのに
その道のプロというぐらい、人に上からものを言ってしまいます。

 

 

 

よくあるのが

テレビの野球中継を見ながら

野球経験もなく、普段運動もせず、何かに打ち込んでいるわけでもない人が

 

「なんであそこで打てないんだ!やる気あんのか」

「足を踏み込め」

「練習もしないで遊びまわってんじゃねぇぞ」

なんて批判をするシーン。

 

極端ですが同じようなことが起きてるんです。

 

 

野球の知識や、技術論や采配などをよく知っている。

 

でも

プロ野球選手になれるほど

何かに打ち込んで努力を続けたことはない。

 

プロ野球選手ほどの大舞台に立って

多くの人に見られ、多くの人の期待を背負ったことはない。

 

プロ野球選手ほど

現状の能力をキープするために、努力をし続けたことはない。

 

そもそもプロ野球選手ほど、体を動かしたことすらない。

 

 

 

その場に立つまでが大変で

その場で色んなものを背負いながらやり続けることが大変で

頭で考えていることを実際に形にするのが大変だということが

 

その経験をしていない人はわからないんですね。

 

ただ目に付いた部分をこうしろ、ああしろと言えるんですね。

 

 

  


近頃こんな人が急増した理由は

 

インターネットで
多種多様で詳細な知識や情報を手に入れられるようになって

 

やれる気になる、やった気になることが増えてしまったからでしょうね。

 

 

何にもないところから
自分の経験から学んでいくという当たり前のことが
出来なくなってしまったんですね。 

 

 


実際にやってみることって

思っているより何倍も勇気がいるし、大変ですよね。

 

実際にやることの難しさを分かっているからこそ
大きな事が言えなくなるし
実際にやっている人に対して敬意が出てくるんですね。

 

 

  


自分に甘く他人に厳しいあなた。

 

本当に自分が損をしてるんです。

 

 

人を見るのと同じだけ自分を見るようにして

公平な目を持てるようにしていきましょう。

 

 

もう知識や情報は十分ですから
そろそろあなたが語ってきたことを実際にやってみてください。

 


そうしたらきっと
他人を批判したい気持ちが不思議と減っていくはずです。

 

 

自分に甘く他人に厳しいと

 

「あいつ自分も出来ていないくせに」と
人に馬鹿にされたり嫌われたりするかもしれません。


自分自身も全く向上しません。

 

みなさんにとって損しかないことですから
ぜひ直していきたいですね。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

www.lilcafe-colony.com

 

 

www.lilcafe-colony.com