逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ASD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

ギフテッドの働き方

<ギフテッドの仕事上の困難>

ギフテッドが
仕事上でどれだけ困難があるかを書きました。

 


でも
そう簡単に職場を変えることはできませんよね。

 

しかもそれが
自分の知能に合った職場なんて、もっと難しいですね。

 

 

ギフテッドの方が
仕事の悩みを
今すぐ減らすためにできることはないでしょうか。

 

 


職場を変えられないなら
自分の認知と行動を変えていきましょう。

 

 


苦しさの原因の1つは
ギフテッドにとって「理不尽で理解できない環境」です。

 


理不尽で理解できない環境にも関わらず

 

それをギフテッド本人が理解しておらず
無能で変で性格が悪いからこんな結果になっていると

間違った理由づけをしてしまっているんです。

 

この間違った理由づけが
余計にギフテッドを苦しめ、仕事を困難にさせるんです。

 

 

 

まずは

 

今起きていることを、しっかりと理解しましょう。

 


<ギフテッドの仕事上の困難>

この内容を腑に落ちるまで読んでみてください。 


知能の差のある人との職場での関わりで

ギフテッドの人は大変な苦労がありましたね。

 

ストレスがありましたね。

 

いつも沢山の誤解を受けていましたね。

 

 

 

これだけの事情はあるんですが


それを誰かや職場に主張したところで
「ギフテッド」なんてわかってもらえるわけがありません。

 

 

 

 

だから大事なのは

誰かに分かって欲しいけれど、それは今は絶対に無理なのだということ。

 

まずは

誰か分かってもらうより先に

自分で自分のことをしっかりと確実に理解していくことなんです。

 

 

 

自分の正当性を
自分がこうしてしまうのは仕方がないんだと思えるまで

しっかりと根拠を持って自分に説明しましょう。

 

非常に難しいことですが
ギフテッドの人ならできるはずです。

 

 

 

悔しいですが

感情的に自分は間違っていない!と思って自分を貫くだけでは

何も状況は変わりません。

 


ここの場面では
これは正しかったしここは間違っていた。
自分の責任の範囲はこれぐらいだ。

 

ここの場面では

こう言われたけど、相手の言葉が間違ってるけど

相手が伝えたかったのはこうだった。

 

自分は間違っていないけど

しばらくはここでやっていかなければならないから

ここのルールを探してやっていこう。

 

 

客観性を保ちながら

自分が間違っていない点、間違っている点、改善できる点

間違っていないけど、止むを得ず従う点などをはっきりと確認していきましょう。

 

 

 

ギフテッドは間違っていないとしても

感情的に自分は間違っていない!で止まってしまうと

 

自己愛だけが肥大し
心の健康を崩すので注意が必要なんです。

 

 

 


仕事の環境を変えられそうな人は
自分にどんなことが向いているのか
考えてみましょう。

 

 


ギフテッドは
自分にとって簡単なことが苦手です。

 

簡単すぎると
すぐに飽きてしまい、集中力を無くしてしまいます。

 

仕事が苦痛になり、ミスが多くなります。

 

 

 

ギフテッドは
頭を使わない仕事が苦手です。

 

決められた仕事
毎日判を押されたような仕事
創意工夫の余地がない仕事

 

こんな仕事は得意ではありません。

 

 

他の人のように上手くできないため、無能に見られ
 

「簡単なこともできない人」
「頭を使わないこともできない人」

 

と人に評価され

無意味に自信をなくしていってしまいます。

 

 


ではどんな仕事がいいのでしょうか?

 


ギフテッドが
自分の能力を生かせる仕事は

 


普通の人が難しいと感じる

 

繊細さや完璧さを要求される仕事
新しいアイデアを要求される仕事
アドリブが要求される仕事

今存在しない新しい仕事…

 

こんな仕事になるのではないでしょうか。

 

 


ギフテッドは
世の中の流れを見ることもできます。

 

先を見通して
必要とされるであろう仕事を生み出すこと

 

これもできるはずです。

 

 


私はこれを実践していて

 

美容整形や歯列矯正

ブランドファッション

資格や学校…

 

高いお金をかけて自分を大きく変えていくのなら

 

感性を高めて幸せを感じられるようにして

頭をフル回転させられるようにして

能力を発揮できるようにして

カウンセリングによって自分の良さを掘り起こして自分を大きく変える。 

 

 

真面目にただ苦しいカウンセリングをするのではなく

カウンセラーとクライエントと立場をハッキリとさせるのではなく

ただギフテッド同士が対話を楽しむように話をしていく。

 

苦しいけれど必ず結果が出る、やり甲斐のある筋トレのように

苦しいけれど楽しいカウンセリングしていく。

 

  

こんな

ありそうで無かった仕事を作りました。

 

 

とても難しいことで

誰にでもできることではないと思います。

今も需要はたくさんあり

これからも増えていくでしょう。

 

 


今これだけ人に必要とされて仕事ができている私も

 

決められた仕事
慣習に従う
毎日同じ事の繰り返し

 

こういう仕事は
どんなに努力をしても全く出来ませんでした。

 

 


コピーをとる時に

いくつかのコピーのボタンを全く覚えられません。

 

「封筒にこの宛名を書いて出しておいて」
と言われても常識的なことが分かりませんでした。


こんな簡単なことが

うまくできませんでした。

 

 

受付で
一言一句決まったセリフを言うことが
うまくできませんでした。

(同じ意味のセリフを自分で考えて言うことならできる) 

 

 

型にはめられた教えられたカウンセリングを

順番通り決められた通りにやることがうまくできませんでした。

(その意味が見出せない。効果的ではないと感じるから)

 

 

 

 

 

ギフテッドの人は

 

普通の人ができないような、難しい仕事


それをしてこそ生かされる。

 

それをしなければ、生きながら殺されるようなもの。

 

自分の経験から本当にそう思うんです。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com