逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ASD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

ギフテッド⑦-ギフテッドの私でよかった-

私がギフテッドであること。
今となっては良かったと思っています。

 

自叙伝で書いているように
私の人生は困難の連続でした。

 


<自叙伝③愛情を与えられずに育つ>
<自叙伝⑱劣悪な家庭環境>
<自叙伝⑲ネグレクトに近い養育>
<自叙伝⑳監視する養父>
<自叙伝㉓性的虐待を受けた私>
<自叙伝㊶中学生でホステスだった私>

 

 

この先にも

天涯孤独で何年もお金に困り住む所に困り

追い詰められる時期や

 

境界性人格障害を発症し

全く自分をコントロールできなくなり

自己嫌悪に苛まれいつも希死念慮を持っていた時期や

 

依存症で

心と体をボロボロにして

沢山の時間を無為に過ごし、自分を見放した時期もありました。

 

 


困難な経験は

ギフテッドの感受性の高さにより

全てのつらい感覚がよりつらく
そのトラウマも鮮明で何度も恐怖が蘇り

人生は怖いことばかりでした。

 

 

ギフテッドであっても
ひどい環境では生きるのに精一杯で


なんの能力をのばすこともできず
ただのダメな変わり者として扱われてきました。

 

 

ギフテッドと発達障害を併せ持ったせいで


高い能力はより高く
いつも怠惰である出来ないのはやらないから決めつけられ

自分も自分のことが分からず

傲慢と卑屈をいったりきたりして

自分に期待しては絶望する苦しい日々でした。

 

 

こんなに
多くのことが重なってしまった私の
ギフテッドによる生きづらさは相当なものです。

 

特殊な経験を重ねてきた私は

偏見や孤独による生きづらさは、これからもずっと続きます。

 

 

でもやっと
私がギフテッドだったからこそ

困難だらけの人生でよかった

特殊な経験をしてきて良かった…

 

そう思えるようになりました。

 

 

もし私がギフテッドでなかったら

多分生き残っていないと思うんです。

 

もし生き残っていたとしても

今のように無事では無かったと思います。

 

本当にひどい人生ではあったんですが

ギフテッドの能力を持っていた私は幸運でした。

 

 

 

ギフテッドは逆境で新しい力を増やしていけるんです。

 

 

私は人生を自分一人で何とかするしかなかったので

諦めるという選択肢がありませんでした。

 

だから困難から抜け出すまで

ただ出来ることを探して試し続けるしかなかったんです。

 

この経験のおかげで私は

どんな困難でもあきらめない強さを身につけました。

 

 

 

私はどこにいても異端でした。

居場所と感じた場所はありません。

 

だから信じる相手も、競う相手も、頼れる相手も

自分だけでした。

 

この経験のおかげで私は

いつも自分の感覚を信じながら、自分と戦いながら、自分を励ましながら

ぶれずに生きられるようになりました。

 

 

 

 

私はどんなに苦しい状況にあっても

人に話せるようなことはなく、泣き言も弱音も言えませんでした。

天涯孤独で人格障害で孤独だったので

人の機嫌をとって側にいてもらうことしかできませんでした。

 

だからいつも自分の状況をユーモアにして笑うしかありませんでした。

疲れ果てて諦めて楽観するしかありませんでした。

どんなに限界でも明るく元気でいなければなりませんでした。

 

この経験のおかげで私は

どんな時でもユーモアをもって笑顔でいられて

人を明るく元気にさせることができるようになりました。

 

他にもまだまだ

私が逆境で身につけた能力は沢山あると思います。

 

 

 

能力を身につけただけでなく

 

ギフテッドの私だから

その困難の経験や感情を鮮明に語ることができるんです。

 

同じような経験をしながらも

自分一人で耐えている人

言葉に出来なかった人の力になれるんだと思います。

 


どん底から自分の力で立ち上がることができたから
自分で見つけた術を体系的に語ることができるんだと思います。

 

 

きっと
こんな大変なことが重なった経験をもっても

ずっと普通になりたいと思い続け、諦めなかった人は
ほとんどいないのではないかと思うんです。

 



こんな困難な経験をしたギフテッドの私が
臨床心理士になったから
私にしかできないことがあると思うんです。

 

これまでの経験があるからこそ

多くの困難を持つギフテッドの気持ちに寄り添える。

 

 

日常では不便でしかなかった

ギフテッドの特性がカウンセリングでは役に立ちました。

 

 

ギフテッドは高い共感能力を持っています。

 

その上に私は沢山の困難な経験をしてきたからこそ
さらに深く広く共感ができる。

 


ギフテッドは記憶力が著しく分析能力があります。

 

カウンセリングの短い時間の限られた情報を
全て総合して足りない部分を推測して分析することができる。
自分の過去をすぐ忘れてしまう人のかわりに

聞いた話を覚えておいてあげられる。

 


ギフテッドは社会的地位や名誉ではなく
その個人の人間性そのものを見る傾向にあります。

 

だから私は

誤解されやすい人や偏見を持たれやすい人、著名な人、無名な人
すべての人の後光に惑わされず

フラットに話を聞くことができる。

 


ギフテッドは
世の中の真理を知ろうとするので広い知識を持ちます。

心の問題だけに囚われてがんじがらめになっている人に

様々な話をして視野を広げることができる。

 


ギフテッドの特性は
私をずっと苦しめてきました。

ギフトなんて思えませんでした。

 

でも今やっと

ギフトであると思えるようになってきました。

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com