逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ASD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

ギフテッドのプライドの高さは譲れない自分があるから

「プライドが高い」

 

ギフテッドの方が

自分の嫌なところとして挙げる特徴ではないでしょうか。

 

 

なんだか
良くないイメージがありますよね。

 

 

近頃
自己愛の高い人が増えて

 

ツンとして人と接したり

人を馬鹿にする態度をとったり
弱いものにだけ横柄な態度をとったり
冷たい態度をとったりと


一見プライドが高そうな
感じの悪い態度が目に付くからではないでしょうか。

 

 

 

でも

ギフテッドのプライドの高さは、これとは違うんです。

 

 

ギフテッドのプライドの高さは

 

人を馬鹿にすることも、弱いものに威張ることも、人に冷たいことも

ないはずです。

 

ただ譲れない自分の芯があって

それを守るために頑固に強くなってしまうだけじゃないでしょうか。

 

 

公平さを守りたい

弱いものを守りたい

自分が信じるものを信じたい

迎合したくない

 

こんな強い信念が

頑固でプライドが高い姿に見えてしまうんだと思います。

 

 

 

私も
小さい頃から
こんな頑固さやプライドの高さを表に出し

いつも人から疎まれました。

 

 

プライドが高くても周囲に認められ許されるのは


良家のお嬢様
お金持ち

美人で賢い

 

こんな子だと思います。

 

 

 

私は全く正反対だったのに
異常にプライドが高かったので

 

周囲からは

「勘違いの痛い人」と捉えられていたんだと思います。

 

 

思い出すと恥ずかしいですが


でも私はこのプライドがなければ

どん底から這い上がれなかったと確信を持って言えるんです。

 

 

このプライドのおかげで

馬鹿にされて自信が無くなっても自分を見捨てず

自分を信じて、諦めずに努力を続けられたと思うんです。

 

 

本当は

プライドはどんな人間だってもっていいんですよね。

 

むしろ
どん底の人間ほど
プライドが無ければ這い上がるのが難しいと私は思うんです。

 

 


私が
プライドの高さでつらい思いをした出来事。

 

 

20年前
私が大学生で
一日12時間みっちりと居酒屋でバイトをしていた頃

 

バイトリーダーがセクハラをする人でした。

 

今だったら大変なことですが
当たり前のように女子バイトのお尻を触るんです。


そしてその頃は

女子みんなが

その人に嫌われたくない、空気を乱したくないと

触られても「やだーやめてくださいよ」と笑っていました。

 

 

なぜか
私一人だけは触られなかったのですが


ある日
勢い余ってなのか、間違ったのか
私のお尻を触ったんです。

 

 

私はお客さんや他のバイトの人も沢山いるのにも関わらず
その場で、烈火のごとく怒り号泣しました。

 


バイトリーダーは
「これぐらいで」といい


店長は「あいつは悪気はないんだ」とかばい


他の女子バイトは
「私たちだって我慢している」と私を責め

 

私は明らかに

空気の読めない嫌な奴という扱いを受けました。

 

その後も

扱いづらい奴

バイト仲間のスキンシップによるあたたかい空気を壊す奴

みんな我慢しているのに我慢しないずるい奴

 

という扱いをうけ、針のむしろでした。

 

 

 

間違ったことに迎合できないというのが私のプライドでした。

 

このころ

真面目に一生懸命生きても

まだ我慢を強いられるのかと世の中に絶望したものです。

 

 

 

もうひとつ。



私はおどけたりユーモアを交えて話したりと
人を笑わせることが得意でした。

 

でも
どうしても無理だったのが
変顔をしたり変なリアクションをとることでした。

 

 

高校生、大学生ぐらいのノリは

どれだけ体を張って笑いをとるかという部分が大きく


そういう時に私はフリーズしてしまうんです。

 

フリをされて、みんながリアクションをする。

私に回ってくる。

 

それなのに

みんなやってるからやらなきゃと思っても

どうしても恥ずかしくて体が動かない。

 

話では

おどける事も自虐もできるのに

リアクションは恥ずかしくて出来ない。

 

 

だからいつも
ノリが悪い
つまんない奴
空気読めない奴…という扱いをされてきました。

 

自分はみんながやってる面白くことを出来ない

暗い奴だと思ってきました。

 

 


大人になり
笑いにリアクションを求められなくなって

 

明るい雰囲気や話術の方が重要になって

 

会う人会う人に

竹田さんって本当に面白いと言われるようになり

やっと
あぁ自分は暗い奴じゃなかったと気がついたんです。

 

 

話術では自虐でも笑わせていると感じるのに

リアクションは笑われる感覚がして、出来なかったんだと思います。

 

もちろん今は

リアクション芸人の人が笑わせているとわかりますが

リアクションをして笑われる感覚がどうしてもしてしまうんです。

 

 

私はやりたくないものはやりたくない

それは間違っているかもしれませんが

私の譲れないものでした。

 

 


世の中はこんなプライドの高い人が疎まれやすい。


だから
プライドを保っていることは大変で

みんな迎合してしまうんですね。

 


譲れない自分を持ってプライドを保っている
ギフテッドの人は

 

私はそれでいいんだと思うんです。

 

 

そのプライドを保つために

自分が傷つけられない為に

 

人当たりは良くして

謙虚で明るくいる必要はあるのかもしれません。

 

そうでないと
ただ自己愛が高い人と誤解されてしまい
つらい思いが増えますから。

 

 

プライドは高くたって良いんです。


その譲れない自分のプライドが

自分を強くして
自分を突き動かして

自分を高みに連れて行くんだと思います。

 

 

 

 

関連記事

 

 

www.lilcafe-colony.com

 

 

www.lilcafe-colony.com