逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ASD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

自分を守る癖は人も自分も傷つける

「自分を守る」

 

言葉で聞くと

そんなことは当たり前のことで、何も悪くないと思いますよね。

 

 

でも
私自身が心を回復させて

カウンセリングでこころを回復させていったクライエントさんを見てきて

気づいたんです。

 

 
やみくもに自分を守ることは
人を傷つけ自分をも傷つけることだと。

 

 

 


心に何か問題を抱えているクライエントさんには


必ず猛烈に自分を守る癖があります。

 

 


過去に

人に何度も何度も傷つけられてきたから

先に防御しているだけなんですよね。

 

 

傷ついてきたからこそ

防御して身を守れたらその方がいいですよね。

 

 

私も沢山、いろんな方法で、自分を守ってきました。

 

 

 

でも、これには間違いがあるんです。

 

自分を守る癖が

さらに心の問題を大きくしていってしまうんですね。

 

 

 

例えば

 

もし刃物で斬りかかられたら

横にあった包丁を手にとり応戦する…

 

緊迫した状況です。

もし包丁で相手に傷つけたとしても正当防衛ですよね。

 

 

でも相手がただそこで談笑している時 

ふと過去の危機場面が頭をよぎって

横にあった包丁を相手に向けたら・・・?

 

 

相手はどれだけ驚いて心に傷を負うでしょうか。

自分の身を守っただけのつもりが完全に加害者になってしまいます。

 

 

 

大げさなようですが

心に傷を負った人はこんなことをしてしまっているんですね。

 

 

これまで心に傷を負わせた人の武器や攻撃

これから心に傷を負わされるかもしれない人の武器や攻撃は目に見えません

 

 

言葉や空気や表情や態度…

そういう見えないもので 

 

まるで体を刃物で切りつけられるかのように

心を傷つけられてショックで怖くてたまらないから

 

自分を守ってしまうんですよね。

 

 

 


でも先程言ったように

 

今対面している人は

過去に傷つけてきた人じゃありません。

 

その人と似た性質も持っていない人かもしれません。

 

その人と同じ考え方、同じ行動をとる人ではないかもしれません。

 

 


正当防衛ではなく

 

傷つけてこない、傷つけようとする意志もない

あなたを好意的に思っているかもしれない人に

 

刃物を振り回している…

 

 

それが
何も起きていないのに

自分を守ろうとする人の姿なんですね。

 

 


 

自分を守っただけなのに

人を傷つけることになってしまっていますよね。

 

 

 


自分を守るようになった人は

これまでにどれだけ心を酷く傷つけられて怖い思いをしてきたでしょう。

 

 

 

でも今は残念ですが

意図せず自分の方が人を傷つけてしまっているんですね。

 

 

 

 

そして

意図はしていないのに人を傷つけてしまっているせいで

人に嫌われたり疎まれたり軽蔑されたりしてしまう。

 

 

そんな人の態度に傷つき、また自分を嫌悪し傷ついていく。

 

自分を守っているはずが、全然守れていないんです。

 

 

 


まだあります。

 

過去に予期せぬことで怖い思いをした

だから何事も起きないようにずっと危険を回避している

 

 

 

危険を回避すれば

確かに安全を確保できそうですよね。

 

 


でもこれにも間違いがあるんです。

 

 


あなたが今、危険だと捉えている問題は

今より無力だった時、今より経験がない時に危険だと感じたものです。

 


今はその時とは違います。

 

 

もう乗り越える力を持っているかもしれません。

経験してわかったことや出来ることが沢山増えてるんです。

 

 


目の前の
「怖い」「出来ない」と感じる問題は

 

今のあなたには乗り越えられることかもしれません。


もう無力だった時の自分じゃありません。

 

 


自分の目で
今、目の前の恐怖がどれぐらいのものか確認もせずに

 

本当は豆粒のようなものに
とてつもない大きさを想像して不安におののいているだけかもしれませんよ。

 

 


危険を回避できているはずが


逆に不安を大きくして

進める道を進むことをせず、手に入れられるものを手に入れずにいたら

 

そんなに悲しいことはありませんよね。

 

 

 


傷つけてくる人から

危険から

 

本当に自分の身を守れるなら

 

人になんと言われようと
自分のやり方で自分を守り抜いてほしいと思います。

 

 

 

でも自分を守ろうとして
人を傷つけ、自分を傷つけることはもうしたくないですよね。

前に進めるのに、手に入れられるのに、うずくまっているだけの人生は嫌ですよね。

 

 

 

人は傷つけてくるかもしれない 、怖い

でもまだ傷つけてきていないなら

 

怖いけど身を守らずにそのままの自分でいようとしてみましょう。

 

 

危険があるかもしれない、またダメかもしれない、怖い

でも今の自分で失敗をしていないなら

 

怖くてもやってみるしかありません。

 

 

少しずつ

傷つけてこない人を守って自分を守っていきましょう。

 

少しずつ

今の自分は出来ると信じて前に進んで自分の人生を守っていきましょう。

 

 

 

 

 

関連記事 

 

 

www.lilcafe-colony.com

 

 

www.lilcafe-colony.com