逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ASD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

ギフテッド⑥-先を考える力がある-

ギフテッドは
先の先まで見通して考えることが得意です。

 


私は

自分がつねに先を見通して考えていること

人と比較して、特別、先のことを考えるのが得意なことに気づきませんでした。

 

 

 

多くの人は人に相談をされると

 

自分の経験からだけ

聞いたことのある話からだけ

楽観しすぎるだけ、悲観しすぎるだけ…

 

そうやって返答してるように私には見えるんです。

 

 

 

私も自分の経験から話すこと

楽観だけで話すこともありますが

 

自分の経験であり相手には当てはまるかわからない

 

悲観することも起こる可能性がある、楽観させる責任は自分にある

でもその人には楽観して力を発揮してほしい

 

自分が与える影響やその後のその人の広い可能性を考えて

そうすることを選んでるんです。

 

 

 

私が新たに取り組むことを誰に相談すると

 

いつも

 

「マイナス思考すぎる」

「考えすぎだ」

「大丈夫だって」

と言われてきました。

 

 

私が

まず最初は、起こりうるリスクを事細かに全部考えて
それを不安だと話すからだと思います。

 


私にはリスクを考えないこと

起きたときの対策を講じておかないことも理解できませんでした。

 

何が起きても何とかするという覚悟や強さがある人は

それで良いと思いますし、尊敬します。

 

 

でも私に

マイナス思考だとか、考えすぎだとかいう人は
いざ本当に困ったことが起きると一番うろたえ

人のせいにしたりするので

 

本当に意味がわかりませんでした。

 

 

 

私が散々悩んで

色んな対策を考えて、自分の気持ちも整理して
いざ覚悟を決めて大きな挑戦をする時は

 

 今度は


「そんな甘いもんじゃない」
「お気楽すぎる」
「ちゃんと考えてる?」


と言われます。

 

 

散々悩んで

成功の確率も高いと踏んで

失敗しても受け入れると覚悟を決めて

自分を信じて勇気を出して「絶対に大丈夫」と言っている私が

 

簡単にそんなことを言って

何も考えていないように見えるようです。

 

 

私にこう言ってくる人の話をよく聞いてみると
ちゃんと考えているのではなく
リスクを回避することしか考えていないんです。

 

 

どれだけ長い時間色んな角度から考えて
悩んで苦しんで受け入れて
それで強い気持ちを持つに至ったか
きっと分かっていないんです。

 

 

こうやって

どちらにしても否定されてきました。

 

自分がギフテッドだと分かっていなくて
自分は馬鹿だと思って
自分がちゃんと考えているんだと自信を持てなかった時

 

やっぱり

人の言葉を全部受け止めて
自分を責めてきました。

 

 

自分はネガティブな暗い人間なんだ
自分は何も考えないお気楽な人間なんだ

そう自分を否定しかできませんでした。

 

本当は私以外の人が

考えが甘いだけだったんです。

 

 


あと

先の話をすると

いつも

「そんな先のことを考えてもしかたない」

「そんな先のことなんて考えられない」と言われてきました。

 


10年、20年後は
ギフテッドにとってはすぐ先のことです。

 

そこを全く考えないで
突き進んでいくことのほうが私には信じられません。

  

先を考えないで未来を明るくしたいなんて
ギャンブルだと感じるんです。

  

不思議です。

 

 

 

これに通じるのかもしれませんが

 

ギフテッドは死に対する興味が早いんです。

 

 

これは
希死念慮のことではありません。

 

全てのことに対して
年齢より理解が早いので

 

必ず最初にぶつかる身近な正体の見えないものである

「死」に漠然とした恐怖を抱くのではないでしょうか。

 

 

私は小学校に上がる前に

死を思って号泣することを頻繁にしていました。

 

全てが一瞬にして無になる

 

もうそこから再開することは永遠にできない。


その永遠が自分には想像もつかないくらいどこまでも続いていく…


こんなことばかり考えていました。

無になった後のあとの永遠が私は何よりも怖かったんです。

 

 

最初は馬鹿にしながら笑っていた里親も
あまりにしつこいので怒りだしました。

 

それからしばらく考えるのを
止めた経緯があります。

 

でも
それからも
つねに頭には死があるんです。

 

 

ギフテッドは
世の中の真理を知りたくて仕方がないんです。

 

世の中には分からないことが沢山あります。


だいたいは
今の時点でこのぐらい研究で明らかになっているという情報がある。

 

なのに
死ぬとどうなるかについては何も明らかになっていないんです。

 


それに
正しい・間違っているとか
お金とか
地位とか名誉とか
罪とか
幸せとか
時代や場所、人によって変わる物が多くて
絶対的な物なんて無いのに

 

人間は生きられるのはテロメアが尽きる120歳程度まで
人間は100パーセント死ぬ

死だけは絶対的な真理なんですよね。

 

 

だからギフテッドは死について考えやすいのではないでしょうか。

 

 

 

多くの人は
死についてなんて考えたくないと言います。

 
自分の死について考えることは
不安だし苦しいことです。

 

だから
みんな見ない振りするんですね。
まるでいつまでも今が続くかのように。

 

だからギフテッドのように

一生懸命生きらないんだと思うんです。

 

 

近い方を亡くす
ご病気で命の危険を感じたという辛い経験がある方は
死について考えたからこそ懸命に生きています。

  

 

私はつねに
あと何年しかない
あと何年でどれくらい役に立てるだろう
こんなふうに逆算しながら生きてきました。

 

 

私は30歳の時には
老後の本や終活の本を読んでいました。


もちろん変な目で見られました。

でも10年ってあっという間です。
それが5.6回と思うと
やっぱりあっという間だと思うんです。

 

 

ギフテッドが一生懸命生きることをやめられないのは

先のことを考えて

死がつねに頭にあるからなんでしょうね。 

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com