逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ASD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

執着をやめたときに幸せがやってくる

執着をやめましょう

執着から解き放たれましょう

 

こんな

自己啓発や宗教の教えをよく目にします。

 

 

なんとなく良いことなんだろうってことは分かりますが
理由がちっとも分からないと思いませんか。

 

 

 

執着って何なんでしょうか。

 

 

私が執着をしている時

 

とにかく変化が怖い

何も失いたくない
失うと次がない

 

こんな気持ちでいっぱいでした。

 

 

こうやって書いてみるとわかるんですが

そのものを大切に思ってるわけではないんですね。

 

 

みなさんは

 

自分にとって大切だから執着しているんだ

 

そう思うでしょうか。

 

 

でもですね


執着することと大切にすることは両立しないんです。

 

 

大切にすることとは?


それを重んじること
心を配り丁寧に扱うこと

 

 

それを重んじるためには
自分の事を一旦置く必要があります。

 


執着は
それから自分が離れまいとすることです。

 

 

自分の事を一旦置くどころか
自分の気持ちが最優先になってしまっています。

 

離れないことに策を講じることに心を奪われ
心を配って丁寧に扱うなんてできません。

 

 

 

最初は大切だったはずが

執着になった瞬間大切に出来なくなるんですね。

 

 

誰だって
自分を大切にされたい。

執着したら

自分が失いたくない気持ちばかり出てきて

人を大切にすることができなくなってしまう。

 

どんな人だって執着されたら

なんとなく大切にされていないと感じてしまいます。

 

 

 

 

執着の対象が人じゃなくても同じです。

 

物の美しさや良さを実感しながら
持っていることを嬉しく思いたいですよね。



執着したら

ただ持ちつづけることにこだわって
その物の良さに気づけなくなります。

 

 


自分の置かれている環境はより良いものを選択していきたい。

どうしたら自分の環境を良くできるか考えていきたい。


執着したら
ただ漫然とそこに居続けること
変わらないことにこだわってより良い環境は得られない。

 

 


こんなふうに
執着をすると大切に出来なくなり

そのものの本当の良さが見えなくなり

 

どんどん幸せから遠のいていってしまう。

 

 


変化が怖い
慣れ親しんだものがいい


その気持ちは私もよく分かります。

 

 

でも
今持っている物を大切に出来ないのはつらいですね。

 

あなたは幸せから遠のいていっていいはずがないですね。

 


執着を止めることによって

そのものの良さが見え、大切にできるようになります。

 


執着に力を使う必要がなくなり自分に余裕ができます。

 


本当はいらなかったものを捨てることで
新しいより良い物が手に入ります。

 

執着を止めたら

どんどん幸せになっていくんです。