逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ASD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

ギフテッド②-人と上手く話せない-

私は小さい頃から


「何を言っているか分からない」

と言われてきました。

 

言いたいことが上手く伝えられないんです。

 

これが
今になってやっと理由が分かってきました。

 

 

ギフテッドの頭の中は
いつも沢山の情報で溢れていて


その中に埋もれている情報を掘り出していくのは
かなり難しいことです。

 

 

また質問されて答える時

 

細かく場合分けすると答えが何通りもある時

混乱してしまいます。

 

 

そうやって沢山の中から選択して言葉にするのが難しく

黙ったり、しどろもどろになっていたんです。

 

 

多くの人は
答えを一つしか持っていないようで
それだったら出すのは簡単ですね。

 

私はそんな時いつも
他に何パターンもあるのに
まだ説明が足りてないのにと思ってしまうんです。

 

 

そう
思い出しました。


私がよく人から頭が悪いと思われてしまったのは


人が言ったことを理解できない場面でした。

 

 

でもそれは


人が正解だと思い込んでいるものが間違っていたり

色々考えられる事を正解は1つのように言い切っていたり

論理が破綻していて筋が通ってなかったりして

 

いつも私は混乱していたんです。

 
私の理解が悪いんじゃ無かったんです。

 

 

 

私の口癖の1つ


「私は説明が下手なので分からないところを教えてください」

 

自分はとにかく説明が下手だ。
そう思っていました。

 

でも
その理由も今になって分かりました。


普通の人が
何が分かって何が分からないのかが
分からなかったんです。

 

 

みなさんが人に教えるとき


数学だったら四則演算が分かっている前提で

教えるのではないでしょうか。

 

 

それが分からないと言われたら

そこから?と少し驚いてしまいますよね。


そして

四則演算から丁寧に教えたら


足し算引き算は分かってるよ

失礼だな、まどろっこしいなと言われたら


教え方が分からなくなりませんか?

 

 

私はこんな感じで


自分と同じくらい分かっていると思うから説明不足になり

次に丁寧に説明すると冗長だと言われ

 

分からないところを教えてもらわないと
上手く説明できないんです。

 

 


ギフテッドは

こうやって頭の中に情報が沢山あって

沢山のことを論理立てて考えることができても


それを出すだけの力が無ければ

頭が悪いと思われてしまいやすいんだと思います。

 

 

 

私が今やっと
こうして思っていることや経験してきたことを

それなりに語ることが出来ているのは

 

本が読めるようになって
語彙を増やして文章の組立てかたを覚えて


知識や経験によって

人との会話の仕方を学んだからです。

 

 

ずっと前から
今と同じようなことを考えていたのに
変なことを言っている…と誰にも聞いてもらえませんでした。

 

 

こうやって
自分の頭のなかを表現できるようになって

やっと自分の中に
沢山のものがあったと分かったんです。

 

 

ギフテッドは
表現をする術を持たなければ
大変な苦労をすると思います。

 

 

人の頭の中は自分と同じではない

人の頭の中は自分とかけ離れている

 

それを理解しなければ
いつも混乱してしまうと思います。

 

  

 

また

 

小さい頃は
「なんで?」と聞いてばかりで
よく大人に怒られました。

 

小学生の時
教科書の内容より深いところが気になって
授業中に質問ばかりして邪魔者扱いされていました。

 

 

ギフテッドは


知的好奇心が旺盛で
世の中の真理を追究したくてたまらないんです。

 

 

私は

みんなが楽しんでいる遊びや噂話の面白さが分からず
目の前の狭いことに一喜一憂して
過ごしている理由が分かりませんでした。

 

 

女子高生のときは地獄でした。


小中学生の時は
スポーツや趣味などに主に没頭している子もいて
共感できることもあった


それが高校生になると
話題は恋愛・おしゃれ・狭い人間関係の話ばかり

 

 

私はそんなことよりも
物事を深く考えて何かを探求するほうが
本当にワクワクして楽しかったんです。


そんな時だけ

いつも急に真面目に熱く語り出してしまって
ひかれることが度々ありました。

 

 


未だに
そこが悩みでもあります。

 


友人との楽しいおしゃべりの時間に

 

ついつい広い世界や、先の話
物事を深く追求してしまい


友人には
「話が壮大すぎる」

「深すぎてわからない」
「そんな先の話分からない」と言われてしまいます。

 

 

私からすると
みんなが
流行のスイーツや芸能人の話を
しているのと同じ感覚なんです。

 


また
話のスピードが早くて頭が疲れるとよく言われてきました。

 

私がリラックスして楽しんで話すと
どんどんスピードが早くなっていって
深い話になってしまうようです。


普段は

少し緊張して
頑張ってスピードに気をつけ

浅い話をするようにしています。

 

 

今はありがたいことに

付き合いの長い友人は理解をしてくれていて


ストップ!深い!頭が限界だよ

 

こうやって

嫌がらずに怒らずに言ってくれます。

 

 

こんなふうに


意識をしないと
人と楽しく話すのは難しいんです。

 

ずっと人に合わせてきたので
頑張れば上手に浅い話もできるんですが
これがなかなか疲れます。

 

 

私が寝不足だったり
高熱を出して
頭が全く回っていないと感じるとき

 

いつも
「今日は話が分かりやすい」
なんて言われます。

 

とても複雑な気持ちです。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事 

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com